CSニュース

 卒業生NOBU 12月数々のテレビに生出演!!

2017年12月1日更新

日本レコード大賞や日本有線大賞の「新人賞」受賞・ノミネートと大活躍の卒業生NOBU!
12月は多くのテレビに生出演します!ぜひ応援をお願いします!!

12/3(日) 18:30~ 第50回日本作詞大賞(テレビ東京)
12/4(月) 19:00~ 第50回日本有線大賞(TBS)
12/6(水) 19:00~ 2017FNS歌謡祭 第一夜(フジテレビ)
12/30(土) 17:30~ 第59回輝く!日本レコード大賞(TBS)

TOPへ

 卒業生NOBUが「日本レコード大賞 新人賞」を受賞!!

2017年11月16日更新

卒業生NOBUが年末恒例の「第59回 輝く!日本レコード大賞」新人賞を受賞しました(^^)//

12/30(土) 17:30から生放送です!

引き続きNOBUの応援、皆さんよろしくお願いします!

TOPへ

卒業生NOBUが「日本有線大賞 新人賞」にノミネート!

2017年11月9日更新

卒業生NOBUが「日本有線大賞 新人賞」にノミネートされました(^^)//

第50回目となる「日本有線大賞」の放映は↓
2017年12月4日(月)19:00~
TBS他JNN系列全国ネットにて

皆さん、引き続きNOBUの応援をよろしくお願いします!!

TOPへ

卒業生手嶌葵さんがMステに出演!

2017年11月8日更新

卒業生手嶌葵さんが11/10(金)のミュージックステーションに生出演します!

現在、WBS(ワールドビジネスサテライト)エンディング曲としても有名な「東京」をテレビ初歌唱です!!

是非、ご覧ください!

ミュージック ステーション(テレビ朝日)
11/10(金)よる8時から

TOPへ

【告知】10/29(日) 第17回CS祭開催!

2017年10月27日更新

生徒が企画から運営を行うCS祭!

何ヶ月も前から実行委員会を立ち上げ、毎週のように打合せを行ってきました!
一日ぶっ通しで行うLIVEや、生徒たち自主制作CDやミュージックビデオ販売など、音楽学校 ならではの内容となっています!

また、飲食販売や、生徒がデザインした文化祭Tシャツも販売します!!

ぜひ遊びに来てくださいね☆

10:30start 18:30close

TOPへ

2017メーカーオーディション中学生大会 開催!

2017年10月23日更新

10/22(日) avex、sony、MyStory による「2017メーカーオーディション中学生大会」がC&S音楽学院で開催されました!!
ヴォーカル、弾き語りなど形態は自由。特定のメーカー、プロダクション等と契約がない中学生であれば誰もが参加できるオーディション!
今年は15組の中学生たちがエントリー!
もはや中学生とはいえ、大変高いポテンシャルに関係者も驚くほど。これからの成長に期待して、大満足のうちに終了いたしました。

◇優秀賞
権藤千美さん
◇審査員特別賞
小畑奏女さん
木下桃華さん

エントリーされた皆さん、本当にお疲れ様でした!!

TOPへ

ガンダムビルドファイターズバトローグ』のエンディングテーマをFAKYが担当!

2017年10月19日更新

本校卒業生のMikako所属FAKYの新曲「Chase Me」が、『ガンダムビルドファイターズバトローグ』のエンディングテーマに!

「Chase Me」は80年代~90年代のオールドスクールを意識したトラックが印象的な、作品の雰囲気に沿った疾走感あふれるダンスナンバーとなっています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

◇FAKY
http://faky.jp/

◇ガンダムビルドファイターズ バトローグ
http://gundam-bf.net/battlogue/

TOPへ

Sony、My Storyによる声優オーディション開催!

2017年10月13日更新

本校で開催されるレコード会社やプロダクション主催の学内オーディション。
卒業生の手嶌葵やNOBU、Mikako(avexガールズグループFAKY)も各種オーディションがきっかけとなりデビューしていきました。

10/12はSony、My Story(九州に拠点を持ち、モデル・タレント・アーティスト・俳優をメインとした芸能マネージメント及びコンテンツ事業を幅広く展開するエージェンシー)による「声優オーディション」がC&S音楽学院で開催されました!!

TOPへ

卒業生Mikako所属FAKY(avex)「SUGA SWEET」MV公開!

2017年9月28日更新

卒業生Mikako所属FAKY(avex)が、この夏に発表した新曲「SUGA SWEET」のMusic Videoを公開!!

ドラムンベースを基調とした夏にピッタリな突き抜ける爽快感が印象的なダンスチューン!!

Spotifyをはじめ各種配信サイトで好評配信中!
是非チェックしてみてください♪

https://www.youtube.com/watch?v=5wDeX93DpFs&feature=youtu.be

TOPへ

10/14手嶌葵スペシャルライヴ 福岡市科学館ドームシアター

2017年9月26日更新

10月14日(土)手嶌葵スペシャルライヴ 10月1日にいよいよオープンとなる福岡市科学館ドームシアター(プラネタリウム)で、音楽の生演奏やゲスト解説といったステージと、ドームシアターの最新設備が融合したコラボレーションイベント「STARRY NIGHT JAM」が初開催!!

その初回を飾るのは本校卒業生の手嶌葵さんです!!

手嶌葵さんがナレーションを務めたプラネタリウム番組「宇宙の旅人」の上映と、星空の映像をバックにライヴとトークショーが行われます。

https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/dome_theater/2017/07/snj001.html

TOPへ

NOBU うたコン生出演!!

2017年9月26日更新

卒業生のNOBUが本年2回目となる「うたコン」(大阪 NHKホール)に本日(9/26)生出演!!

TOPへ

第9回 飲酒運転根絶フォーラム

2017年8月21日更新

8月20日(日)に第9回 飲酒運転根絶フォーラムが福岡市役所で開催され、本校高校コース3年・伊藤百花さんが、はぁとスペース「STOP!!飲酒運転」イメージソング「笑顔の道」(伊藤百花さん作詞作曲)を、オープニングアクトとして披露させていただきました!!

NPO法人 はぁとスペース 山本美也子様をはじめ、関係者の皆様、本当にありがとうございました!!

TOPへ

NPO法人 はぁとスペース 山本美也子様 講演会

2017年8月16日更新

本日「STOP!!飲酒運転」NPO法人 はぁとスペースの代表理事 山本美也子様に来ていただき、CSで講演を行って頂きました!
イメージソングのご依頼を以前よりいただき、本校高校コース3年の伊藤百花さん作詞・作曲「笑顔の道」を初披露!!

8/20には第9回 飲酒運転根絶フォーラム(福岡市役所15F講堂 13:00~16:00 参加無料)のオープニングアクトで伊藤百花さんが出演させてもらいます!

NPO法人 はぁとスペース 公式HP
http://heart-space.net/

TOPへ

平成30年度新入生 「自己推薦入試」8/1エントリー開始!

2017年8月1日更新

「夢や目標に向かって頑張りたい」という方を応援し、熱意・やる気を重視した入試制度「自己推薦入試」(定員:15名)のエントリーが8/1より開始されました!!

TOPへ

オープンステージ開催!

2017年7月31日更新

7/30本校でレッスンを受講し、ステージで披露するまでを1日で体験する「オープンステージ」が開催されました!!

多くの中学生たちが参加、希望のコースに分かれてレッスンがスタート!
レッスンを終える頃にはみんな仲良くなり、昼休みは楽しくお弁当を食べました。

昼からはアンサンブル、そしてステージへ!初めての方がほとんどで、みんな緊張していましたが、初めてと思えない程の歌や演奏を披露していました!

ご参加いただいた皆様、一日お疲れ様でした!ありがとうございました!!

TOPへ

卒業生NOBU「うたコン」生出演!!

2017年7月18日更新

本日(7/18火)19:30から生放送のNHK総合「うたコン」に本校卒業生のNOBUが出演します!!
是非、ご覧ください!!

「うたコン」番組HP
http://www4.nhk.or.jp/utacon/

TOPへ

☆Summerオープンキャンパス開催☆

2017年7月14日更新

☆Summerオープンキャンパス開催☆

無料体験レッスンや現役プロ講師や在校生たちの熱いLIVEがあります!
音楽・ダンス・声優好きのあなた!!
ぜひ、一度CSを体感してみてくださいね!!

オーキャンお申込みはこちらから↓
https://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=o

TOPへ

卒業生NOBU「音楽の日」生出演!!

2017年7月14日更新

明日(7/15)生放送の音楽番組「音楽の日」(2011年より毎年夏生放送、音楽番組 TBS系)に、先日7/12に再起デビューを果たした卒業生NOBUが生出演します!!

出演する時間帯は2部(よる11:45~あさ5:00)
ぜひ、ご覧ください!!

http://www.tbs.co.jp/ongakunohi/

TOPへ

本校卒業生NOBU、本日再起メジャーリリース!!

2017年7月12日更新

本校卒業生NOBU
遂に本日(7/12)再起メジャーリリース!!
「いま、太陽に向かって咲く花」
皆様からの応援、これからもよろしくお願いします!!

TOPへ

卒業生NOBU スポーツニッポン新聞掲載!!

2017年7月10日更新

いよいよ7/12、再起メジャーリリースする本校卒業生のNOBU!!
有線チャートランキングでも3部門で1位を獲得し、現在話題沸騰中!
本日(7/10)付で、スポーツニッポン新聞にも掲載されました!

皆さん、引き続き応援よろしくお願いします!!

TOPへ

NOBU 有線週間チャートランキング1位!!

2017年7月7日更新

卒業生NOBUがついに有線週間チャートランキング1位になりました!!

7月12日(水)はいよいよ「いま、太陽に向かって咲く花」がリリース!
ぜひ、引き続き応援よろしくお願いします!

TOPへ

avex主催 a-nation にFAKY出演決定!

2017年7月7日更新

本年で16年目を迎える、avex主催の野外ライブイベント「a-nation」

本校卒業生のMikakoが所属するFAKY(avex)が今年も2017 8/26(土)に出演決定!!
引き続き応援よろしくお願いします!

TOPへ

卒業生NOBU有線週間チャートランキング4位!!

2017年6月27日更新

卒業生NOBUが、有線週間チャートランキングで前回(6/3~9)6位から今回(6/10~16)なんと4位に!!!
7/12リリース曲「いま太陽に向かって咲く花」のジャケ写も公開!
引き続きNOBUの応援をよろしくお願いします!

TOPへ

FAKY「Candy」MVが100万回再生達成!!

2017年6月22日更新

卒業生Mikakoが所属するFAKYの「Candy」MVが100万回再生達成!!

6/14リリース「Unwrapped」も、ぜひチェックしてみてくださいね!
 
https://www.youtube.com/watch?v=hU-1xDBPX1M&index=13&list=RDEMZEYcXg-4EHYacDeUwvx6YQ …

TOPへ

卒業生NOBU有線週間チャートランキング6位!

2017年6月22日更新

7/12再起デビューを果たす卒業生NOBU(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)のリリース曲「いま太陽に向かって咲く花」がなんと有線週間チャートランキング6位に?

引き続き応援よろしくお願いします?

TOPへ

卒業生Mikako所属FAKYが6/16TV出演!

2017年6月16日更新

卒業生Mikako所属のFAKYが本日(6/16)日本テレビ系「バズリズム」に出演します!
現在FAKY「Someday We'll Know」が番組エンディングテーマにもなり、6/14デビュー後初のテレビ歌唱です!

福岡では福岡放送(FBS)24:30~
ぜひ、観てくださいね!!

http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/

TOPへ

卒業生NOBU インストアLIVE情報 in福岡

2017年6月15日更新

卒業生NOBU(ユニバーサルミュージックジャパン)のインストアLIVEがあります!もちろんフリーLIVE!ぜひ、NOBUに会いに来てくださいね!

6/18(日)
14:00 福岡キャナルシティー博多 B1F サンプラザステージ
16:30 タワーレコード福岡パルコ店 6F

TOPへ

本日!卒業生Mikakoが所属するFAKYメジャー第1弾CDリリース!

2017年6月14日更新

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avexグループ)が待望のメジャー第1弾となるCD「Unwrapped」を本日リリース!
これまで1度もCDリリースを行ってこなかったFAKYが満を持してリリースする、記念すべきメジャー第1弾作品です!
ぜひ応援よろしくお願いします!!
FAKY
http://faky.jp/sp/news/detail.php?id=1050172

TOPへ

卒業生Mikako所属FAKY(avex)「Surrender」が日米チャートTop10入り!

2017年6月6日更新

FAKYの「Surrender」が、世界最大の音楽ストリーミングサービスであるSpotifyで全米 Viral Top 50において第7位にチャートイン!
また、Billboard公式チャート内でもその「Surrender」が第7位にランクイン。引き続きアメリカを中心に話題となっています。

チャート内にケンドリック・ラマーやレディー・ガガ等その名を知らない人がいないワールドスターと肩を並べ、Billboardチャートにまだ正式CDデビュー前の日本のFAKYがチャートインするのは、極めて異例の事となりました!

6/14リリースのデビュー曲「Unwrapped」のトレーラー映像も公開!チェック!

https://www.youtube.com/watch?v=hU-1xDBPX1M&index=6&list=PLwkcGftRnaljVViiBD-me2TKs4_FHpada

TOPへ

平成29年度 新入生保護者会開催!

2017年6月5日更新

子どもたちの健やかな成長、そしてより良い環境作りを目指し、情報交換をさせていただきました。
中には、中学時代に不登校を経験した子どもが、毎日楽しそうに学校へ行く姿を涙ながらに話してくれる保護者や、子育てに悩むのは自分だけでなく、どのご家庭も一緒なのだと、想いを共有でき安心して頂いた保護者など、とても有意義な2時間半となりました。
また、同会では子どもたちを取り巻く環境の中で、現在問題視されている「スマホ(SNS)との付き合い方」などを協議し、保護者と学校とで、今後気を付けなくてはいけない点などを共有・確認させていただきました。

お忙しいところ、また九州各地、山口県からもご参加いただきました。ご参加いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

<終了後アンケート>(一部)
◆子どもを育てるにあたり、色々悩むことがありますが、みんな悩みながらも色々な方法で子どもと向き合っている事を聞けて、自分だけじゃないんだなぁと安心しました。
◆日に日にイキイキとしていく娘の姿に、私も勇気と希望をもらっていて、私自身も色々な事にチャレンジしたり、楽しんでみたりする事が出来ています。
◆先生方が子ども達ひとりひとりの内面まで把握されていることに驚いたと同時に、安心して子どもをお任せできるなと感じました。
◆他のクラスの子の様子やご家庭のこと、先生方やいろんな方の話を聞けて、こういう場の大切さを感じています。

TOPへ

本校卒業生NOBUがユニバーサルミュージックジャパンより、2017年7月12日に再起メジャーデビュー決定!

2017年5月26日更新

2012年リリース「太陽に向かって咲く花」を佐藤竹善さんプロデュースのもと新しい魅力携えて「いま、太陽に向かって咲く花」として生まれ変わり、6月1日より先行配信される事になりました!
ぜひチェックしてみてくださいね!

UNIVERSAL MUSIC JAPAN
http://store.universal-music.co.jp/product/upch5916/

TOPへ

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex group)が待望のメジャー第1弾CD「Unwrapped」が6/14リリース決定!

2017年5月24日更新

FAKY待望のメジャー第1弾となるCD「Unwrapped」が6/14リリース決定!
昨年VMAJ 2016最優秀新人ビデオ賞にもノミネートされた「Candy」、2月にMVが公開されたばかりの新曲「Surrender」、そしてエアアジアCMソングにもなっている「Someday We'll Know」を含む全6曲(新録4曲)を収録!!
これまで1度もCDリリースを行ってこなかったFAKYが満を持してリリースする、記念すべきメジャー第1弾作品です!
ぜひチェックしてください!!
FAKY
http://faky.jp/sp/news/detail.php?id=1047725

TOPへ

手嶌葵さん「100万本のばらのまち福山応援大使」に就任!

2017年5月24日更新

本校卒業生の手嶌葵さんが「100万本のばらのまち福山応援大使」に就任されました!

「The Rose」がデビューのきっかけで、そして、前任の応援大使が加藤登紀子さんであったというご縁で、福山市から依頼を受け、就任されたようです!

TOPへ

卒業生手嶌葵さん新曲「東京」がニュース番組『WBS(ワールドビジネスサテライト)』の新エンディングテーマに!

2017年5月10日更新

4月3日から本校卒業生の手嶌葵さんの新曲「東京」が、テレビ東京系の経済ニュース番組『WBS(ワールドビジネスサテライト)』の新エンディングテーマになりました。

手嶌葵さんは同曲について「『東京』は、私が東京でお仕事をしていて感じた事を作詞家さんにお伝えして形にしていった作品です。毎日を懸命に過ごし、色々な事を感じながら働いている大人の方に、少しでもゆったりと、そして明日も頑張れる!と感じて頂ける様な歌になっていると良いなと思いながら歌っております」とコメント。

また番組のメインキャスターを務める大江麻理子アナウンサーは「手嶌葵さんの『東京』を初めて聴いたとき、余韻にひたってしばらく動けなくなりました。そして、街の明かりひとつひとつに誰かの生活があるのだということに改めて気が付いて、きらめく夜景がいとおしくなりました」と賛辞を贈っています。

TOPへ

新入生歓迎会

2017年5月9日更新

平成29年5月2日に、新入生歓迎会が海の中道海浜公園で行われました!
気になっていた天気は快晴!

新入生たちに喜んでもらいたいと、入学前から有志による実行委員会が結成され、企画をしてきました。
広大な公園の一面を使って、懐かしのムカデジャンケン、大縄跳びなど、みんなで楽しめました!中でも「だるまさんがころんだアレンジバージョン」がすごく面白い内容で、笑いがとまりませんでした。

実行委員会の皆さん、新入生たちの為に本当にお疲れさまでした!!

TOPへ

平成29年度 入学式

2017年4月12日更新

平成29年度入学式が4月12日に本校にて行われました!
天候にも恵まれ、晴天のもとC&S音楽学院へ、福岡を中心に九州各地から新入生たちが入学。
新入生ひとり一人へお祝いの言葉が送られ、在校生による祝辞では平田あすかさん(大野城市立平野中学校卒)、そして音楽学校ならではの歓迎のLIVEを松原亜衣さん(福岡市立花畑中学校)が披露し、CSらしい和やかな雰囲気の入学式となりました!

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
在校生たちと一緒に皆さんの入学を心待ちにしていました!これから一緒に充実し楽しいCSライフを過ごしていきましょう!

TOPへ

平成28年度 卒業式

2017年3月6日更新

平成28年度卒業式が3月5日(日)本校にて行われました。

「卒業証書授与式」では学院長式辞に続き、来賓としてクラーク記念国際高等学校、中国・九州地区統括次長手嶋様にお祝いの言葉を頂戴しました。
担任や講師たちからの祝辞の後、在校生の塚本唯衣さん(ヴォーカル&ダンスクラス2年)から送辞。最後に卒業生を代表して、井山友里さん(ヴォーカル&ソングライティングクラス3年)の答辞で授与式は無事終了。

二部となる「出発式」では、卒業生一人ひとりがステージに立ち、これまでの感謝と、これからの抱負を述べ、これまでは親や先生、友達にうまく想いを伝えられずにいた生徒も、この日は素直な気持ちを言葉にし、多くの参加者の涙を誘う感動の一場面となりました。

そして三部は恒例の「卒業ライブ」!卒業生たちは目一杯楽しみながら、これまでのCS生活を締めくくりました。卒業生の皆さん、保護者の皆さん、ご卒業誠におめでとうございました!皆さんのこれからのご活躍を心よりお祈り申し上げます。また、いつでも学校に遊びに来てくださいね!!

TOPへ

キティパブリッシングオーディション 二次審査

2017年2月27日更新

2月20日キティパブリッシングによる二次審査オーディションが本校で開催されました。
昨年12月に行われた、一次審査を見事通過した在校生7名が挑戦!
結果、以下の2名が二次審査「優秀者」に決定いたしました!

<二次審査 優秀者>
篠原凜太郎くん(高校コース3年、福岡市立板付中卒)
松原亜衣さん(高校コース2年、福岡市立花畑中卒)

TOPへ

本校卒業生 Mikakoが所属するFAKY(avex)の新曲がCMソングに決定!

2017年2月22日更新

本校卒業生 Mikakoが所属するFAKY(avex)の新曲「Someday We'll Know」がマレーシア航空会社AirAsiaのCMソングに決定しました!!

また、FAKYは本日22日に、こちらも新曲となる「Surrender」のMusic Videoを公開。

昨年様々な話題を振り撒いたガールズグループFAKYの2017年第一弾となる作品「Surrender」を是非チェックしてみてくださいね!

TOPへ

第16回 音楽祭開催!

2017年2月20日更新

第16回 音楽祭が2月18日(土)、19日(日)の二日間で、本校にて開催されました!
一年間のレッスン成果の発表の場として開催される音楽祭。両日ともに保護者をはじめ多くの方々にお越しいただきました。
この日を目指して在校生たちは、日頃から練習を重ね、一生懸命、ステージからこの一年間の成長を表現していました。3年生にとっては最後の学校行事でもあり、終了後は大成功した音楽祭を、みんな共に喜び合いました。

バックステージでこの音楽祭の大成功を陰でささえてくれた役員の生徒たち、本当にお疲れ様でした!お忙しいところ、またご遠方よりお越しいただいた保護者の皆様、ありがとうございました!
出演者のみんなも二日間お疲れ様でした!また来年の音楽祭に向けて、頑張っていきましょう!!

TOPへ

本校のガールズバンド「重。」が西日本新聞(2/18付)に掲載されました!

2017年2月20日更新

昨年ヤマハ主催日本最大規模音楽コンテスト「ミュージックレボリューション・九州FINAL」で「優秀賞」、SONY主催の「V3 新人オーディション21st」でも「審査員特別賞」を受賞した、本校のガールズバンド「重。」(Vo.中村綾美さん / Gt.天本凪波さん / Ba.内村多恵さん / Dr.大久保希良々さん)

ガールズバンド「重。」が、2月18日の西日本新聞に掲載をされました!
是非、ご覧ください!

TOPへ

卒業生・手嶌葵さん西日本新聞に掲載!

2017年2月12日更新

本校卒業生の手嶌葵さんが西日本新聞(2/12付)に掲載されました!

昨年はデビューより10周年を迎え、月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌「明日への手紙」や、映画「永い言い訳」の挿入歌、アルバム「青い図書室」をリリースをするなど大活躍の一年でした!!

今年1月にはNHKプレミアムドラマ「女の中にいる他人」の主題歌「赤い糸」を発売。
これからも応援をよろしくお願いします。

TOPへ

キティパブリッシングオーディション開催!

2017年1月10日更新

本校で開催される各レコードメーカーやプロダクションのオーディション。
昨年10月に開催された「新人発掘オーディション中学生大会」を開催したキティパブリッシングが、12月には本校在校生を対象にオーディションを開催!
一次審査を通過したのは、以下の7名!
二次審査は2月20日に本校にて行われます。

<一次審査通過者>
秋満芽生(高校コース2年、私立上智福岡中卒)
稲富翔(音楽専攻週5日コース、本校高校コース卒)
井山友里(高校コース3年、福岡市立内浜中卒)
黒木鈴奈(高校コース3年、春日市立春日東中卒)
篠原凜太郎(高校コース3年、福岡市立板付中卒)
松原亜衣(高校コース2年、福岡市立花畑中卒)
三谷菜々子(高校コース2年、久留米市立城南中卒)

TOPへ

福岡市PTA広報誌「ふよう」に学院長の講演を紹介して頂きました!

2016年12月21日更新

福岡市PTA広報誌の「ふよう」(平成28年12月15日付 第124号)に、本年10月21日に福岡市中央市民センターで開催された、小学校・中学校・特別支援学校PTA担当副会長研修会での、毛利学院長の講演の様子が掲載されております。

本講演では「子どもたちからのSOS!」~より良い親子関係を築くために~と題し、学院長の講演とともに、本校卒業生・在校生の親子2組が不登校を乗り越えていった体験を語り、その後、生徒ふたりによるミニライブを行いました。

今年も各地で数多くの講演を担当させていただき、PTAの皆さまには大変お世話になりました。ありがとうございました。これからも、子どもたちのため、そして子どもたちを取り巻く地域、家庭のために、本講演が、その架け橋となっていけたら幸いです。

講演会当日に寄せられたアンケートの一部を紹介します。

◇新しくて、楽しい研修会でした。とても感動して涙・涙の時間となり参加できて本当によかったです。
◇当事者の親子の話しが聞けるのはとてもめずらしく、とても良かったです。
◇トーク後のお二人の歌声も力強く、涙が出るほど心にしみるものでした。
◇好きなこと=表現するものとして深め、身に着けていくが子どもが元気に生きていくことにつながるのだと改めて思いました。

■毛利学院長 講演情報はこちらから
https://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=k

TOPへ

本校卒業生 手嶌葵さん『東京ドラマアウォード2016』で主題歌賞を受賞!

2016年11月15日更新

11月7日(月)に東京都内で開催された『東京ドラマアウォード2016』にて、本校卒業生の手嶌葵「明日への手紙」が主題歌賞を受賞しました!

今年で9回目を迎える東京ドラマアウォードは、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、海外でも通用する世界水準の優秀なドラマを選ぶもの。東京ドラマアウォードの主題歌賞は今回より新設された賞で、手嶌葵さんが初の受賞者となりました!
なお、作品賞では『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が優秀賞を受賞しています。

また約2年ぶりとなるオリジナルアルバム「青い図書室」が9月にリリースしています!是非チェックしてみてください!

TOPへ

第16回CS祭開催!

2016年11月11日更新

第16回目を迎えた「CS祭」が11月6日(日)に開催されました!
何ヶ月も前から実行委員会を結成し、生徒が企画、運営を行うCS祭!
今回実行委員長を務めたのは井山友里さん(高校コース3年、福岡市立内浜中学校卒)です。
まずは名物「一日ぶっ通しライブ」。レコードメーカーやライブハウス主催のコンテストで優勝・優秀賞を受賞しているバンドがオープニングを飾り、CS祭が勢いよくスタートしました!
1階から4階までの各部屋では、さまざま企画がなされ、楽器体験やアフレコ体験の部屋、もちろん飲食コーナー。そして今回は初の試みとして生徒たちのオリジナル曲を集めた自主制作CDを販売!見事完売、有難うございました!
大成功で終えたCS祭。一切終了後、実行委員長を中心に、一つの事をみんなで作り上げてきた喜びと、お互いの感謝の気持ちで一杯になりました。

次は一年のレッスン成果の発表の場である音楽祭に向けて頑張っていきましょう!
ご来校いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

TOPへ

第16回「CS祭」開催!

2016年11月2日更新

秋だ!祭りだ!CS祭だー!
来る11月6日(日)第16回「CS祭」が開催!!

音楽学校ならではの一日ぶっ通しのLIVE、自主制作CD販売、楽器体験、アフレコ体験など盛り沢山!もちろん飲食コーナーなどもあります。
是非、お気軽にお越し下さい!!

◆日時 11/6(日)10:30~18:30
◆場所 C&S音楽学院 住所:福岡市早良区荒江2丁目17-1
◆お問合せ 092-834-1200

TOPへ

第2回オープンステージ開催!!

2016年10月24日更新

午前中からレッスンを受講し、ステージで披露するまでを体験する「第2回オープンステージ」が10月23日(日)開催されました!!

今回も多くの中学生たちが参加、希望のコースに分かれてレッスンがスタート!レッスンを終える頃にはみんな仲良くなり、昼休みは楽しくお弁当を食べました。

昼からはアンサンブル、そしてステージへ!初めての方がほとんどで、みんな緊張していましたが、初めてと思えない程の歌や演奏を披露していました!何よりも音楽に対する想いや、ひたむきなその姿は、私たちスタッフや一緒に参加された保護者の方に感動を与えてくれました。なかなか経験できないことでもあり、参加者にとっては忘れられない思い出になったのではないでしょうか。

参加してくれた中学生の皆さん、本当にお疲れ様でした!

◆終了後のアンケート(一部)
「クセになる!楽しくて、緊張して最高でした!」
「みんなが歌っているときはドキドキしていて『次だ…!』と思ったけど、いざ立ってみると、緊張がほぐれて気持ちよく歌えました!」
「初めてで緊張したけどレッスンではできなかった表現や、自分がやってみたかった表現がしっかりでき、とても楽しく、ステージに立つ喜びを知れました!」
「みんなを見ていて『レッスンの成果が出せてる!』と、とても感動しました。それぞれがキラキラしていてステキでした」(保護者)
「少しの時間で、ポイントをおさえて、皆が上手になっていて、びっくりしました。楽しい雰囲気でよかったです。私もレッスンを受けたくなりました」(保護者)

TOPへ

キティパブリッシング新人発掘オーディション「中学生大会」開催!!

2016年10月11日更新

10月10日(祝)にキティパブリッシングによる新人発掘オーディション「中学生大会」がC&S音楽学院で開催されました!

ヴォーカル、弾き語り、バンドなど形態は自由。特定のレコードメーカー、プロダクション等と契約がない中学生であれば誰もが参加できるオーディション!
初の試みで、申込期間がちょっと短かったのですが、13組がエントリー!
多くの中学生たちが初めてのオーディション経験で、とても緊張していましたが、音楽に対する想いがすごく伝わってきました。
素晴らしい才能を予感させる方、ちらちらと顔を出す個性と、とても魅力的なオーディションに主催者も満足していました。

気になる結果は・・・
<グランプリ>
野口真央さん(福岡市立東住吉中学校3年)
<優秀賞>河野花心さん(福岡市立田隈中学校3年)

参加者の皆さん本当にお疲れ様でした!!

TOPへ

10/10第1回 新人発掘オーディション中学生大会開催!

2016年9月28日更新

キティパブリッシングによる(無料)第1回 新人発掘オーディション中学生大会が10月10日(祝)(14:00開始)にC&S音楽学院にて開催されることが決定!

優秀者はデビューに向けてバックアップ!!
中学生であればヴォーカル、弾き語り、バンドなど形態は自由です。
保護者、友人など一緒に参加もOK!
音楽好きの中学生の皆さん、是非参加してみてくださいね!!

ご応募はお電話(092-834-1200)でお願いします。
※特定のレコードメーカー、プロダクション等と契約がない方に限ります

TOPへ

自然教室開催!

2016年9月26日更新

9月16日、17日の一泊二日で毎年恒例の「自然教室」(参加は希望制)が、海の中道青少年海の家で開催されました。

生徒有志で数ヶ月前から実行委員を結成し、楽しみにして待ち遠しかった自然教室当日。ゲーム大会、野外調理、肝試し、日の出見学、スポーツ大会などなど、企画ごとにチーム対抗の競争もあり、皆真剣モード!

天気にも恵まれ、あっという間の二日間で、忘れる事が出来ない自然教室となりました。

<参加者の声(一部)>
「人生で一番楽しかったし、何も楽しくない時間がなかった」
「学校ではあまり話したことがない子と話せて仲良くなったし、クラスを越えて色々な人と交流ができた」
「歌詞が降りてきた」
「改めてみんなを好きになった」
「早起きして見た朝日、そして反対側にある月が幻想的でとても綺麗だった」
「海の家のスタッフが優しく、ご飯もすごく美味しかった」

TOPへ

学院長講演情報

2016年9月23日更新

9月21日(水)本校学院長が福岡県文化議員連盟主催の講演をさせていただきました。

テーマはいつもの「子どもたちからのSOS」。本校C&S音楽学院で出会った生徒たちのことを紹介、そして高校コースヴォーカル学科3年の篠原凛太郎くん(福岡市立板付中学校卒)がオリジナル曲を披露。

会場は福岡県議会棟2階、第2議会会議室という非常に硬い場所での講演でしたが、県会議員の方々も、最後までとても熱心に聴いて下さり、女性議員の中には涙をぬぐっておられる方もいました。
県会議員の皆さま、本当にありがとうございました!!

◆学院長講演情報はこちらから
http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=k

TOPへ

9月18日(日)本校にてオープンキャンパス開催!!

2016年9月21日更新

学校説明会に続き、在校生と現役プロ講師たちによる、熱いLIVEが披露され、最後に体験レッスンが行われました!!
近郊から遠方まで、多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました!
学校は、足を踏み入れた時に感じる空気が一番よくその学校のことを表していると言われますが、参加者のみなさん、CSの空気はいかがでしたでしょうか!?

次回のオープンキャンパスは10月2日(日)13:00開始!!
是非、C&S音楽学院を体感してみてくださいね!!

◆参加者アンケート(一部)
「すごく楽しかったです!」
「学校への興味が更に深まりました」
「親も明るく、楽しく過ごすことができました」

◆お申込みはこちらから
http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=o

TOPへ

DANCE BATTLE 2016 ペア部門で本校講師の主税先生が優勝!

2016年9月19日更新

九州最大のダンスコンテスト「DANCE BATTLE with HEAD HUNTER」。
九州各地そして山口、広島から予選通過してきたダンサーたちが一同に会し、9/17福岡で熱いダンスバトルが繰り広げられました。

ペア部門では決勝戦を17組でバトル!
見事、本校講師主税先生のチーム「MAN & WIFE」がグランプリを獲得!
これで主税先生は、今年のダンスコンテストで4度目のグランプリとなりました!!

主税先生おめでとうございました!!

TOPへ

オープンステージ開催!!

2016年9月14日更新

9月11日(日)、午前中から本校でレッスンを受講し、ステージで披露するまでを一日体験する「オープンステージ」が開催されました!!

期待と不安が入り混じった表情で受付をすませる参加者たち、希望のコース、ヴォーカル・ギター・ベース・ドラム・声優に分かれてレッスンがスタート!
パート別に分かれて練習した後はアンサンブル、そしていよいよステージへ、もちろん皆さん初めてのことで、緊張に顔をこわばらせていましたが、堂々と演奏や歌を披露してくれました。
真摯に音楽と向き合う、ひたむきなその姿は我々に多くの感動を与えてくれ、参加者にとっては忘れられない思い出として刻まれたことと思います。

ご参加いただいた皆さん、一日お疲れさまでした!

◇次回のオープンステージは10月23日(日)
<お申込み方法>
お電話(092-834-1200)もしくは、規定の申込用紙からFAX(092-834-1201)

◆終了後のアンケート(一部)
・「ステージに立つまで、ずーっと緊張していました。でもいざステージに立つと「立てたっ?」っていう嬉しさみたいなのがきて、楽しく歌えました。貴重な経験になりました」

・「とにかく楽しかった!自然と緊張も消えて、最後までちゃんと歌えたので良かった」

・「緊張しましたが、演じるのが楽しかったし、途中から気にならなくなって、終わった時の達成感や、練習よりも良かったと言われてすごく嬉しかったです」

・「たった一日でここまでできるのかと感動しました」(保護者)

・「ステージを見てステキだった。全員が輝いていた。一日のレッスンであれだけできると思わなかった」(保護者)

・「音楽の力に何かありそうでこれからが楽しみです」(保護者)

TOPへ

本校卒業生Mikako(avex: FAKY)が今秋公開映画「L‐エル‐」に出演!

2016年9月11日更新

人気ロックアーティスト「Acid Black Cherry」(アシッド・ブラック・チェリー)が昨年リリースしたアルバム「L–エル–」が映画化され、Mikako(avex:FAKY)の出演が決定しました!!
原作は、愛を探し求め続けた一人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を綴った物語とAcid Black Cherryの音楽が絡み合う、壮大なコンセプトアルバム「L–エル–」。
広瀬アリスさん、古川雄輝さんなどが出演し、下山天監督が最新の映像技術を用いて原作の壮大な世界を映像化。

是非お楽しみください!!

「L–エル–」公式HP
http://acidblackcherry-movie-l.net/
 
FAKY 公式HP
http://faky.jp/index.php

TOPへ

ハートフルフェスタ福岡2016にC&S音楽学院生が出演!!

2016年9月11日更新

毎年秋、福岡市役所西側ふれあい広場で開催される人権啓発フェスティバル「ハートフルフェスタ福岡」、今年は10月2日(日)に開催!

広場では交流ブース、ふれあいマーケット、フリーマーケットなどなど、みんなで楽しめるイベントがいっぱい。
メインステージでは、14時20分からC&S音楽学院、高校コース3年の篠原凛太郎くんと音楽専攻コースの小田夢乃さんのふたりが出演します。
小田さんは先日、応募総数20,407人「東京ガールズオーディション2016」で見事、準グランプリを受賞したばかり!

熱いステージをお届けします。是非、ご期待ください!!

TOPへ

小田夢乃さん 「東京ガールズオーディション2016」アーティスト部門準グランプリ!

2016年9月9日更新

オーディションとして日本最大級の「東京ガールズオーディション2016」のアーティスト部門ファイナリスト(8人)の最終審査が9月3日に行われ、本校在校生の小田夢乃さんが応募総数20,407人の中から、準グランプリに決定いたしました!!

応援いただいた多くの皆さま、本当にありがとうございました!!
 
https://www.youtube.com/watch?v=hXUPPPtUemY

TOPへ

インタラクティブ選択制WEBドラマ「Are You OK?」に、本校卒業生Mikako(avex: FAKY)が主演!

2016年9月8日更新

『ドラマのエンディングはひとつじゃない』『あなたがドラマをプレイする』新感覚な映像作品「Are You OK?」が8月30日(火)にウェブで公開!その主演を務めるのが本校卒業生Mikako。所属するFAKYも出演。

是非一度あなたの選択でストーリーを楽しんでみてください!

「Are You OK?」公式HP
http://areyouok.jp/

TOPへ

毛利学院長講演会「子どもたちからのSOS!~より良い親子関係を築くために」

2016年9月7日更新

今年も多くの自治体、小・中学校より依頼があり、本校学院長が「子育てに奮闘するお母さんたちへエールを贈りたい」と、講演活動を積極的に行わせていただいています。

福岡市立香椎第一中学校でも9月17日に講演予定、先日学校訪問した際、掲示板に大きくポスターを掲示して頂いていました!!

香椎第一中学校の先生方、PTAの皆さん当日はよろしくお願い致します!

TOPへ

東京ガールズオーディションのファイナリスト8人に小田夢乃さんが選ばれました!

2016年8月26日更新

「東京ガールズオーディション2016」のファイナリスト8人に小田夢乃さん(音楽専攻コース)が選ばれました!!

オーディションとして日本最大級の「東京ガールズオーディション2016」の5次審査が8月24日に開催され、本校音楽専攻コース 小田夢乃さんが応募総数20,407人の中から、アーティスト部門ファイナリスト8人に選ばれました!!!
 
9月3日に埼玉アリーナで開催される「東京ガールズコレクション」にてグランプリの発表となります!
引き続き応援よろしくお願いします!!

TOPへ

「東京ガールズオーディション」セミファイナリストに小田夢乃さんが選ばれました!

2016年8月16日更新

日本最大級のガールズオーディション「東京ガールズオーディション2016」

応募総数20,407人からセミファイナリスト、アーティスト部門21名の中に本校音楽専攻コースの小田夢乃さん(平成25年度 高校コース卒業)が選ばれました!!

これまでに人気ファッション誌との専属モデル契約や、アーティスト部門受賞者がレコード大賞新人賞を受賞するなど、今や音楽性とファッション性を揃えたガールズの頂点を決める日本最大級のガールズオーディション「東京ガールズオーディション」。

セミファイナリストとなった小田夢乃さんは、昨年4月、約2,200名のエントリーから始まったソロ・ボーカリスト・ コンテスト「Sing!Sing!Sing!」2ndシーズンファイナリスト5名にも残るなど、実力派!!

次の5次審査の参考資料として使用される、一般投票(8/10~24)が、一人1日1回まで投票ができる仕組みとなっています。
是非!是非!是非!小田夢乃さんの応援をよろしくお願いします!!

投票はこちらから↓
http://tgaudition.ameba.jp
※投票にはTwitterアカウントが必要です

TOPへ

本校講師 坪内陽子先生が「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」のキャラクター声優を担当!!

2016年8月8日更新

あの高山質店など数多くのCMにも出演、また声優としても活躍中の本校講師 坪内陽子先生が7月16日に発売された「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」のキャラクターで声出演!

その坪内陽子先生が、本校オープンキャンパスの無料アフレコ体験レッスンも担当!
次回のオープンキャンパスは8/21(日)!!
声優や、アニメのアフレコなど興味がある人は是非、一度体感してみては!!
 
◆ニンテンドー3DS「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」
http://www.youkai-watch.jp/yw3/

◆オープンキャンパス申込みはこちらから↓
http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=o

TOPへ

読売新聞に7/24「教育実践報告会」の模様が掲載!

2016年7月26日更新

7月24日に本校で開催した「音楽をとおした不登校経験者との『教育実践報告会』~輝きを取り戻した生徒たち~」が読売新聞(7月25日付31面)に掲載されました!

第二回目となる「教育実践報告会」(参加無料)は8月4日(木)13:00~開催。
多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

◆7/24「教育実践報告会」ダイジェスト動画
https://youtu.be/huwPZKrRFY8

◆お申込み方法
お電話 092-834-1200
メール info@cs-music.jp (お名前・連絡先)

TOPへ

第一回 教育実践報告会開催

2016年7月25日更新

平成28年7月24日(日)本校で「音楽をとおした不登校経験者との『教育実践報告会』~輝きを取り戻した生徒たち~」が開催され、中学生や保護者、先生方、PTAや地域の支援者など50人を超す多くの方にご参加いただきました。

まず、音楽を核とした本校の「教育実践」を学院長の毛利より報告。続く卒業生、在校生の母子2組による「体験トーク」では、現在本校でヴォーカル講師を務める佐田麻美さんとそのお母さん。高校を中退後、髪を金色に染め、意味もなく苛立ちをぶつける娘と正面から向き合ってきた母親。やがて一期生として本校に入学、ここで音楽と出会い、仲間と出会い、昔の素直さと明るさを取り戻していく・・・母と子が、振り返りながら、当時の思いを語ってくれました。
在校生の母子は高校コース3年生の篠原凜太郎くんとそのお母さん。中学3年で不登校になった篠原くんのお母さんは、我が子が家に引きこもり毎日苦しんでいる姿を見て「私が産んだばっかりに、この子はこんなに苦しんでいる…産まなきゃよかった」と当時の心境を語り、篠原くんも辛かった時期を赤裸々に告白、しかし「音楽をとおして自信が持て、変わることができた」と話してくれました。
参加されている方の中には時折、涙を流しながら聞かれる方や、深くうなずきながら共感してくださる方もいましたが、終始笑顔にあふれた明るい実践報告会となりました。

その後、篠原凜太郎くん、メンバー4人全員が不登校経験を持つガールズバンド「重。」そして佐田麻美さんのライヴと続き、自分らしく自己表現するエネルギーに会場は包まれたようでした。
最後に本校顧問の石村國芳が挨拶をさせていただき、約1時間半の報告会は終了。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今年度二回目の教育実践報告会は8月4日(日)開催です。
是非、多くの皆さまのご来校を心よりお待ちしております。

◆7/24「教育実践報告会」ダイジェスト動画
https://youtu.be/huwPZKrRFY8

◆お申込み方法
お電話 092-834-1200
メール info@cs-music.jp(お名前・連絡先)

◆終了後アンケート(一部)
・高校教頭「学校教育だけでなく、家庭教育でもたいへん役立つものだと感じました」
・母親「2組のお話を聞き、共感しました。涙が出ました。でもいつかは乗り越えられるものだと思いました。あきらめずに1日1日を過ごしていきたいと思いました」
・母親「まわりがどうその子とかかわるかで人は変わる。不登校にするのもまわりであれば、支えてくれるのもまわり。どう仲間としてとりくみをしていくのかを考えました」
・母親「凜太郎くんの引きこもっていた時期、落ち込んでいた時期のお話はうちの状況とよく似ていて、私もいろんなことを思い出しましたが、こうやって輝きをとりもどした凜太郎くんを見ていると、わが子もこんな風に輝けるのかもと希望をあたえていただきました」
・地域の支援者「本日、不登校で悩んでいる中3の女の子を連れてきました。大変参考になったと思います。大人の枠に当てはめないサポートの大切さを再認識しました」

TOPへ

2、3年次保護者会開催

2016年7月4日更新

2、3年次保護者会開催 新入生保護者に続き、今月は7月3日に2、3年次を対象に保護者会が行われました。本校レッスンの進捗報告に続き、進路の話をさせていただきました。
その後、恒例のご家庭と学校とで情報交換をさせていただき、生徒一人ひとりの頑張り、そしてこれからの課題を共有していきました。保護者の皆さまからは、「ここに来るとみんな頑張っているんだなぁと思い、今日からまた頑張っていこう。と思えます」との嬉しい声もいただき、とても有意義な2時間半の保護者会となりました。

◆終了後のアンケート(一部)
・息子の学校での様子を聞かせてもらい、うれしかったです。不安を軽くしてもらえました。
・それぞれどの家庭にも悩みがある、うちだけじゃない。ということをもう一度確かめることができました。
・改めて子育てとは、子どもの生きる力を信じて、根気強く見守り、応援することだと思いました。
・夢を持って自分の人生を切り開こうとしている息子の姿に今は心から信頼し、応援しています。子どもの意志を尊重して、この学校に通わせてよかったと思っています。

TOPへ

6/26(日)オープンキャンパス開催!!

2016年6月27日更新

6/26(日)本校でオープンキャンパスが開催されました。
梅雨時期で雨の心配があった天候も、昨日は晴天でオープンキャンパス日和!

在校生や現役プロ講師のLIVE、そして無料体験レッスンなどが行われました!!
近郊から遠方まで、多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました!

参加者の皆さま、楽しんでいただけたでしょうか!?
またのご来校をスタッフ一同心よりお待ちしています!!
 

<参加アンケート>(一部)
・在校生の歌にすごく感動しました。あんな風にステージで歌えるようになりたいです。
・本格的なレッスンができて、すごく楽しかったです。また来ます!
・ヴォーカルレッスンでステージに立って歌えてよかった!
・ライブおもしろかったし、体験たのしかったです!
 

次回のオープンキャンパスは7/31(日)
◆お申込みはこちらから↓
http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=o

TOPへ

学院長講演会(福岡県立学校等生徒指導主事研究協議会総会)

2016年6月23日更新

6月17日(金)福岡リーセントホテルにて、「平成28年度福岡県立学校等生徒指導主事研究協議会総会」が開催され、総会の中で本校学院長の講演を約一時間にわたって行わせていただきました。

講演では「子どもたちからのSOS」と題し、本校の生徒たちが音楽をとおして変わっていった様子を紹介。また、在校生の篠原凜太郎くん(福岡市立板付中学校出身)が、中学の時に不登校を経験したからこそ音楽と出会い、音楽をとおして変わっていった体験を語り、当時のことを振り返りながら書いたというオリジナル曲を披露すると、会場は感動に包まれていました。

終了後には、「彼の歌声が心に響き届いてきた」「不登校だった頃の話しが信じられないくらいの堂々とした歌声と演奏で、そのギャップ、成長にびっくりした」「歌詞にやられました、感動しました」など、多くの声が寄せられました。

なお、篠原くんは7月24日(日)・8月4日(木)本校で開催される、音楽をとおした不登校経験者との「教育実践報告会」でも歌ってもらう予定です。

◆教育実践報告会
http://www.cs-music.jp/img/index/kyouiku.pdf#zoom=100

TOPへ

本校卒業生 Mikakoが所属するFAKY(avex)が、「SUMMER SONIC 2016」に出演決定!!

2016年6月14日更新

2000年より毎年8月の真夏に国内・外アーティストが数多く集まり東京、大阪で2日間開催されるロック・フェスティバルSUMMER SONIC。
今年は8/20、21で開催。20(土)の東京で開催されるSUMMER SONIC 2016に、本校卒業生 Mikakoが所属するFAKYが初出演するとこが決定しました!!

■FAKY Official HP
http://faky.jp/

■SUMMER SONIC 2016 Official Site
http://www.summersonic.com/2016/

TOPへ

新入生保護者会開催

2016年6月8日更新

6月5日(日)に新入生を対象とする保護者会が本校にて開催されました。
入学から早くも2ヶ月、家庭と学校とで力を合わせて、生徒一人ひとりの為に、より良い環境を作る目的に開催される保護者会。

今回も一人ひとりの保護者と懇談的に話をさせていただき、学校でのお子様の様子、そしてご家庭での様子を情報交換していきました。中には不登校を経験した子どもが、毎日楽しそうに学校に行く姿を、涙ながらに話をされる保護者や、子育てに悩んでいるのは自分だけでなく、同じ悩みで頑張っているお母さんたちの姿に、すごく安心された保護者など、約2時間半のとても有意義な時間となりました。終始「学校が楽しい、楽しい」とご家庭で子どもたちが言っているとの言葉を頂戴し、私たちも本当に嬉しく思いました。

参加いただきました保護者の皆さま、お忙しいところご参加いただき誠にありがとうございました。

<アンケート>(一部)
■息子がこれからこの学校の、この環境の中で過ごす3年近くの高校生活は、きっとかけがえのない日々になるのではないかと感じました。

■親では対応できない場面も、自分が大好きで通っている学校の仲間や、先生方に見守られ話を聞いてもらっていると思うと、本当によかったです。

■先生方が一人ひとりに本当に真剣に向き合って話を聞いて下さっている事がわかり、この学校を選んで良かったなぁと、あらためて思いました。

TOPへ

全国ロードショーの映画『永い言い訳』の挿入歌を本校卒業生・手嶌葵が担当!!

2016年6月3日更新

今秋10月14日(金)全国ロードショーの映画『永い言い訳』の挿入歌を本校卒業生・手嶌葵が担当することが決定しました!!
 

『ゆれる』、『ディア・ドクター』、『夢売るふたり』などで知られる西川美和さんが、直木賞候補となった自らの小説を映像化したもので、本木雅弘さんが『おくりびと』以来7年ぶりに主演を務めます。共演はあの深津絵里さん。
 

挿入歌としてオペラ楽曲“オンブラ・マイ・フ”を本校卒業生・手嶌葵さんが担当することに!西川美和さんはコメントの中で「この映画はこの声に救ってもらえる、と確信しました。冬の夜の澄み切った空気のような手嶌版『オンブラ・マイ・フ』は、すべてを洗い流し、主人公を再出発に導いてくれる見事な『最終兵器』となってくれたと感じています」と。

今秋日本中が注目の映画『永い言い訳』は10月14日全国ロードショー!!
 

TOPへ

本校卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex)がiTunes J-POP トップアルバム1位を獲得!

2016年6月2日更新

5月24日リリース、現在Music VideoがYouTubeですでに40万回を超える再生回数を記録するDigital E.P.『CANDY』が、iTunes J-POP トップアルバムでリアルタイム1位を獲得、また同じくiTunes 総合トップアルバムでは最高3位を獲得しました!

FAKY 公式HP...
http://faky.jp/index.php

TOPへ

NHK総合「うたコン」に本校卒業生の手嶌葵さんが出演!

2016年5月24日更新

本日(5/24火)19:30から生放送のNHK総合「うたコン」に本校卒業生の手嶌葵さんが出演します!!是非、ご覧ください!!

「うたコン」番組HP
http://www4.nhk.or.jp/utacon/

TOPへ

5/16放送「ももち浜ストア」(テレビ西日本)に本校登場!!

2016年5月13日更新

毎週、月曜日から金曜日放送の「ももち浜ストア」(TNCテレビ西日本)にC&S音楽学院が登場します!
沖縄県出身で独特の声とテンポの漫才でM-1グランプリ2010準優勝を果たし、現在も根強い人気を誇るお笑いコンビ「スリムクラブ」さんがゲストとして来校しました!
爆笑の内容は・・・5/16(月)9:50放送予定のももち浜ストアをお楽しみに!!...
是非、ご覧ください!

◇ももち浜ストアHP
http://www.tnc.co.jp/store/

TOPへ

卒業生・手嶌葵さんNewアルバム「Aoi Works」がリリース!!

2016年5月10日更新

月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌「明日への手紙」をはじめ、CMソング、各種テーマソングなど、タイアップ曲として発表されたナンバーや、トリビュート参加曲などを集めた作品がついにアルバム「Aoi Works ~best collection 2011-2016~」としてリリース!!
全19曲、ボーナストラックとしては、デビュー曲となったスタジオジブリ作品「ゲド戦記」の主題歌「テルーの唄」や「さよならの夏~コクリコ坂から~」のライブ音源も収録されています!
◇Newアルバム「Aoi Works ~best collection 2011-2016~」の詳細は以下
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B01CZB5WO0/

TOPへ

5/9付の西日本新聞(10面)に本校卒業生・手嶌葵さんのインタビュー記事が掲載!!

2016年5月9日更新

本日(5/9)付の西日本新聞10面「もの知りタイムズ」で、今話題の本校卒業生・手嶌葵さんの記事が掲載されています。中学校時代に不登校を経験した手嶌さんが、当時を振り返りながら、母校であるC&S音楽学院と出会い、そしてデビューから10年の歳月を経て、今思うことなど、インタビュー形式での本音トーク。是非ご覧ください。

TOPへ

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex group)が最新MV「Candy」を公開!

2016年4月28日更新

卒業生・Mikakoを含め4人ガールズグループとして、m-flo、EXILE、倖田來未等、有名アーティストを多数輩出してきたavexに所属のFAKY。海外でも活動の場を広げ、個性派グループとして現在活躍中!!

今回最新となるミュージックビデオ「Candy」をYouTubeで公開!...
タイトル通りのキャンディ・カラーに溢れ、歌って踊るFAKYを是非チェックしてみてください。

◇最新MV「Candy」(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=T9aTZQi8cMg

TOPへ

明日(4/23)卒業生 手嶌葵さんが「MUSIC FAIR」(フジテレビ系)に出演!

2016年4月22日更新

月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌「明日への手紙」で大活躍中の卒業生 手嶌葵さんが、明日4/23(土)18:00~18:30放送「MUSIC FAIR」(フジテレビ系)に出演!!

1964年から放送が開始され、最長寿番組として日本国民から愛され続けている「MUSIC FAIR」。現在、軽部真一さん、仲間由紀恵さんがMCを務め、今回の放送では森山良子さんや平原綾香さんも出演し、名曲「The Rose」を3人でコラボレーション共演するようです!是非、ご覧ください!!
◇番組HP
http://www.fujitv.co.jp/MUSICFAIR/

TOPへ

本校講師 坪内陽子先生が「熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生」声優として活躍中!

2016年4月15日更新

本校講師 坪内陽子先生がアニメ「熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生」(TNC西日本)声優として活躍中!

あの高山質店など数多くのCM、また声優としても活躍中の本校講師 坪内陽子先生(女優・ナレーター)が4/4から始まったアニメ「熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生」(TNC西日本)のガキ大将のサル・チー吉などの声優で出演しています!!
熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生は毎週月曜日21:54~放送、全13話予定です!
◇番組HP
http://www.tnc.co.jp/ichigori/

TOPへ

本校講師 主税先生(Dancer)、豊福先生(Dancer)が九州最大級ダンスバトル、ダンスコンテスト グランドチャンピオン!!

2016年4月15日更新

九州最大級ダンスバトルイベント「Grand Champion Carnival’15」
一年をかけて全6ジャンル(HIPHOP,HOUSE,BREAK,POP,LOCK,FREESTYLE)から、年間約30回の予選が開催。その中での優勝者、POINT上位通過者、そして昨年度のグランドチャンピオン、以上を含めた各ジャンルファイナリスト8名、総勢48名がグランドチャンピオンをかけ、3月19日(土)に最終ダンスバトルが開催。
FREESTYLE部門のグランドチャンピオンに、なんと本校講師の主税道治先生がなりました!!!

また、Grand Champion Carnival’12のLOCK部門グランドチャンピオンの「えりんこ」こと豊福恵理子先生(ケイ☆モピ)が、九州最大級チームダンスコンテスト「Grand Champion Ship’15」でグランドチャンピオンになりました!!!

主税先生、豊福先生おめでとうございました!!!

TOPへ

平成28年度入学式

2016年4月14日更新

平成28年4月12日に入学式が本校で挙行されました。
緊張した面持ちの新入生一人ひとりに、入学許可証が授与され始まった入学式では、学院長式辞の後、来賓でご来校いただいたクラーク記念国際高等学校、福岡中央キャンパスの前田副キャンパス長にお祝いの言葉を頂戴しました。
そして、在校生代表祝辞ではで井山友里さん(福岡市立内浜中卒)が新入生の皆さんを心待ちにしていた想いを伝え、続いて稲富翔くん(福岡市立内浜中卒)が音楽学校ならではの歓迎live披露。
続いて、本校講師からのビデオメッセージのあと、佐田先生からはお祝いの言葉を、ヒミコ先生は心を込めて歌を贈り、新入生たちの新しい門出を華やかに飾ってくれました。

一日天候にも恵まれ、終始入学式は和やかで温かい雰囲気の中、あっという間の式典となりました。
新入生の皆さん、これからライブな一日を一緒に楽しく過ごしていきましょう!!

TOPへ

4.1全国ロードショー「あやしい彼女」に本校卒業生 土岐一成さんが出演!!

2016年4月1日更新

本日4.1エイプリルフールに全国ロードショーとなる「あやしい彼女」に本校卒業生 土岐一成さん(H25年度高校コース、ベースクラス卒業)が、ロックバンドのベーシストKiltとして出演!
同映画は、韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。多部未華子さん、倍賞美津子さん、小林聡美さん、要潤さん、温水洋一さんなど豪華キャストが出演していますので、是非ご覧ください!!

映画『あやしい彼女』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=kH2ElNeACjQ

TOPへ

ミュージックレボリューション・九州FINALで本校在校生ガールズバンド「重。」が「優秀賞」を受賞!

2016年3月17日更新

ヤマハ主催日本最大規模音楽コンテスト「ミュージックレボリューション・九州FINAL」で本校在校生ガールズバンド「重。」が「優秀賞」を受賞!!!

3月12日(土)DRUM LOGOSでミュージックレボリューション・九州FINALが開催され、九州各地の審査で勝ち抜いてきた精鋭22組が出演!

なんと、22組中2組が本校生徒(卒業生)のバンド「BIG GUNS」と「重。」...
約4時間に渡り熱いステージが繰り広げられた九州FINAL STAGEで、見事ガールズバンド「重。」(Vo.中村綾美さん / Gt.天本凪波さん / Ba.内村多恵さん / Dr.大久保希良々さん)が「優秀賞」を受賞することができました!!

尚、「重。」はSONY主催の「V3 新人オーディション21st」でも「審査員特別賞」を受賞!!
放映は3月18日(金)(九州朝日放送 KBC)深夜0:20~1:50放送予定!

是非、ご覧ください!!

TOPへ

平成27年度卒業式

2016年3月17日更新

平成27年度卒業式が3月6日(日)本校で行われました。
「卒業証書授与式」と「出発式」の二部構成で行われ、授与式にはクラーク記念国際高等学校専務理事、大橋英夫先生に表彰(受賞者は下記のとおり)とご祝辞をいただきました。
また日頃お世話になったミュージシャンや女優の講師の先生たちからも熱い思いを伝えていただき、感動的な式典となりました。
送辞は中村綾美さん(高校コース2年)、答辞は髙本文哉くん(高校コース3年)。
授与式終了後の保護者謝辞は稲富美佳様にご挨拶頂きました。
出発式では、新しい門出に立つ卒業生31名の一人ひとりがステージに上がり、感謝の想いや決意を述べ、これまでなかなか親や先生、友達に想いを伝えられずにいた生徒も、この日は素直な気持ちを言葉にのせ、感動の一場面となりました。

出発式の最後は恒例の卒業ライブ!卒業生たちは目一杯楽しみながら、これまでの学院生活を締めくくりました。

卒業生の皆さん、保護者の皆さん、ご卒業誠におめでとうございました。皆さまのこれからのご活躍、心よりお祈り申し上げます。また、いつでも学校に来てくださいね!!

◇ 表彰
学業優秀賞 樋口太郎くん
資格取得賞 稲富翔くん
皆勤賞(三年間) 稲富翔くん、北村蓮くん
皆勤賞(一年間) 前田光士郎くん

TOPへ

明日(3/10)、朝「めざましテレビ」に手嶌葵さんが出演!!

2016年3月9日更新

フジテレビ系番組「めざましテレビ」(5:25~8:00)に、3月10日(木)(6:25頃から約5分放送予定)企画コーナー「ど~YOU KNOW」で、卒業生・手嶌葵さんとともに、本校が紹介されます!!

コーナーでは、月9主題歌として有名な楽曲「明日への手紙」を歌う手嶌葵さんの「声のルーツ」を探る内容となっており、手嶌葵さんが「自身の声の方向性を決めたところ」として本校を訪ねて来られました!!
3月10日(木)、是非、皆さんご覧ください!!!

TOPへ

V3新人オーディション21stに本校在校生バンド「重。」が出演!

2016年3月2日更新

SONY主催の「V3 新人オーディション21st」で、本校在校生バンド「重。」(Vo.中村綾美 / Gt.天本凪波 / Ba.内村多恵 / Dr.大久保希良々)が一次、二次審査を通過し、3月5日(土)スカラエスパシオで開催される、最終選考会(ファイナリスト10組)に出演することが決定しました!

最終選考会の様子は3月18日(金)(九州朝日放送 KBC)深夜0:20~1:50放送予定です。

「重。」はヤマハが主催する全国規模コンテスト大会ミュージックレボリューション、第15回C&S音楽学院大会でもグランプリに輝き、3月12日(土)にDRUM LOGOSで開催される九州FINAL STAGEにも出演します!

皆さん、是非応援をお願いします!!

◇V3 新人オーディション21st ファイナリスト(試聴)
http://www.kbc.co.jp/tv/v3_2016/final/index.html

TOPへ

本校卒業生 手嶌葵さん「明日への手紙」iTunesトップソング総合1位!!

2016年2月24日更新

月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌を歌う、本校卒業生の手嶌葵さんの「明日への手紙(ドラマバージョン)」が2/12のiTunesトップソング(ダウンロードランキング)で総合1位を獲得しました!!

その後5日間、iTunesダウンロードランキング1位をキープ、また他の音楽配信サイトランキング(レコチョク、dミュージックなど)でも1位を獲得するなど、大ヒット中です!
皆様からの更なる応援、よろしくお願いします!!

TOPへ

LOVE MUSICに本校卒業生・手嶌葵さんが出演!

2016年2月19日更新

本日23:30より、森高千里さん、渡部建さんがMCを務めるフジテレビ「LOVE MUSIC」に本校卒業生・手嶌葵さんが出演!
是非、ご覧ください!!
◇LOVE MUSIC番組HP
http://www.fujitv.co.jp/lovemusic/

TOPへ

本校卒業生・手嶌葵さん 2/12(Fri)ミュージックステーションに生出演!

2016年2月9日更新

本校卒業生の手嶌葵さんが、テレビ朝日「ミュージックステーション」(2月12日(金)20:00~20:54)に出演します!

披露される曲はフジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌でもお馴染みの曲「明日への手紙」!テレビ音楽番組では初披露となります!

<他出演者>
KAT-TUN 、MAN WITH A MISSION、秦 基博、ももいろクローバーZ 、WaT

また、森高千里さん、渡部建さんがMCを務めるフジテレビ「LOVE MUSIC」(2月19日(金)23:30~)にも出演が決定!両番組とも是非、ご覧ください!!

◇手嶌葵 Official Website
http://www.aoiteshima.com/
◇ミュージックステーション番組HP
http://www.tv-asahi.co.jp/music/
◇LOVE MUSIC番組HP

TOPへ

The 10th Music Revolution C&S音楽学院大会 開催

2016年2月9日更新

ヤマハグループが主催する日本最大規模音楽コンテスト大会「Music Revolution」。前回から年二回の開催となり、2月2日、3日の二日間で、「The 10th Music Revolution C&S音楽学院大会」が開催されました。
本校からは過去5回、九州代表としてジャパン・ファイナルに出場をするなど、多くの生徒たちが実績を残してきました。
今回、学内大会のエントリー数は22組。
通常1大会につき、グランプリ1組、奨励賞2~3組が選ばれるのですが、審査員が「今回は魅力的な出場者が多く、なかなか絞ることが難しかった」とグランプリの他に、なんと奨励賞が8組という結果となりました。
また、他の楽器店でエントリーしていた在校生や卒業生がグランプリに選ばれるなど、冬のミューレボin九州では、本校生徒が大活躍しています!!
グランプリに選ばれた「重。」は、3月12日(Sat)、DRUM LOGOSで開催となる九州FINAL STAGEに出場となります!是非、応援をよろしくお願いします!

<グランプリ>
重。
Vo.中村綾美さん(高校コース ソングライティングクラス2年)
Gt.天本凪波さん(高校コース ソングライティングクラス3年)
Ba.内村多恵さん(高校コース ドラムクラス2年)
Dr.大久保希良々さん(高校コース ドラムクラス1年)

<奨励賞>
秋満芽生さん(高校コース ヴォーカルクラス1年)
村上友里さん(高校コース ヴォーカルクラス1年)
井山友里さん(高校コース ソングライティングクラス2年)
篠原凜太郎さん(高校コース ヴォーカルクラス2年)
古城明さん(高校コース ヴォーカルクラス3年)
柴田満里恵さん(高校コース ソングライティングクラス3年)
高木愛さん(高校コース 声優クラス3年)
村里奏さん(高校コース ダンスクラス3年)

TOPへ

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex group)の第2弾MV「You」公開!!

2016年2月5日更新

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex group)の第2弾MV「You」が公開されました!!
皆さんも是非、Mikakoの応援をよろしくお願いします!

第2弾MV「You」は下記 YouTubeのリンクからどうぞ!!
◇FAKY / You...
http://youtu.be/_26OGnKOV1M

【FAKY OFFICIAL WEBSITE】
http://faky.jp
【FAKY OFFICIAL Facebook】
http://on.fb.me/1ZWuyll

TOPへ

フジテレビ系新月9ドラマの主題歌に、卒業生・手嶌葵さんの「明日への手紙」が決定!!

2015年12月22日更新

卒業生の手嶌葵さんの「明日への手紙」が、フジテレビ系新月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016年1月18日スタート)の主題歌に決定しました!!

同ドラマは数々のヒット作を送り出してきた坂元裕二氏が手がけ、キャストには有村架純さん、高良健吾さん、高畑充希さん、西島隆弘さん、森川葵さん、坂口健太郎さんなど今もっとも旬な方々がラインナップ!

村瀬健プロデューサーは、
「主人公・音(有村架純)の心情を『歌』という形で表現できるのは手嶌さんの声以外にないと思いました。手嶌さんの歌声は、日本でもっとも“せつない声”だと思います。曲の前に、手嶌さんのあの声こそがこのドラマの世界には必要だと思ったのです」と言われています。
また、豪華キャストたちもこの曲に対して、感銘を受けたことをコメント。
※コメントはこちらから
http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/topics/

主題歌「明日への手紙」は昨年7月にリリースされたアルバムの収録曲で、ドラマ版の新バージョンを制作することも決定、新バージョンの「明日への手紙」は来年2月10日にシングル化されます。

■手嶌葵 オフィシャルサイト
http://aoiteshima.com

TOPへ

C&S音楽学院 Official Twitter、LINE アカウント開設!

2015年12月16日更新

Facebookに続き、C&S音楽学院のOfficial Twitter・LINEアカウントを開設しました!
本校の最新ニュース、トピックスや、卒業生たちの活躍を発信していきたいと思いますので、是非、フォロー・追加お願いします!!

Official Twitterアカウント
https://twitter.com/cs_musicschool

Official LINEアカウント
http://accountpage.line.me/xat.0000133064.0u4

TOPへ

第15回 CS祭開催!!

2015年11月18日更新

11月8日(日)に第15回CS祭が本校で開催されました。
企画から運営まで、全て生徒主催で行われるCS祭。今回の実行委員長は高校コースヴォーカル学科3年の天本凪波さん、その他9名の実行委員で約半年前から出発しました。
迎えた当日、朝10時に一日ぶっ通しで行われる、メインライヴの開演とともにスタートしたCS祭。各ルームではこの日を目指し、準備してきた企画・イベントが賑やかに行われました。飲食コーナーやゲームコーナー、そして音楽学校ならではの歌、アフレコ体験、そして楽器体験なども行いました。

終了後、生徒全員が文化祭の大成功を喜び合い、これまでの協力に感謝し、中には涙する生徒もいました。生徒のみんな本当にお疲れさま!また、お忙しい中お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!!

TOPへ

高山質店CMで話題の坪内陽子先生、声優・無料体験レッスン開催決定!

2015年11月8日更新

現在、数々のCMや声優として活躍し、「高山質店」のCMでも話題の、本校講師・坪内陽子先生。
その坪内陽子先生の声優・無料体験レッスンが下記の日程で開催決定!!!...
声優に興味がある方、初心者も大歓迎。
他にも、ヴォーカル・ギター・ベース・ドラムの体験レッスンもあります。
お気軽にどうぞ、お申込みください!!

◆ 日時 開始時間 13:00~
2015. 11/15(日) 12/13(日)
2016. 1/17(日) 2/14(日) 3/13(日)

◆ お申込みはお電話もしくは、
HP「オープンキャンパスお申込み受付」から↓
TEL 092-834-1200
HP http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=o

TOPへ

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex group)がグループリニューアルを経て再始動!

2015年10月22日更新

卒業生Mikakoが所属するFAKY(avex group)がグループリニューアルを経て、この度再始動しました!!
4人組のガールズグループとして新しく活動をはじめ、新生FAKY第1弾となる楽曲「Afterglow」、「You」、「Candy」の3曲も配信!!
皆さんも、是非Mikakoを応援してあげてくださいね!

【FAKY OFFICIAL WEBSITE】...
http://faky.jp
【FAKY OFFICIAL Facebook】
http://on.fb.me/1ZWuyll

TOPへ

本校卒業生N.O.B.U!!!が、新曲「君ノ風」を2015年10月21日にリリース!

2015年10月21日更新

本校卒業生N.O.B.U!!!が、新曲「君ノ風」を2015年10月21日にリリース!
本楽曲は葉山奨之さん主演の映画「夏ノ日、君ノ声」の主題歌となっています。
楽曲配信はiTunes、レコチョク他より配信中!
皆さん是非、応援をお願いします!!

◆N.O.B.U!!! 「君ノ風」 Music Video
https://youtu.be/ZlLv-cvQ3HQ

TOPへ

15th Anniversary 講師LIVE

2015年10月14日更新

本年、皆さまのおかげ様で開校15周年を迎えたC&S音楽学院。
その記念の意義を込めて、10月2日に15th Anniversary 講師LIVEが本校で開催されました。オープニングアクトには、本年、約全国2,200名のエントリーから始まったソロ・ヴォーカリスト・コンテスト「Sing!Sing!Sing!」のファイナリストとして、コンピレーションアルバムもリリースした小田夢乃さん(本校11期生)が、今回の貴重な経験を、在校生たちに言葉と歌に乗せて伝えてくれました。
それからいよいよLIVEが開始、現在もプレイヤーとして活動し、日ごろレッスンで教わる講師陣のLIVEということで、生徒たちのテンションも最高潮に!!あっという間の二時間半、迫力満点の歌、演奏が繰り広げられました!!
在校生、そして社会で雄々しく活躍する卒業生たちと共に、次なる20周年を目指しC&S音楽学院の新たなスタートとなる一日となりました。

TOPへ

エイベックス オーディション開催

2015年7月17日更新

メーカ希望により、本校で開催される各種オーディション。7月9日(金)にはエイベックス学内オーディションが開催されました。

2013年にエイベックスからデビューした「FAKY」のMikako(高校コース・ヴォーカル&ダンスクラス卒業)も、同オーディションがデビューのきっかけでした。...
今回は34組がエントリー。
一次審査を通過した生徒は、高校コース・ヴォーカルクラス1年の秋満芽生さんでした!

TOPへ

The 9th Music Revolution C&S音楽学院大会開催

2015年7月17日更新

平成27年7月7日、8日の2日間でヤマハグループが主催する日本最大規模音楽コンテスト大会「The 9th Music Revolution C&S音楽学院大会」が開催されました。

本校からは過去5回もジャパン・ファイナルに出場をするなどの実績がある、通称「MR」。...
今回からファイナル・ステージは各地方開催(全国6か所)となり、年に1回だった大会も2回となり新しくリニューアル!

学内大会には2日で39組がエントリー。
結果は・・・
<奨励賞>
秋満芽生さん(高校コース・ヴォーカルクラス1年)
村上友里さん(高校コース・ヴォーカルクラス1年)
篠原凛太郎くん(高校コース・ヴォーカルクラス2年)
高木愛さん(高校コース・声優クラス3年)
髙本文哉くん(高校コース・ヴォーカルクラス3年)

<グランプリ>
冨安志穂さん(音楽専攻コース)

グランプリを獲った冨安志穂さんは11月1日(日)DRUM LOGOSで開催される「九州・沖縄ファイナル・ステージ」に進出となります。

TOPへ

卒業生 小田夢乃さん「Sing!Sing!Sing!」コンピレーションアルバムが6/10に発売

2015年6月12日更新

本校高校コース卒業の小田夢乃さんがファイナリストとして参加した、ソロ・ボーカリスト・コンテスト「Sing!Sing!Sing!」2ndシーズン(審査員は音楽プロデューサーの本間照光氏、服部隆之氏や大沢伸一氏など)
数ヶ月にわたる審査・選抜を経て2,200名から勝ち残った5人のコンピレーションアルバムが6/10に発売されました!!
アルバムには全11曲が収録。小田夢乃さんは決勝戦で歌った「言葉にできない」(小田和正)と「化粧」(中島みゆき)のカヴァー曲が入っています。

全国CDショップ、iTunesやmusic.jpなどのネットサイトからも配信されています!
試聴はこちら↓から(music.jp)
http://music-book.jp/music/Artist/260876

Sing!Sing!Sing!/2nd Season/CD(初回限定盤DVD付き)
¥2,778(税抜)

TOPへ

TBS系「Sing! Sing! Sing!」に小田夢乃さんがファイナリストとして出場!

2015年4月15日更新

TBS系「Sing! Sing! Sing!」番組企画「世紀の歌声!生バトル 日本一の歌王決定戦!」に、C&S音楽学院を今春卒業したばかりの小田夢乃さんがファイナリストとして出場!

4/20(月)21:00~(TBS系全国28局 福岡4Ch RKB)“生”放送で、全国2200名から厳しい審査を勝ち抜いてきたファイナリスト5名がグランプリを競います。
これまでの審査は音楽業界の方々によって行われてきましたが、決勝戦でのグランプリは視聴者の投票によって決まります!
本人が歌っている間だけのオンタイム投票受付で、ほんの数分間しかありません!!...
ネットや携帯(スマホ)でも投票可能!

ネットや携帯からの投票は↓
http://www.tbs.co.jp/singsingsing/final_sp/

是非、卒業生 小田夢乃さんの応援をよろしくお願いします!!

番組HP↓
http://www.tbs.co.jp/singsingsing

TOPへ

平成26年度卒業式

2015年3月16日更新

平成27年3月1日(日)に平成26年度卒業式が行われ、高校コース28名、音楽専攻コース3名の計31名が、C&S音楽学院を巣立っていきました。

式は二部形式で行われ、一部では学院長式辞で始まり、提携先高校のクラーク記念国際高等学校からは福岡中央キャンパスの前田キャンパス長に来ていただき、お祝いの言葉を頂戴しました。卒業証書授与のあと、講師からの祝いの言葉、送辞、答辞で一部が粛々と終了。
二部では生徒一人ひとりからの言葉があり、みんな保護者への感謝、講師や先生への感謝、そして一緒に過ごした仲間たちへの感謝の言葉を、ふるえる声で一生懸命に伝えていました。
終了後は恒例の卒業ライヴが行われ、目一杯楽しみながらこれまでの学院生活を締めくくりました。
卒業生の皆さん、保護者の皆さん、ご卒業誠におめでとうございました。皆さまのこれからのご活躍、心より祈っております。
また、いつでも学校に成長した姿を見せに来てくださいね!!

□来賓祝辞:クラーク記念国際高等学校 福岡中央キャンパス、前田キャンパス長
□送  辞:高校コース・バンド学科ドラムクラス2年、北村蓮
□答  辞:高校コース・ボーカル学科ヴォーカル&ダンスクラス、斉藤茉依
□謝  辞:吉田美紀 様

TOPへ

第14回音楽祭

2015年3月11日更新

平成27年2月21日(土)、22(日)の二日間に渡り、第14回音楽祭がC&S音楽学院で開催されました。
一年間の音楽レッスンの成果を発表する場として開催される音楽祭。また、3年生にとっては、卒業前最後の学校行事でもありました。

今回は70組が出演、4部制で行われ、最後はクラスごとに演出があり、大いに盛り上がり二日間に渡って行われた音楽祭は幕を閉じました。
お忙しいところ、また遠方よりお越しいただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。
生徒のみんなも二日間お疲れ様でした!また来年の音楽祭に向けて、頑張っていきましょう!!

TOPへ

12月1日「TEEN!TEEN!」、11月30日「今日感テレビ」にC&S音楽学院が登場!!

2014年11月11日更新

12月1日(月)19:00~オンエア、あのお笑いコンビのピースと橋本環奈がMCを務める人気番組、「みんなの青春のぞき見TV TEEN!TEEN!」(RKB毎日放送)にいよいよ本校が、登場!

本校で「音楽」、そして同じ目標に向かう「仲間たち」との関わりの中で成長し、変わっていった一人の生徒に密着取材。そして日頃の授業風景や、生徒たちの学院生活が放送される予定です。
また、11月30日(日)には、同放送局の「今日感テレビ」(日曜版14:20~)でも、卒業生の手嶌葵さん特集の中で音楽が織りなすドラマが紹介されます。

是非、ご覧ください!!

TOPへ

福岡教育大学大学院教育学研究科の先生方が来校

2014年10月17日更新

福岡教育大学大学院教育学研究科の小泉令三教授と大学院教員3名、生徒指導・教育相談リーダーコースの教職大学院生(現役教員)10名が、「小中学校での児童生徒の適応支援に活用するための調査検討」を目的に本日(10月17日)に学校見学に来られました。
約3時間、本校における教育の目的やシステムを学院長が紹介したあと、ヴォーカルのレッスン風景を見学されました。

TOPへ

講師LIVE

2014年10月10日更新

10月3日(金)、待ちに待った講師LIVEが本校で開催されました。
日頃レッスンで教わる先生たちのLIVEということで、生徒たちのテンションもMAX!!!
オープニングはこの日MCを引き受けてくれた声優クラスの坪内先生が、スクリーンに映し出された動画にアテレコをしながら出演者を紹介。会場内が爆笑の渦に包まれる中、いよいよLIVEが始まりました。
トップバッターのHIMIKO先生がオリジナル曲を歌い上げ、佐田先生、澄川先生、喜田先生とヴォーカル講師たちによるLIVE、主税先生・豊福先生のダンスパフォーマンスと続いた後は、楽器系の講師たちによる、講師バンド(Gt中山先生・山本先生、Ba藤本先生、Dr西川先生、Key井手先生、AG大塚先生)による迫力満点の演奏が繰り広げられました。
先生たちの本気のステージを初めて観た生徒たちからは、「すげー」「うぉぉー」という驚きやため息に似た歓声が上がり、興奮のうちに2時間近くのLIVEが、あっという間に過ぎていきました。...
先生たち、本当にお疲れ様でした~~~!

TOPへ

ギター講師 山本安男先生「秘伝!アドリブ書」に解説者として参加!

2014年9月1日更新

ギタリスト10人によるギター・ソロ構築術を解説した「秘伝!アドリブ書」(島村楽器出版)が7月26日に発売。
その10人の中に、本校講師 山本安男先生も解説者(著者)として参加!!付属のCDにもキレのあるデモ演奏が収録されております!

本書は定番コード進行を題材に10人のギタリストにアドリブを弾いてもらい、本人たちによるTAB譜や音作りに使った機材、アドリブのコンセプトを解説するという、これまでにない教則本となっています。
解説者(著者)10人は本校講師 山本安男先生のほか、山口和也さん、渡辺具義さん、宮脇俊郎さん、松尾ひろよしさん、野村大輔さん、鈴木一義さん、越谷浩成さん、永田健志さん、藤本勝久さんと、全国で活躍するギタリストが勢揃いの一書となっています。

TOPへ

西日本新聞に学院長が掲載!

2014年8月1日更新

8/1付の西日本新聞23面に、毛利学院長の紹介記事が掲載されました!!
ご覧ください。

TOPへ

卒業生が活躍!!

2014年7月31日更新

本校卒業生の北出恭子さん(2003年高校コース卒)とMikako(FAKY)(2013年高校コース卒)の2名がレギュラーとして出演、ドラマでは本校講師坪内先生も出演している「ドラマ&情報バライティー」番組「博多ステイハングリー」(テレビ西日本で毎週水曜日に放送)。

7月から2ndシーズンがスタートしましたが、なんと今春卒業の坂口進さん(高校コース・ヴォーカル&声優クラス)が7月からレポーターとして出演!

また、坂口進さんは「博多ステイハングリー」のラジオ版「ステイハングリーR」(FM FUKUOKA 毎週土曜12:00~12:30 )のパーソナリティーとして北出恭子さんとともに活躍しております。
要チェック!!!

TOPへ

夏の自然教室

2014年7月30日更新

7月21日(月)、22日(火)に海の中道青少年海の家で、大自然の中、毎年恒例となる「夏の自然教室」(自由参加)が一泊二日で行われました。
待ちに待った当日、みんなの気持ちが天にも伝わり、空は雲一つ無い大晴天!!...

約三ヶ月前から実行委員会を立ち上げ、毎週打合せを行い、企画してきました。

初日はまず、スポーツ大会!
チーム対抗の障害物リレーやドッヂボールで、大盛り上がり!
続いて恒例、野外調理(カレーライス)!
しかし!ただのカレー作りではなく、この企画にもチーム対抗となる「どの班が一番おいしいか大会」と名付け、ポイント制のゲームを盛り込みました。みんなで作ったカレーはいつもより一段と美味しく感じました!!
日も落ちかけ薄暗くなってきた頃、ハラハラドキドキの肝試し!
松林の中をチームごとに懐中電灯一つ持ちスタート。途中隠されたボールやキーワードを探しながら制限時間内に戻ってくるというゲーム付き。そして所々に…「うわー!!」「キャー!!!」という声が遠くから聞こえてきました。

二日目の早朝、静かな波の音しか聞こえない北海岸の砂浜で、眠い目を擦りながら日の出を見に行きました。辺りがじわっと明るくなって数分後、遠い山の奥から力強い太陽が顔を覗かせました。それまでざわついていた生徒たちも、日の出を静かに眺めていました。

その後、朝のつどい、朝食と済ませ、自然教室最後のイベントはカッターボート訓練!
海の家スタッフの指導のもと乗船し、オールのこぎ方を習い、いざ出航!
みんなが慣れてきた頃に、三隻並び、海上300メートル競走!!「そーれ!1!・2!・3!」と、みんなで呼吸を合わせ、わずかな差でそれぞれの船がゴール。
とても楽しい思い出の1ページとなりました。

みんな二日間お疲れ様でした!特に実行委員会のみんな、大成功の自然教室おめでとう!ありがとう!また来年も楽しもうね!!

TOPへ

手嶌葵さんの10thアルバム「Ren’dez-vous(ランデブー)」リリース

2014年7月4日更新

本校卒業生、手嶌葵さんの10thアルバム「Ren’dez-vous(ランデブー)」が、7月23日 リリース決定!

オリジナルアルバム「Ren’dez-vous(ランデブー)」のテーマは「Cinematic」。手嶌葵がこよなく愛する映画世界の映像感や匂いが存在するメロディやスウィング・ジャズ、フレンチポップス、ジプシー・ジャズ、ブルース、ワルツ、バラードといった様々なサウンドの中に珠玉の「声」を響かせPOPSの枠を超える独自の世界観を展開。
作家陣には大貫妙子、杉真理、いしわたり淳治、池田綾子などのアーティストをはじめ、内山肇、TATOO、田上陽一などが参加。
また自身初となる作詞にも挑戦するなど“はじめての手嶌葵”が詰まった作品が完成しました。
是非、チェックしてみてください!!

以下、葵さんの公式HPから、彼女の声を紹介します。
「前作〔Miss AOI ~Bonjour,Paris!〕から長らくお待たせ致しました! 新作〔Ren'dez-vous〕を7月23日にリリース致します。
今回のアルバムは、日本語オリジナルソングがたっぷり11曲、どうぞお楽しみ下さい!
初めて歌詞を書いてみました!きゃー!
なかなか難しくて大変でしたが、お届け出来るのがとても嬉しいです。
ぜひ新作〔Ren'dez-vous〕を聞いて下さいね」 葵より。

手嶌葵
New Album「Ren’dez-vous(ランデブー)」
2014.07.23 Release
VICL-64074 ¥3000+税

手嶌葵 公式HP
http://aoiteshima.com/aoiteshima.html

TOPへ

新入生保護者会

2014年6月11日更新

6月8日(日)、新入生を対象とした保護者会がC&S音楽学院で開催されました。
29組の保護者が参加され、遠くは岡山、長崎、熊本、佐賀からもお越しいただきました。
家庭と学校とが力を合わせて、生徒にとって一番良い環境を創っていくための情報交換・相互理解の場として開催される保護者会。
今回も、一人ひとりの保護者から、生徒のご家庭での様子や、心配されていることなどを聞かせていただき、学校からは学校生活の様子を報告しながら、懇談的に進めていきました。
中には不登校を経験したわが子が、今では見違えるほど楽しそうに毎日学校に行く様子を涙ながらに話される保護者、同じ年頃の子どもを持つ悩みを分かち合い、気持ちを新たにされた保護者など、とても有意義な保護者会となりました。

ご参加いただきました保護者の方々、ありがとうございました。

<終了後のアンケート(一部)>

■今悩んでいるのが、私だけだと思っていましたが、どの親御さんもいろんな悩みを持ち、辛い思いを持っている。でも、子どもを信じ、先生方と協力して一緒に前進しようと思う強い気持ちを持っていることがわかり、私自身もとても勉強になり、励みになりました。

■先生方のお話、保護者の方々のお話、みなさんそれぞれの悩みやうれしさやたくさんの事があるんだと、おどろきや安心する部分もありました。みなさん一人ひとりのお話を聞けて良かったです。

■こういった形での保護者会は珍しく、それぞれの親御さんの思いを聞くことができ、共感できるところ、見習っていこうと思うところがあり、勉強になりました。

TOPへ

新入生歓迎会

2014年5月12日更新

5月2日(金)福岡市動植物園にて新入生歓迎会が行われました。
「早く新入生たちが学校に慣れ、みんなと楽しく過ごせるように」との思いから在校生が企画、有志でつくる実行委員会のメンバーが、知恵を出し合って企画を練り、当日を向かえました。
この日は天候にも恵まれ、園内全体を使って繰り広げられたメイン企画のクイズバトルにはスタッフの他、講師の坪内先生・佐田先生・喜田先生も参加するなど、がぜん盛り上がりを見せ、新緑まぶしい園内のあちこちからCS生の歓声が聞こえてくるほどでした。

昼食は、綺麗な花が咲き薫る植物園の中央広場で。...
最後に、クイズバトルの結果発表が行われ、上位3チームに景品が渡されて、大盛り上りの一日が終了しました。
新入生のみなさんは先輩たちの思いが伝わったかな?
そして、実行委員のみなさん、本当にお疲れ様でした!!

TOPへ

吉備国際大学(岡山県)の平成26年度入試問題(小論文)に学院長著書が使用されました!

2014年4月25日更新

昨年5月に出版された、毛利学院長著書「自分らしく歌うがいい‐不登校なんかで壊れるな『家族』‐」が、吉備国際大学(岡山県)の平成26年度入試問題(小論文)に使用されました。
入試問題では本書の「学校のルール」(P152)についての部分が抜粋されて出題。「生徒たちに本当に伝えなければならない“もっと大切なこと”とはどのようなことなのか」との問いになっています。
是非、みなさんも一度考えてみてください!!

TOPへ

平成26年度入学式

2014年4月14日更新

4月14日に平成26年度入学式が行われました。
14期生となる高校コースの新入生は38名。
今年も岡山や山口、宮崎や大分など各地から音楽好きがやって来ました。
式典では昨年度エイベックスからガールズグループ「FAKY」のメンバーとしてデビューしたMikakoからのお祝いのビデオメッセージが紹介され、新入生の入学を心待ちにしていた在校生の代表は歌やダンスで歓迎のライヴを行い、講師祝辞ではHIMIKO先生が思いを歌に込めてCSらしい華やかな式典を締めくくってくれました。...

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!皆さんの入学を心待ちにしていました。
ようこそCSへ!!これから楽しいCSライフを一緒に送っていきましょう!!

TOPへ

「ドラマ&情報バラエティ」番組「博多ステイハングリー」のMCが本校卒業生!

2014年4月2日更新

博多発信「ドラマ&情報バラエティ」番組「博多ステイハングリー」が4月2日(水)25:35~26:30テレビ西日本にて放送開始!!
なんと!!!
番組では3名のMC中2名が本校卒業生!!
高校コース2003年度卒業生の北出恭子さん(写真中央)と、高校コース2013年度卒業生のMikako(FAKY)(写真右)がレギュラーとして出演します!!
「博多ステイハングリー」はオール福岡ロケを敢行した約30分のドラマと、旬の福岡の情報をお届けする約30分の情報バラエティ番組がドッキングした新感覚TV番組!!
北出恭子さんとMikakoの活躍、是非見てくださいね!!

TOPへ

平成25年度卒業式

2014年3月11日更新

平成26年3月2日(日)に平成25年度卒業式が本校にて行われました。
24名の生徒たちが新しい門出を迎え、多くの保護者や在校生たちに、温かく見守られ13時より開式。
式では、現在メジャーデビューを果たし、活躍する先輩のN.O.B.U!!!や、MIKAKO(FAKY)からもメッセージビデオが届き、卒業生からは歓声があがりました。
感動は、在校生たちが企画した「保護者からのメッセージ」。卒業生には内緒に準備を進めていたこともあり恥ずかしがりながらも、みんな神妙にメッセージに聞き入っていました。保護者の方々はこの日を迎えるまでの想いが込みあげ、多くの方が涙されていました。
そして最後はCSらしく、卒業生はライヴで保護者や後輩たちに感謝を、それに応え在校生からも学校を巣立ってゆく先輩たちにライヴで感謝を伝え合い、感動の卒業式が閉式致しました。...
終了後、保護者を代表して小田様より、「今、CSはどんな学校と聞かれたら、人を育むところと言います。子どもにとっても、親にとっても。子どもに10代の多感な時期を、ここCSで過ごさせてあげることができ、親として本当に良かったと思います」との心に残る謝辞がありました。
そして、恒例の卒業ライヴが行われ、卒業生たちの最後の一日が終了しました。
卒業生の皆さん、卒業おめでとう!皆さんのこれからの活躍をいつまでも願っています!

TOPへ

2013年度の福岡大学研究部論集・社会化学編Vol.6に本校が紹介!

2014年2月3日更新

2013年度の福岡大学研究部論集・社会化学編Vol.6(福岡大学研究推進部発行)に、人文学部・教育・臨床心理学科の大久保正廣教授が、「音楽を核とするサポート校の実践 ―C&S音楽学院(福岡市)―」と題して研究成果を発表!
その中で、「C&S音楽学院の持つ教育実践の独自性と意義について具体的実践をもとに紹介していきたい。(中略)本資料が、さらに多様な分野におけるこれからの中等教育実践の一助ともなれば幸いです」と述べたあと本学院は、「中等教育おけるキャリア教育推進や不本意入学者・中退者の問題といった今日的な課題に向き合う上で、少なからぬ示唆を与えるものとなっている」と紹介しておられます。

TOPへ

卒業のMikakoが所属するFAKYが第2弾Music Videoを公開!

2013年11月26日更新

本校高校コース卒業のMikakoが所属するガールズグループFAKY(エイベックス)が、11月25日に前作「Better Without You」に続く、第2弾Music Video「Girl Digger」を公開!!是非チェックしてみてください!
これからもFAKY、Mikakoの応援、よろしくお願いします!

www.faky.jp

TOPへ

西日本新聞に本校が掲載!

2013年11月15日更新

本日(11/15)付けの西日本新聞に、先日賑やかに行われた「第13回CS祭」の様子が掲載されました!ご覧ください!

TOPへ

第13回CS祭開催!

2013年11月12日更新

平成25年11月3日(日)、第13回CS祭が賑やかに開催されました。
朝9時半から夜の7時半まで、一日ぶっ通しで行われたLIVEや、アフレコ体験、ゲームコーナー、フリマや飲食コーナーなど、盛り沢山の文化祭で、生徒のご家族も、遠くは種子島(鹿児島)や山梨からもご来場いただき、大盛り上がりの一日となりました。
約半年前から実行委員会を立ち上げ、企画・制作・運営とすべて生徒が一から十まで作り上げる文化祭。実行委員会みんなで考えに考え抜き、決まった今年のテーマは「今、伝えること」。生徒一人ひとりが親や友達、そして多くの人にそれぞれの想いを伝えていく文化祭にしたいとの気持ちが今回のテーマになりました。
生徒全員が同じ想いを共有したいと、実行委員は文化祭の決起会を行ったり、LIVE出演者全員の意気込みDVDを作成したりと、さまざま一生懸命工夫しながら周りを巻き込んでいき、大成功の文化祭をつくりあげまし...た。

参加された保護者から後日お手紙が届きましたので、その一部を紹介します。
「感動、感動の一日でした。個性豊かな子どもたちが楽しく日頃の練習の成果を発表している姿に本当に感動しました。目の輝きが普通の高校生とは全く違うことに気づき、(一緒に来た家族と)良い学校に受け入れてもらって良かったねと話をしました。帰りの新幹線では文化祭の話しで盛り上がり、気づいたら鹿児島に着いておりました。また、一階でソバをつくり販売している子どもたちの笑顔が印象的で、学院の雰囲気が手に取るように理解できた一日となりました」
生徒のみんな、本当におめでとう!!そしてお疲れ様でした!!!

TOPへ

Music Revolution(YAMAHA)九州ファイナルで小田夢乃さんが優秀賞を獲得!

2013年10月23日更新

10月14日、YAMAHA主催の日本最大規模の音楽コンテスト「Music Revolution」のKYUSHU FINAL(@福岡・DRUM LOGOS)が開催され、九州・沖縄各地から予選を勝ち抜いた23組中、見事本校高校コース3年の小田夢乃さんが「優秀賞」を受賞しました!!!

TOPへ

エイベックスオーディション開催

2013年9月17日更新

メーカー希望により、本校学内において頻繁に開催されている各種オーディション。
今回は9月13日(金)にエイベックスのオーディションが行われました。

今年7月にエイベックスからデビューしたMikako(FAKY)も、昨年のオーディションをきっかけとして一気に駆け上がった、そんな先輩を身近に見てきたことから、今回エントリーした生徒たちは自然と気合が入っていたように思います。
ジャンル、スタイルは自由、31組の生徒たちが日頃のトレーニングの成果を競い、下記の5名の生徒たちが一次審査を通過し、二次審査へ進むこととなりました。...
みんなで応援していきたいと思います!!

【一次審査通過者】(アイウエオ順)
高木 愛さん(高校コース1年 ヴォーカル&ソングライティング クラス)
髙本 志穂さん(高校コース2年 ヴォーカル クラス)
髙本 文哉さん(高校コース1年 ヴォーカル&ダンス クラス)
九十九 泰葉さん(高校コース3年 ヴォーカル&ソングライティング クラス)
吉田 懐さん(高校コース2年 ヴォーカル クラス)

TOPへ

卒業生N.O.B.U!!! 3rd SINGLE 「今日もハレ feat.HAN-KUN」をリリース!!

2013年9月5日更新

本校高校コース卒業生のN.O.B.U!!! (UNIVERSAL MUSIC JAPAN)が9月4日に3rd SINGLE 「今日もハレ feat.HAN-KUN」をリリース!!
日本テレビ系「ミュージックドラゴン」サビなびにも決定しました!
(ON AIR期間:9/6、13 (2週) 金曜24:58~25:58)
是非チェックしてみてください!

http://www.nobumusic.com/

TOPへ

エイベックスグループが開催する夏の野外ライブツアー「a-nation」に卒業生Mikakoが出演!

2013年9月2日更新

9月1日(日)、エイベックスグループが開催する夏の野外ライブツアー「a-nation」に、本校高校コース卒業のMikakoが所属するFAKYが出演!
Mikakoが本校に入学するとき、「私の夢」というタイトルの作文にこう書いていました。
「歌手になったら、私はライブをしたいです。特に、a-nationという、エイベックスの夏のイベントのライブに出て、いろんな人に見てもらいたいと思います」
その夢を叶えた日になりました!!

これからもFAKY、Mikakoの応援、よろしくお願いします!!
写真はLive終了後の一枚

※9月1日(日)a-nation stadium fes.の模様はWOWOWライブで10月6日(日)21:00に放送決定

www.faky.jp

TOPへ

卒業生が映画「scratch」の音楽を担当!

2013年8月7日更新

本校卒業生(高校コース・ギター学科4期生)が、福岡インディペンデント映画祭2013の参加作品「scratch」の音楽を担当!
(録れコン2013 ベストMIDIプレイヤー賞受賞)

福岡インディペンデント映画祭2013
2013年9月9日(月)17:00~
福岡アジア美術館8F アジビホール

TOPへ

遠賀・中間市養護教員研修会 開催!

2013年8月7日更新

平成25年8月7日C&S音楽学院に22名をお迎えして、「遠賀・中間市養護教員研修会」が開催されました。10:00~11:30までの90分間、学院長による講演形式で研修会は行われ、メモを取る先生、涙を拭いながら聞き入る先生など皆さん最後まで熱心に聞き入っておられました。
中でも、在校生の代表3名によるLiveは大変感動しましたと、...さん名残惜しそうに本校を後にされました。

以下、アンケートの一部を紹介します。
○我が子だけでなく日々接している子ども達とのかかわり方のヒントがたくさんありました。
○今日の先生の講演をきき、子どもの幸せを思えるよう、日々、子どものために勤めていきたいと思います。
○未来の子どもたちに関わる私たち大人のブレない教育(子育て)が今、求められているように感じます。今日のお話をふまえて、”安心できる場所”(安心できる保健室)を作っていきたいと思います。
○成長して歌を歌って下さった生徒さん達の姿が先生の実践を物語っています。先生のように何げない一言が、子ども達の心の中にしみこむ、そういう関係性を作っていきたいと思います。

TOPへ

学院長講演会(主催:春日市教育委員会)のご案内

2013年8月7日更新

8月17日(土)に春日市教育委員会主催で、毛利学院長の講演会が春日市ふれあい文化センター(入場無料)にて開催されます。
是非、お越しください!!
13:30開場 14:00開演(終了予定時刻 16:00)

下記の動画は、先日Newsサイト【QBC九州ビジネスチャンネル】で紹介された毛利学院長の講演会の様子
http://www.youtube.com/watch?v=I5Y1Rmy-97U

TOPへ

平成25年度 自然教室

2013年7月31日更新

 

7月22日、23日に「夏の自然教室」が福岡市東区にある「海の中道・青少年海の家」にて行われました。自由参加の行事だったので、当日は37名の参加です。
暑い、暑い2日間の始まり、初日は野外でカレー作り。慣れない手つきで包丁を握る女子生徒、かまどでススだらけになりながら火をおこす男子生徒、それぞれが班に分かれての味を競いました。みんなで苦労しながら作って、野外で食べるカレーの味はやっぱり最高でした!
夜は天体観測の予定だったのですが、あいにくの曇り空のため、室内で施設の方からスクリーンを使って星の話をして頂きました。
翌朝は5時に起きて海岸へ。
金色に輝き、光を増していく東の空には雲一つなく、西の空には沈みきれない満月が白く浮かんでいて、私たちは遮るものの何もない夜と朝の間に立っているようでした。
さて、朝食後はスポーツ大会! チーム対抗のドッジと、ソフトバレーで汗をかきました。
学校では見られない表情や、新しいつながりも出来る中、思いっきりはじけて、思いっきり笑って、本当に心に残る2日間となりました。
実行委員のメンバーをはじめ、みんな有難うございました!
 

TOPへ

西日本新聞に毛利学院長の著書が紹介されました!

2013年7月30日更新

7月28日付の西日本新聞に毛利学院長の著書「自分らしく歌うがいい 不登校なんかで壊れるな『家族』」の紹介がありました。ご覧ください!

TOPへ

FAKYのMusic Video公開!!

2013年7月29日更新

ついに、FAKYのMusic Video公開!!
The 1st Music Video "Better Without You"
Mikako(本校高校コース・ダンス&ヴォーカルクラス卒業生)がんばれ!!
みんなで応援しています!!!

◇Better Without You(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=cAYU1guQvuU

TOPへ

2013年7月26日更新

今春、高校コース・ヴォーカル&ダンスクラスを卒業したばかりのMikakoが、エイベックスが運営するレーベル「rhythm zone」からデビュー!!

キレのあるダンスとポップなヴォーカルを武器に、日本のみならず海外で通用するガールズグループ「FAKY」のメンバーとして活躍が期待されています!

皆さん、応援をよろしくお願いします!!

TOPへ

毛利学院長の講演会が【QBC九州ビジネスチャンネル】に紹介されました!

2013年7月24日更新

九州から街と企業を元気にするNewsサイト【QBC九州ビジネスチャンネル】で、毛利学院長の講演会(2013年6月20日 福岡市西市民センター)が紹介されました!
講演会に参加したのは子育て真っ只中のお母さんたちを中心におよそ120人。『子どもたちからのSOSーよりよい親子関係を築くためにー』というテーマで、毛利学­院長が学院をつくったきっかけや学院内で起こる様々なエピソードをもとに、思春期の子­どもたちとの接し方について語っております。

http://www.youtube.com/watch?v=I5Y1Rmy-97U

TOPへ

TAISUKEオーディション

2013年7月18日更新

 2013712日にBONNIE PINK、スーパーフライ、 ウルフルズなどの有名アーティストが所属する音楽プロダクション「TAISUKE」主催のオーディションがC&S音楽学院で開催されました。

今回は女性限定のヴォーカルオーディションで32組がエントリー、オーディションにもだんだん慣れ、独特の緊張感を楽しんでいるかのような生徒の姿が印象的でした。

1ヶ月後には結果発表となります。

TOPへ

西日本新聞一面に学院長著書「自分らしく歌うがいい」の紹介が!

2013年7月12日更新

西日本新聞一面(本日付)の広告欄に学院長著書「自分らしく歌うがいい」の紹介がありました!
まだ読まれてない方は、是非ご覧ください!!

TOPへ

The7th Music Revolution C&S音楽学院大会

2013年7月8日更新

 The7th Music Revolution C&S音楽学院大会が72日、3日に開催されました。
エントリー数は40組で、いままで本校から5組の生徒がジャパンファイナルに出場しており、2012年にはM.I.K   2013年には立花綾香さんが、優秀賞に輝いています。
普段の授業では味わうことのできない緊張感の中、みんな一生懸命にお客さん、審査員の前でパフォーマンスを披露していました。

 [グランプリ]

小田夢乃

(Key 九十九泰葉)

[奨励賞]
斉藤茉依

関真由子

Comet

(Vo九十九泰葉 Gt樗木彰人 Gt鵜野光太郎 Ba吉村光平)  

なおグランプリの小田夢乃さんは1014日にDrum Logosで開催される九州ファイナルに出場します。応援よろしくお願いします。

TOPへ

毛利学院長著書への読者からの感想を紹介

2013年7月1日更新

毛利学院長著書への読者からの感想をご紹介させていただきます。
写真はTSUTAYA 次郎丸店

☆Amazon カスタマーレビューより☆
あまりの素晴らしさに、読後しばらく、興奮が収まらなかった。
この本には、心が震えるほどの感動があり、人を育むための知恵がある。

著者は、「C&S音楽学院」の毛利直之学院長。
『ゲド戦記』で著名な手嶌葵を見いだし、育てた人でもある。
音楽学院の目的は、「音楽のトレーニングを通して困難に負けない力を養い、この現実社会のなかで幸せな人生を切り開いていける人を育てること」である。

不登校や、親とのコミュニケーションが取れず、心を閉ざした生徒が、毛利さんの学校に数多くやってくる。
その一人一人に限りない愛情を注ぎ、寄り添いながら、可能性を開いていく毛利さん。
本で紹介されるエピソードの数々に、何度も涙したが、それは、一人の子どもの魂が、絶望から希望へと転ずる時の、深い深い共感と喜びの涙なのである。

毛利さんの学校は、福岡にあり、中には佐賀や熊本から2時間以上もの時間をかけて毎日来ている生徒もいるという。
「『楽しいところには行きたいと思うから』生徒たちにそう言わしめる魅力が音楽にはあるのでしょう」と毛利さんは半ば謙遜気味に語っている。
だが、最後まで読んで感じるのは、音楽以上に生徒たちの心を惹きつけるのは、毛利さんの限りなく優しい人間性なのだということである。

それでいて、「いじめ」に対する立ち向かい方は、断固とした強さを持っている。
(いじめが)「『なくなるのか、なくならないのか』を議論する必要などありません。あってはいけないことだから『絶対に許さない!』との気迫を持って大人が声を上げ、子どもたちに接していかなければならないと思うのです。まずは、私たち大人一人ひとりにその強い意志があるかを問わなければなりません」と。

一方、世の母親に対して「どんな仕事だって、初心者には誰かがていねいに教えてくれるというのに、人生で最も難しく、最も大切な仕事である子育てだけは、母親は誰からも教わっていないのです」と、その大変さを思いやる。
そして「正直に『助けて!』と声を上げ、学ぶことから始めてみましょう」と呼び掛ける。

その上で、毛利さん自身が、「まさに闇の中を手探りで進むように答えを探し」、教育書から学んだこと、体験から学んだことを真摯に伝えてくれている。

日本の教育の将来のため、そして子育て中の母親のため、そして子どもたちの幸福のため、この本だけは、絶対に埋もらせてはならない!
Amazonのベストセラーで、3万9千位付近(6月26日現在)に位置するようなレベルの本では断じてない!
私は、これほどの良書をもっと広めねば、との願いでいっぱいである。
このレビューも、立ち寄ってくださった方に、何としてもこの願いを伝えたくて書いた。

教育に携わるすべての人々、そして全母親に、ぜひとも、ぜひとも読んでもらいたい!

※ちょっと、興奮しすぎの文章で、かえって信ぴょう性を失わないか心配です。私自身は、著者や出版社の関係者ではないことを、念のためお断りしておきます。
読んでさえいただければ、私がなぜ、ここまで興奮しているのか、きっと分かっていただけると思います。

TOPへ

6.24 ビクターオーディション

2013年6月26日更新

 ビクターエンターテイメントの学内オーディションが、本校で開催され、生徒38組が日頃の練習の成果を披露していました。

今年4月に入学してきた新入生の中には、生まれて初めて受けるオーディションに緊張して、落ち着かない人もいましたが、出番を終えてステージを下りる時はみんな晴れやかな顔をしていました。

みなさんお疲れ様でした。

ドキドキの結果発表を楽しみに!

TOPへ

西日本新聞に毛利学院長著書の紹介が掲載!!

2013年6月20日更新

西日本新聞(6月18日付)福岡版25面に毛利学院長著書「自分らしく歌うがいい~不登校なんかで壊れるな「家族」~」が紹介されました!!
発刊より1カ月が過ぎ、読者の皆さまからも、多くの温かな言葉もいただき、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも応援を、宜しくお願い致します!
 
<寄せられた感想>
■本を手にしてから、何度も読み返し、何度も泣きました。
私は元来、泣けそうな物が嫌いです。ドキュメンタリーなどは観ない主義です。
泣けば泣くだけ精神的に疲れ果て、心が重くなり、生きる気力さえ失われていく気がします。
なのに、この本に何故こんなに執着するのか、何度も何度も読んで、やっと解りました。
この本は、どれだけ泣いても、心が疲れないのです。疲れるどころか、何か自分の生き方の指針を与えられたような光が感じられるのです。

■この本を読んでこれまでの子供達への対応、自分の慢心さを心から反省しました。
この内容を把握した上で、もう一度最初っから子育てをやってみたいと強く思いました。
最後のメッセージは子供達が愛おしくてたまらなく、涙がとまりませんでした。
この本を母親全員に読んで欲しい。
そうすれば、子供達はきっと幸せな人生を送れるんではないかと思います。
 
■読みやすい本でした。
歌手の手嶌葵のエピソードが印象的でしたし、著者の今までの体験の中から、
思春期の子どもへの接し方が勉強できました。
福岡の話し言葉で綴られているのも、臨場感があり、ノンフィクション小説としても楽しめました。ドラマ化したら楽しそう。
この本を読んで子供の才能を伸ばすように、子育てが出来たらいいなと感じました。ラストは涙が出てきました。

TOPへ

平成25年度 新入生保護者会開催

2013年6月6日更新

平成25年6月2日(日)に本校にて今年度新入生保護者会が開催されました。
24人の保護者の方々にご来校いただき、遠方では鹿児島、熊本、長崎、佐賀からも参加していただきました。
新入生は入学してから2カ月が経ち、いろんな課題や悩みを抱えてしまう時期でもあり、保護者と学校とで協力し合って子どもたちにとってより良い環境を作るために、情報交換を行う目的でこの時期に開催されています。
同会では一人ひとりの保護者からの子どもたちの家庭での様子を聞かせていただき、また私たちからは学校での様子をお伝えし、情報交換させていただきました。
約2時間半に渡り、とても有意義な時間となったと思います。当日はお忙しい中、また遠方より足を運んで下さった保護者の皆さま、本当にありがとうございました。
 
以下、参加者アンケート(一部)
□皆さんの話しを聞け、様々な悩みや子どもに対しての接し方など、私たちだけが悩んでいるのでは
   ないとあらためて感じ、勇気付けられました。
□子どもが「自分を出せるっていいね」と言ったことがあり、今までは出せずにいたんだと思いまし
   た。息子の頑張る姿を見ると私まで元気になります。
□心配していたこともありましたが、皆さんの話しが聞け、安心して帰れます。

TOPへ

西日本新聞「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」最終回

2013年6月4日更新

5月16日から連載が開始され、12話の連載の中で本校生徒5人が紹介された、西日本新聞「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」が本日付で終了しました。

「新聞見たよ!」「卒業生のみんな頑張っていますね!」などと、多くの方々に温かい声をいただきました。
皆さまありがとうございました!!
これからもC&S音楽学院の生徒たちへの応援、よろしくお願いします!

TOPへ

日本新聞「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」5人目の紹介

2013年5月31日更新

西日本新聞「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」本日(5月31日付)は、この春高校コースを卒業し、音楽専攻週5日コース・ヴォーカル&ソングライティングクラスの野津卓杜くんです。
このシリーズで本校生徒は5人目の紹介となります!
ご覧ください!!

TOPへ

学院長講演

2013年5月30日更新

523日に、「平成25年度筑紫野市家庭教育学級合同開講式」に毛利学院長が招いて頂き、「自分らしく歌うがいい」~お母さんたちへのエール~と題して1時間半程お話をさせて頂きました。

筑紫野市家庭教育学級は、筑紫野市内の小・中学校16校に在籍する子どもの保護者たちが共に学び、繋がっていく場として各学校に設置されているそうです。

昨今、ともすれば孤立化してしまうお母さんたちの為のそうした場づくりが常々必要と思っていましたので、こうした取り組みは大変興味深く、これまで関わってこられた行政の方々や役員の方々のご努力に頭が下がる思いがしました。

写真は本校高校コース卒業生の関真由子さんに講演の中で歌ってもらっているところです。彼女の澄んだ歌声に会場は感動の涙で包まれていました。

TOPへ

西日本新聞連載記事に卒業生たちがぞくぞくと登場!

2013年5月29日更新

西日本新聞の連載記事「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」
手嶌葵さん(5月22日付)の次は、ついに、C&S音楽学院1期生高田人史さんが登場!!

そして、本日5月29日付では高校コース7期生の吉木佑理衣さんでした!
是非、ご覧ください!!

TOPへ

西日本新聞連載記事に手嶌葵さん掲載!

2013年5月22日更新

西日本新聞に「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」が5月16日より連載が開始!
本日(5月22日付)は、本校高校コース3期生の手嶌葵さんの登場です!
是非ご覧ください!

TOPへ

西日本新聞に「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」が連載開始

2013年5月17日更新

多くのミュージシャンを輩出し、人々の心を打ち、いつまでも口ずさまれる数多くの歌が生まれた福岡・博多。前向きに、人生を「謳歌」しているソングライターたちの思いが紹介される連載記事「詞を紡ぐ 福岡ソングライター物語」が西日本新聞朝刊の福岡版(26面)で開始されました。(5月16日付~)
この連載の中で、本校C&S音楽学院の在校生や卒業生たちが紹介されます!
本日(5月17日付)は本校卒業生の飯尾徳秀さん(高校コース5期生)が掲載されました。いろんなドラマや感動がそこには映し出されています。是非、ご覧下さい。

TOPへ

毛利学院長著書『自分らしく歌うがいい 不登校なんかで壊れるな「家族」』が発売!

2013年5月13日更新

毛利学院長著書
『自分らしく歌うがいい 不登校なんかで壊れるな「家族」』が発売!

学校に行かないことが、果たして親子関係を壊してしまうほどの代償を必要とするのだろうか――。...
「C&S音楽学院」で出会った多くの親子と正面から向き合ってきた経験をもとに、子育てに悩むお母さんたちへ綴った励ましのメッセージ。
自分らしく歌うがいい:不登校なんかで壊れるな「家族」が、Amazonにて予約が開始されました。
全国の書店には5月23日(木)より販売の予定となっております。
多くの方に是非、ご覧いただければと思います。

出版社名 学びリンク
単行本 1,260円

TOPへ

新入生歓迎会

2013年5月2日更新

426日、福岡市動物園にて新入生歓迎会を行いました。

在校生と新入生を混ぜた8班に分かれて、事前に実行委員会が考えたゲームを楽しみました。新入生のみんなは入学当初の緊張もほぐれて自然と笑顔で友達と接しているのが印象的でした。

TOPへ

平成25年 入学式

2013年4月19日更新

平成25年4月12日(金)にC&S音楽学院 入学式が行われ、13期生となる新入生31名が、学院生活のスタートを切りました。

緊張した面持ちの新入生たちも、ゲド戦記、コクリコ坂の映画で知っている3期生、手島葵さんからの祝電に喜びの声を上げ、201288日にメジャーデビューした4期生のN.O.B.U.さんからのお祝いのビデオメッセージとプロモーションビデオが流れたときには興奮を隠せない様子でした。

やがて式は在校生のライブで終了しました。

新入生のみなさん、在校生はみなさんの入学をとても楽しみに待っていましたよ。

これから一緒にもっともっと音楽を楽しんでいきましょう!

TOPへ

H25 新入生歓迎オリエンテーション

2013年4月8日更新

 

 

 

 

 

H25 新入生歓迎オリエンテーション

327日(水)13時より、平成25年度入学生のオリエンテーションが行われました。

スムーズな学院生活のスタートのために、真剣な表情で耳を傾けていた新入生たちも、在学中の先輩たちのライヴでは、はじかれたように目を輝かせて聞き入っていました。

併せてこの日、第一回目の保護者会が行われ、これから学校とご家庭とが力を合わせ、子供たちにとって最高の環境をつくっていくことを確認し合い、3時間ばかりのすべてのメニューが終了しました。

あとは12日(金)の入学式を待つばかりです。第13期生となる新入生の皆さん、それでは元気に入学式でお会いましょう!!!

TOPへ

第13回音楽祭開催!

2013年3月6日更新

平成26年2月22日(土)、23日(日)の二日間に渡り、第13回音楽祭が本校4Fライヴ会場にて開催されました!!
この日のために生徒たちは、日頃のレッスン、練習に真剣に取り組み、二日間で81組が出演、クラスアピールや部活動紹介なども披露され、笑いあり、感動の涙ありのステージとなりました。
初日ではなんとサプライズ! 2012年にUNIVERSAL MUSIC JAPANからプロデビューをした卒業生のN.O.B.U!!!がステージに。この日福岡で行われるライヴの前に駆けつけてくれ、温かい言葉を、観客や生徒たちに届けてくれました。
二日間の音楽祭終了後は、卒業年度生にとっては卒業前最後のイベントでもあり、感極まって涙する生徒や、喜びで溢れんばかりの笑顔の生徒など、大成功の音楽祭となりました!
お忙しい中、ご来場いただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。
また、生徒によるバックステージ役員や、運営委員のみんな、大成功本当におめでとう!!

TOPへ

平成24年度 卒業式

2013年3月6日更新

3月3日(日)に平成24年度卒業式が本校にて行われ、10期生を中心とした高校コース22名、音楽専攻コース8名の合計30名が巣立って行きました。
天候にも恵まれ、みんな晴れやかな気持ちでこの日を迎えていました。
今年も涙、涙の・・・と思っていたら、例年とは違い笑顔、笑顔の卒業式でした。どうやらみんな音楽祭でこの日の分の涙を使い果たしたみたいでした(笑)
卒業証書を授与された生徒は、一人ひとり友達や先生に感謝の言葉を伝えていましたが、やはりお父さん、お母さんに思いを伝える生徒が圧倒的に多かったようです。
普段照れくさくてなかなか言えないことが言える。
音楽は素直な気持ちがないと伸びません。
みんな入学してから3年間、音楽を通して本当に成長しました。
卒業式が終わったらライブ!!!
感傷的になっていた生徒も、パッと切り替えてライブモードになっていたみんなの姿は流石でした。
CSで過ごす最後の最後の瞬間まで音楽を楽しんでいるみんな!
本当におめでとう!!
そしていつも支えてくださった保護者のみなさま、本当にありがとうございました。
 
□来賓祝辞:クラーク記念国際高等学校 脇坂 浩之様
□ 送 辞 :高校コース・ギター&ベース学科2年、鵜野 光太郎
□ 答 辞 :高校コース・ヴォーカル学科、藤川 美歌子
□ 謝 辞 :高校コース・ドラム学科、中島 智史母

TOPへ

平成25年度 卒業式

2013年3月5日更新

3月3日(日)に平成24年度卒業式が本校にて行われ、10期生を中心とした高校コース22名、音楽専攻コース8名の合計30名が巣立って行きました。
天候にも恵まれ、みんな晴れやかな気持ちでこの日を迎えていました。
今年も涙、涙の・・・と思っていたら、例年とは違い笑顔、笑顔の卒業式でした。どうやらみんな音楽祭でこの日の分の涙を使い果たしたみたいでした(笑)
卒業証書を授与された生徒は、一人ひとり友達や先生に感謝の言葉を伝えていましたが、やはりお父さん、お母さんに思いを伝える生徒が圧倒的に多かったようです。
普段照れくさくてなかなか言えないことが言える。
音楽は素直な気持ちがないと伸びません。
みんな入学してから3年間、音楽を通して本当に成長しました。
卒業式が終わったらライブ!!!
感傷的になっていた生徒も、パッと切り替えてライブモードになっていたみんなの姿は流石でした。
CSで過ごす最後の最後の瞬間まで音楽を楽しんでいるみんな!
本当におめでとう!!
そしていつも支えてくださった保護者のみなさま、本当にありがとうございました。
 
□来賓祝辞:クラーク記念国際高等学校 脇坂 浩之様
□ 送 辞 :高校コース・ギター&ベース学科2年、鵜野 光太郎
□ 答 辞 :高校コース・ヴォーカル学科、藤川 美歌子
□ 謝 辞 :高校コース・ドラム学科、中島 智史母

TOPへ

第12回 音楽祭

2013年3月1日更新

平成25年2月23日、24日の二日間に渡り、第12回C&S音楽学院「音楽祭」が開催されました。今回は2日間で90組が出演し、実行委員長は竹下高太郎くん(高校コース・ギター&ベース学科3年)、副実行委員長、中島智史くん(高校コース・ドラム学科3年)、そして他9名を加えた11名の実行委員会のメンバーが、この日まで準備を行ってきました。
本番当日、わくわくしながら登校してきた子、不安な面持ちでステージに上がっていった子、中には思い通りにいかず悔し涙を流した子もいましたが、生徒一人一人の「音楽が好きだ!!」という思いがすごく伝わってきました。その他、音響や照明、進行などの裏方もすべて生徒が務め、涙・涙のフィナーレとなりました。
ライバルであり友である仲間たちと普段の練習の成果を存分に発揮し、特に卒業年度生にとっては忘れられない「音楽祭」となりました。
二日間にわたって多数の方が足を運んで下さり、保護者の中には人をここまで成長させてくれる「音楽」の力に驚き、感動されている方も多かったように思います。
ご来場ありがとうございました。これからもC&S音楽学院をよろしくお願いします。

TOPへ

H25.2.20 讀賣新聞

2013年2月27日更新

 C&S音楽学院の記事が2月20日に讀賣新聞に掲載されました!
音楽祭の紹介の他に、今年度の卒業生の中からギター&ベース学科の竹下高太郎くん、ドラム学科の中島智史くんが、この学校で多くの仲間たちと出会い、音楽を通して成長できたことを力強く語っています。
写真はステージ狭しと、ボーカル&ダンスクラスのメンバーたちが躍動するショットが掲載されました!

TOPへ

平成24年度生 保護者会開催

2013年2月6日更新

平成25年1月27日(日)に1年生及び、今年度転入生を対象に保護者会が開催されました。
当日は雪がぱらつき、天候があまり思わしくありませんでしたが、遠くは大分や長崎、佐賀からも参加していただきました。
まず、高校コースの勉強の進捗状況と連絡事項をお伝えし、続いて学院長の毛利より、現在の子どもたちを取り巻く環境が、以前に比べて大きく変わってしまったことから、今ほど家庭と学校とが、子どものための連携を求められている時代はない。今回の保護者会も本校生徒にとって、今一番良い環境を一緒に作っていくための有意義な機会にしていきたいとの思いを伝えしました。
その後保護者からは生徒の家庭での様子を、学校からは学習状況や学校生活の様子を、ひとりひとりの生徒別に細かく情報の交換を行いました。
ご参加いただきました保護者の皆さま、ありがとうございました。
 
以下、参加者アンケート(一部)
■今回で二度目となりますが、保護者会に参加すると自分の子育ての姿を見直される気がします。
■皆さんの家庭でも様子を聞き、改めて息子との関わり方を考えさられることもありました。
■これまでの学校の保護者会とは違い、皆さんの経験、思いなどをお聞きでき大変参考になりました。

TOPへ

第12回 文化祭

2012年11月20日更新

第12回文化祭 テーマ「Smiles for all」
11月4日(日)に本学校で開催されました!
今回の実行委員長はボーカル学科3年生の添島由衣さん、副実行委員長はドラム学科3年生の中島智史くんが務めました。実行委員会、総勢11みんなで何度も何度も話し合い、今年の秋から企画の検討を進めてきました。

企画・制作・運営とすべて生徒が一から十まで作り上げる文化祭。様々なアイデアを出し合い、それについて話し合う。何度か意見がぶつかり合う瞬間がありましたが、それでもみんなは最後まで同じ方向を向いていました。

この日は例年よりも早い9:30からスタートしたにも関わらずたくさんのお客さんにお越しいただきました。メインライヴはソロ、ユニット、バンド等の76が出演。皆さんには生徒たちの熱のこもったパフォーマンスを見ていただきました。
また部活紹介もあり、「アコギ部」「ダンス部」「写真、DTM部」「電波部」と、それぞれカラーの異なったパフォーマンスが楽しめたと思います。
その他、各部屋では様々なイベントが行われ、「ゲーム」「喫茶」「フリーマーケット」「アフレコ体験」「ビンゴ大会」等がありました。ロビーの「飲食コーナー」では、焼きそばやフランクフルトが好評で、多くの方が「美味しい、美味しい」と賑わっていました。

すべて終了した後も片付けを頑張っている生徒のみんなが印象的でした。「お疲れさん会」では、全員が文化祭の大成功を喜び、お互いをたたえ合い、「ありがとう」という言葉で溢れていました。

生徒一人一人がキラキラしている本当に素晴らしい文化祭でした。影響を受けた後輩たちが来年はもっともっといいものを創ってくれることに期待です。
このまま音楽祭まで頑張っていきましょう。

TOPへ

「第4回 オイスカ収穫感謝祭・秋」

2012年11月20日更新

1110() 早良区小笠木、のどかな山の中腹にあります「財団法人オイスカ西日本研修センター」。この施設ではアジア各国の青年が日本の農業を学ぶことを目的とし、1年間の研修を行なっており、今回は今年で第4回にあたります「収穫感謝祭」が行われました。

メインステージでは太鼓、フラダンス、劇など様々なイベントが行われていましたが、11:30からのライブにて、本校からボーカル・ソングティングクラスの清崎梓さん、ボーカル・ダンスクラスの藤川美歌子さん、卒業生の菊川慧くんが参加しました。野外で気温が低く、あまり経験したことのないステージに少し戸惑いはありましたが、お客さん、そして研修生の方々がとても温かくて、音楽を通して国際交流を楽しみました。

そこではアジア各国の本場の料理が楽しめ、メインライブ出演後にはスタッフの方から温かい手料理をいただきました。

研修生の皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

TOPへ

夏季講師ミーティング開催

2012年8月17日更新

平成24年7月20日(金)定例の「夏季講師ミーティング」が行われました。
本校のプロデューサー、ディレクターを中心に、各講師からクラス事のレッスンに関する現状報告、音楽に対する生徒の姿勢、スキル面等、情報共有を目的とした個人単位での細い情報交換が行われました。
 
今回のミーティングでは今後の課題や目標を話し合う中、講師の生徒に対する想いは強く、当初の予定時刻を大幅に上回るほど充実したミーティングとなりました。

※写真はヴォーカル系の講師ミーティングの様子

TOPへ

平成24年度 自然教室

2012年8月8日更新

7月23日、24日にC&S夏のイベント自然教室が福岡市東区にある「海の中道・青少年海の家」にて行われました。
希望者のみの参加ですが、生徒52名。去年の約2倍の人数で行われ、実行委員を中心にみんなで盛り上がりました♪
初日!まずは、野外調理。
慣れない調理に戸惑う子。手馴れた包丁さばきで野菜を切っていく子。みんなでアイデアを出し合って、最終的にはどの班も美味しくて個性的なカレーが出来上がりました。
やはり太陽の下、みんなで汗を流して作ったカレーの味は格別でした。
次に、スポーツ大会!
みんな目をギラギラさせて準備運動に取り組んでる姿から、よほどこの時を楽しみにしていたのでしょう・・・。ボールとフリスビーを使って行うその名も「ドッヂボビー」、その後はソフトバレーボール。みんなクタクタになるまでスポーツを楽しみました。
入浴後に、ペットボトルロケットの作成。
ただ作るのではなく、各班それぞれ見た目にもこだわったカッコイイ(可愛い)ロケットを作り上げました。さて、明日は本当に飛ぶのでしょうか?
就寝。。。
みんなエネルギーを使い果たしたのか布団に入るやいなや、ぐーすか眠りについていました。
早朝5:00
希望者のみ日の出を見に行きました。普段あまりしない経験なので、みんな東の空のオレンジ色を目に焼き付けていました。
2日目!ペットボトルロケット大会!!
みんな不安げな面持ちで、ロケットをセットしていましたが、予想よりも遥かに遠く、見えなくなるようなところまで飛んでいったロケットまであって浜辺は歓声に沸きました。
その他にも、青少年海の家に宿泊している学校すべてで行われる「夕べのつどい」「朝のつどい」では、C&Sを代表して、高橋 来人くん、大坪 捺樹さんが挨拶をしてくれました。
天候にも恵まれ、とても快適な2日間でした。実行委員会のみんな、委員長の中野 彩依さんありがとう!!

TOPへ

学院長講演会 開催日時追加

2012年8月1日更新

学院長講演会の日時、場所を講演申込みフォームページに追加しました!
一般参加ご希望の方は、参加の可否を直接会場の方へお問い合わせください。
 
http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=k

TOPへ

エイベックス 学内プレゼンテーション

2012年7月30日更新

7月13日(金)エイベックス主催の学内プレゼンテーションが本校C&Sで行われました。
音楽ジャンル、演奏スタイルは自由で、在校生のうち38がエントリー。
以下の生徒が次のステップに進むことになりました。

■冨安 志穂
楽曲「モザイクロール」
■藤川 美歌子
楽曲「大阪LOVER」
■宮下 凌士
楽曲「ひまわり」
■小田 夢乃
楽曲「友達の唄」
■東郷 七海
楽曲「月光」

TOPへ

The 6th Music Revolution C&S音楽学院学内本選会

2012年7月30日更新

YAMAHA主催の「The 6th Music Revolution」が今年も始まりました。
23歳以下のアマチュアミュージシャンなら誰でも参加する事ができる「MR」。音楽ジャンル、演奏スタイルは自由で、昨年の「The 5rd Music Revolution」では全国約200会場で予選大会が開催され、総計
4123がエントリーをし、本校生徒の立花綾香さんが「ジャパン・ファイナルで優秀賞」を見事獲得ました。
さて、今回もその予選大会が7月2日・3日の2日間でC&S音楽学院で行われました。
28組のエントリーの中から見事グランプリを獲得したのは、東郷七海さん(高校コース2年)で、楽曲は鬼束ちひろさん「月光」でした。東郷七海さんは10月28日(日)にDRUM LOGOS で開催される、「KYUSHU FINAL」に出場することになります。
当日はみんなで応援に行こう!行こう!行こう!

C&S音楽学院 学内本選会の結果は以下の通りです。
■グランプリ
東郷七海「月光」
■入 賞
藤川美歌子「大阪LOVER」
ジレンマ(福田由那Vo・今西由樹Gt・鵜野光太郎Gt・竹下高太郎Ba・森川圭利Dr)「焼け野が原」

TOPへ

平成24年 新入生保護者会

2012年6月7日更新

新入生保護者会が6月3日に本校にて開催されました。
遠くは島根・山口から、九州は大分・熊本・佐賀より、多くの保護者の皆さまに参加していただきました。
13時より保護者会はスタート。
まずは高校コース担任より保護者会の目的、また連絡事項をお伝えした後、学院長の毛利が、PTA研修会や小・中学校、地域自治会などで講演をしている内容から「思春期の子どもたちへの接し方」について話しをさせていただきました。
その後、入学から2カ月が経った生徒たちの学校での様子、家庭での様子をそれぞれ情報交換を行い、「中学までは学校での様子など話してくれなかったわが子が、入学してからは毎日楽しそうに、学校であった事を話してくれます」などの声や、中には「小学校、中学校と学校で友達や学校とうまくいかず、不登校を経験していた子が毎日学校に明るく行っているという事が夢のようです」と涙を流しながら語られるお母さんなどもおられました。また保護者同士の連携の場ともなり、学校と家庭、家庭と家庭がつながっていく貴重なひと時となりました。ご参加いただきました保護者の皆さま、ありがとうございました。
                            
以下、参加者アンケート(一部)
■皆さんのお話しを聞いて、娘の姉・妹の子育てについてもヒントをいただいたと思います。
■同じ境遇というか、うちの子も以前登校拒否になったこともあり、他のお母さんたちの気持ちがすごく共感できました。いろいろと話しを聞けて本当に良かったです。
■今日は保護者の皆さんのお話しを聞くことができ、大変心強い気持ちになれました。色々と乗
  り越えられて、こちらに入学されていて、わが家だけではないと思いました。

TOPへ

学院長講演 -早良市民センター-

2012年5月25日更新

5月23日、早良市民センターにて、「平成24年度 早良区小学校PTA連合会 新任委員・役員研修会」が開催され、学院長の毛利が、「子どもたちからのSOS!不登校児が教えてくれたもの」と題して約1時間の講演を行った。
 
講演では、「C&S音楽学院」の開校から12年間、さまざまな課題を抱えた生徒たちや保護者と真正面から向き合っていく中、生徒たちが「音楽」を通じて、いきいきと輝きを取り戻していく蘇生のドラマを紹介しながら、不安定に揺れる思春期の子どもへの接し方を語った。
 
また講演の中で、高校コースを卒業後、音楽専攻コースに今も通う生徒の水野結希子さんが歌い、その澄んだ歌声に心洗われたと、会場を埋めた約500人のお母さんたちから惜しみない拍手が送られ、感動の涙をぬぐう姿も多く見られた。
学院長の次回の講演は6月6日(水)10時から、同じく早良市民センターにて早良区役所生涯学習推進課主催・早良区人権講座の講師として登壇することが決まっている。(入場無料)

TOPへ

平成24年度 新入生歓迎会・歓迎Live

2012年5月14日更新

平成24年4月27日(金)に福岡市動・植物園にて「新入生歓迎会」、5月7日(月)に本学院にて「新入生歓迎Live」が行われました。

在校生有志たちによる実行委員会は、新入生が入学して来る前から何度も打ち合わせを重ね、「新入生が早く新しい環境になじむように」「早く後輩たちと仲良くなれるように」との在校生の思いが随所にこもったイベントとなりました。
 
まずは福岡市動・植物園での歓迎会は、新入生、在校生の混合で12チームに分かれ、園内に設けられたさまざまな課題を競い合いながらクリアしていきました。またベストフォト賞や宝探しなど、内容盛り沢山の一日となり、新入生たちもすごく楽しそうでした!
 
歓迎Liveでは在校生たちが新入生たちに歌や演奏を披露。新入生たちに「楽しんで欲しい」「もっともっと音楽を好きになって欲しい」との想いを音楽に乗せて、大盛り上がりのLiveとなり、大成功で終了しました!!
 
この二日を通して新入生たちの緊張も一気にほぐれ、とても仲良くなっていきました! 実行委員会のみなさん、本当にお疲れ様でした!!!

TOPへ

平成24年度 入学式

2012年4月20日更新

平成24年4月12日(木)にC&S音楽学院 第12回入学式が行われ、桜が咲き残る中、九州各県遠くは沖縄、種子島(鹿児島)、そして広島や島根から12期生となる新入生31名が、学院生活のスタートを切りました。
技能連携先高校であるクラーク記念国際高等学校の手嶋キャンパス長、次郎丸中学校の吉田校長先生もお祝いに駆けつけてくださいました。
また、この日のために様々な準備をし、後輩たちを待ち望んでいた在校生の代表によるお祝いの言葉、そして歓迎のLIVEが行われました。
 
新入生のみんな、入学おめでとう!!これから一緒に頑張っていきましょう!

TOPへ

平成23年度 卒業式

2012年3月19日更新

3月4日(日)に平成23年度卒業式が本校にて行われ、9期生を中心とした高校コース24名、音楽専攻コース5名の合計29名が巣立って行きました。
今年もまた、涙・涙の式典となり、終了後はみんな泣き疲れてぐったりとしていました(笑)
最も涙を誘ったのが、卒業証書を手にステージから一人ひとりが参列者に挨拶をしたときです。保護者への感謝、講師や先生への感謝、そして一緒に過ごした仲間たちへの感謝の言葉をふるえる声で一生懸命に伝えていました。
「これまで多くの方々が支えてくれたから今がある。それは誰よりも自分が一番良くわかっている」そう言っているようでした。
小学校の頃から不登校になって、中学校はほとんど行っていなかったのに、この3年間ほぼ無遅刻・無欠席で通いとおした生徒。
佐賀県から雨の日も雪の日も休まず通学した生徒。
不登校を経験し人間不信になっていたけれど、ここではいろんな行事の実行委員長として、いつもみんなの中心で頑張ってくれた生徒。
みんな、みんな大きく成長しました。
おめでとう! これからの卒業生のみなさんの活躍を心から期待しています。
保護者のみなさま、長い間本当にお世話になりました。 ありがとうございました!!
 
□来賓祝辞:クラーク記念国際高等学校、山下キャンパス長
□送  辞:高校コース・ヴォーカル学科2年、藤川美歌子
□答  辞:高校コース・アーティスト学科、石田夢
□謝  辞:高校コース・アーティスト学科、清崎梓母

TOPへ

第11回 C&S音楽学院音楽祭 開催

2012年3月1日更新

平成24年2月25日、26日の二日間に渡り、第11回C&S音楽学院「音楽祭」が開催されました。
今回は2日間で72組が出演し、この一年間の努力の結果を披露してくれました。わずか3年間でここまで伸びるのかと3年生の演奏に目を見張る保護者や、その成長を感慨深そうに見守る講師陣、先輩に負けるなとばかりに頑張る生徒たち、みんなで創り上げた熱い熱い「音楽祭」となりました。
今回の実行委員長は鶴崎弥萌さん(高校コース・ヴォーカル学科3年)、副実行委員長としては中島智史くん(高校コース・ドラム学科2年)、そして他8名を加えた10名の実行委員会が、この日まで準備を行ってきました。
二日間で約200名の方が足を運んで下さり、「本当に良かったです!」「こんなに一人ひとりが輝いていて、楽しそうに音楽をしている姿に、こちらが元気をもらいました!」「また来年が楽しみです」など多くの声も頂き、大成功のうちに幕を閉じました。
実行委員をはじめ生徒のみんな、大成功おめでとう!そしてお疲れ様でした!
また、お忙しい中、来校頂きました保護者の方々や、ご友人の皆様、本当に有難うございました!

TOPへ

学院長講演 -有田小学校-

2012年2月27日更新

本校学院長の毛利は現在、PTA、教育委員会、学校、地域などからの依頼を受け、「教育」「子育て」に関しての講演をさせていただいていますが、この2月23日(木)には、自身がPTA会長を務める有田小学校で、卒業年度生を対象に「夢に向かって」と題しての講演を行いました。
同講演には本校在校生の関真由子さん(高校コース3年・ヴォーカル学科)、藤川美歌子さん(高校コース2年・ヴォーカル学科)の二名が歌を披露。小学生たちは目を輝かせながら歌や話に聞き入り、中には涙している生徒さんもおられました。
有田小学校6年生の皆さん、これからも大きな夢に向かって頑張って下さいね!!

※ 学院長へ講演依頼がある方は、以下の申込みページよりお申込み下さい。
http://www.cs-music.jp/form/form.php?kind=k

<終了後のアンケート>(一部)
■ ぼくは今回の話しを聞いて自分の夢をかなえるためには、すなおな心とチャレンジすること、それにまわりの人たちの助けがあってはじめてできるのだと思いました。
■ わたしは夢は必ず叶うということを学びました。今まではいろいろと不安な気持ちでした。でも今日の話しを聞いて自信がもてました!
■ 人間だれしも無限の可能性をもって、不可能はないと感じました。これからもあきらめずにがんばっていこうと思います。
■ 歌でこんなに感動させることができるんだと思いました。

TOPへ

東南アジアの青年たちとの交流会開催!

2012年1月13日更新

平成24年1月10日(火)に公益財団法人オイスカとC&S音楽学院で交流会が開催されました。

オイスカは、1961年に日本を本部とし設立。現在、主にアジアを中心とした29カ国の国と地域に組織し、農村開発や環境保全活動を展開しています。各国の青年が地域のリーダーとなれるよう研修を行い、研修を修了した各国の青年は、それぞれの国で農村開発に取り組んでいます。
交流会では、まずC&S音楽学院の生徒代表数組がステージを披露。生演奏のド迫力に驚いたり、リズムを刻み全身で音を楽しまれている方などがいて、興味深く演奏・歌を聴かれていました。
続いて、オイスカ研修生18名によるパプアニューギニアの「バンブーバンド」という竹で作った楽器を、ビニールサンダルで敲き、音を奏でながら全員で合唱を二曲披露して頂きました。
最後に、質問会が行われ、いろんな質問が飛び交い、とても楽しい雰囲気で交流会が終了しました。

今回の交流会で生徒たちからは「音楽は国を超えて世界共通であることがすごく分かった」「音を楽しんでいる様子がすごく分かり、こちらまで楽しくなってきた」などの声もあり、有意義な2時間の交流会でした!!オイスカの研修生の皆さん、ほんとうにありがとうございました!祖国に帰られても頑張って下さいね!!

TOPへ

平成23年度 保護者会開催

2011年12月1日更新

10月10日(月)に2・3年次、11月27日(日)は1年次の保護者を対象に保護者会が開催されました。
生徒の学校での様子、家庭での様子をテーブルに乗せて、どうすればその生徒にとって今一番良い環境を作れるかを協議、併せて保護者どおしの連携の場として有意義なひと時となりました。
まずは今年の夏、学校教育法第55条に基づき、本学院が福岡県教育委員会から認可を受けた教育施設(技能連携校)になった旨をクラーク記念国際高等学校の山下キャンパス長からご説明させて頂きました。
それから、生徒の学校での様子や学習状況を学校から、家庭での様子を保護者からと情報交換をひとりひとりの生徒別に細かく行いました。
終了後は、「日頃悩んでいたことは自分だけではなく、他のご家庭でも同じ悩みを持っていたことを知り、安心しました」という意見や、「毎日これが出来ていない、あれも出来ていない・・・と次から次に追いうちをかけていた自分に反省しました。これからはこれが出来た、これも出来たと、息子の良いところに目を向けていきたい」など、「もう一度子育てのスタートに立てた想いがしました」との声も多く、子供たちのために今大人たちに求められているのは何なのかを保護者のみなさんと一緒になって考え、いろんなことを学べた保護者会となりました。
ご参加いただきました保護者の皆さま、ありがとうございました。

その他、アンケートの一部を紹介します。
■とても勉強になりました。親は子どものお陰で学び、成長出来ているということを、とても強 く感じました。
■原点に返る。子どもに寄り添う。ここに来ればいつもそう感じます。
■1年の保護者会では“悩みの共有”を、今回の保護者会は“前向きに進む元気”を頂けたように思います。
■娘が健康で産まれてきてくれた事が何より親孝行だと改めて感じました。
■毎回保護者会に参加する度に、私自身も成長させてもらえているんだと感謝しています。

TOPへ

第11回 文化祭

2011年11月14日更新

平成23年11月6日(日)に第11回目となる文化祭「CS際」が開催されました。
企画、運営の全てを生徒たちが手作りで作り上げる文化祭。今年も夏前に実行委員会を結成、今回の実行委員長はヴォーカル学科3年の石田夢さん、その他17名の実行委員で出発しました。何度も話し合いをし、今回のテーマは「笑うCS~power of music~」 “音楽の力で、自分たちは勿論、来て下さった方々に笑顔になって欲しい”との気持ちがこもったテーマとなりました。前日祭も大盛り上がり、明日の大成功をみんなで誓い合いました。そんな中、今回は10月26日付けで「朝日新聞」、11月5日付けで「西日本新聞」に新聞掲載もされて、迎えた当日・・・

雨が降ったことで来場者数を心配する中、朝から多くのお客さんが足を運んでくださいました。10時から夜の7時まで行われたメイン・ライブには60組がエントリー、日頃の努力の成果を堂々と披露しました。また各部屋では数多くのイベントが行われ、飲食コーナーの焼きそばも完売、生徒が事前に自主制作した映画の上映やフリーマーケット、大輪投げなどのゲームコーナー、CS思い出写真館、コスプレ喫茶などなど、賑やかな一日があっという間に過ぎていきました。
来客数はおよそ250名、多くの笑顔がCS中に溢れました!!
全てが終了し、本校ディレクターから、「音楽に向かう姿勢、表現しようとする気持ち、きわだつ個性など、これまでで一番良い文化祭でした」との感想が伝えられると、全員の喜びが爆発。実行委員は大成功で終えられたことへの安堵感や達成感、またある生徒は思うように演奏できなかった、歌えなかった悔しさ、そして多くの生徒が共に作り上げて大成功した喜び等々が入り混じり、涙・涙・涙・涙の感動的な一日となりました。
生徒のみんな、大成功本当におめでとう! そしてお疲れ様でした!

TOPへ

平成23年度 自然教室

2011年7月27日更新

7月20日、21日の1泊2日で毎年恒例の夏の自然教室が、福岡県糟屋郡にある森林に囲まれた自然豊かな福岡県立社会教育総合センターで行われました!
今年で4回目を迎える自然教室は、希望者のみの参加であることから生徒27名、スタッフ6名でスタート。

初日、まずはスポーツ大会!
男女で分かれてドッジボールとバドミントンを行い、その後一緒にソフトバレーを行いました。真剣勝負のスポーツ大会は、大変な盛り上がりをみせ、気持ちの良い汗をみんなで流しました。
続いては野外炊飯!
協力し合って作ったカレーは、自然教室の回数を重ねるごとに“スープカレー”から“トロトロカレー”へ出来栄えも良くなり、格別美味しかったです!!
初日の最後を飾るイベントはナイトハイクという名の・・・“肝だめし”!!
施設裏山を懐中電灯片手に30分間歩き、生徒オリジナル仕掛けでみんなも「キャー!」「オーッ!」と楽しくも怖いイベントとなりました!

その後少し早めの就寝時間、なかなか寝付けず二時間程「コソコソ・・・ヒソヒソ・・・」と小さな話し声が聞こえていましたが、やがて静かな寝息と変わりました。

21日(木)朝、あいにくの霧雨だったことから、日の出を観に行くことはあきらめました。
さて、二日目のメインイベントはスコアビンゴ!
裏山に数多く隠された数字とひらがなが記入されたカードをチームごとに捜索!!山道を2時間、カードを探し歩き、みんな足がフラフラになるまで頑張っていました。

こうしてあっという間に1泊2日の夏の自然教室は終了しました!
みんなくたくたになったけど、本当に楽しかったね!また来年も行こう!!

TOPへ

平成23年 新入生保護者会

2011年6月16日更新

平成23年6月5日(日)に新入生の保護者会が行われました。 入学して2ヶ月が過ぎたところでの保護者会は、新しい環境で過ごす子供たちの家庭・学校での状況を持ち寄り、力を合わせて子供たちにとって最高の環境を作ることを目的に、この時期に毎年開かれますが、中には「中学で不登校になったわが子が、別人のように笑顔で毎日学校に行っていることが嘘のようで夢を見ているよう」と涙ながらに語られるお母様もおられました。 また、家庭ではなかなか見ることのできない、頑張っている様子を聞いて安心された保護者の方や、子供との関わり方で悩まれているお母様のお話しなど、様々な喜びや悩みそして励ましが行き交った保護者会となりました。

人生で一番難しい仕事である子育てを、ここC&S音楽学院で、ご家庭と学校とが目標を共有し、一緒になって子育てをしていくということを、確認し合える有意義なひと時となったのではないでしょうか。
ご参加いただきました保護者の方々、本当にありがとうございました。

<終了後のアンケート>(一部)
■他のお母様たちと共感できることが多く、みんな同じ想いなんだなと改めて感じました。子供がこれからどう変わっていくのか楽しみです。
■様々な家庭環境の中で子供たちは一生懸命生きているのだと感じることができました。親の方も我が子の為に必死で今日までこられたのだと感動することが多かったです。
■みなさん、いろんな経験をしてきた方ばかり、たくさんの話しを聞いて、自分の家庭で息子とのつきあいを考えさせられる話しが多かったです。

TOPへ

平成23年度 新入生歓迎会・歓迎Live

2011年5月13日更新

平成23年4月28日(木)に福岡市動植物園にて「新入生歓迎会」が、平成23年5月2日(月)に本学院にて「新入生歓迎Live」が行われました。

入学式同様、今回の両イベントも3月から新入生歓迎実行委員会中心に進められてきました。
まず、「新入生歓迎会」は福岡市平尾にある、小高い丘の上に福岡の街を一望できる福岡市動植物園にて行われました。事前に実行委員会が考えた、チーム対向ゲームを進めながらの楽しい企画がいっぱいで、新入生も笑顔が絶えない一日となりました。

そして、「新入生歓迎Live」では、在校生による歓迎の意が込められたLiveが行われ、新入生たちも先輩たちの歌や演奏に感動し、終了後も興奮がなかなか冷めない様子でした。

入学してきた新入生たちも同イベントを通し、在校生とも仲良く、親しみが持てたと感じておりました。
新入生歓迎実行委員会の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

TOPへ

東日本大地震支援の会 募金報告

2011年5月10日更新

2011年3月11日、東日本を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災。
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

毎日のように流れる被災地の映像を見て、「自分たちにも何か出来ることはないか」と考えていました。
その数日後、C&S音楽学院の有志で東日本大震災支援の会を結成し、4月16日までに計2回、天神にて募金活動を行いました。

有志全員、初めての募金活動で緊張していましたが、温かい応援の言葉や人の思い遣りの心に触れることができ、呼びかけの声も自然と大きくなっていきました。小さい子供が財布ごと募金してくれた時は、本当に感動しました。このような、一人ひとりの思いやりが、一日も早く被災地の方々へ届くことを願っています。

なお、以前チャリティーライブなどで募金させて頂いていた「中国僻地への募金」を、この度の大震災への募金に充てさせて頂きました。多くの皆様から、心温まるご支援を頂き、募金金額合計257,245円の募金が集まりました。

集めさせて頂きました募金は、4月20日に日本赤十字社を通じて被災地に寄付させて頂きました。

ご協力頂きました皆さまには、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

TOPへ

平成23年度 入学式

2011年4月18日更新

平成23年4月15日(金)にC&S音楽学院 第11期生として新入生が入学してきました。九州各県はもとより遠く山梨県や長野県から入学した生徒もいて、高校コース20名、音楽専攻週5日コース5名の合計25名の生徒たちが新しいスタートを切りました。

式典では、まず学院長の毛利より「人間は自分の理想の方向へ、自分の意思で必ず変えていける。今日から共に頑張っていきましょう!」との式辞があり、次にクラーク記念国際高等学校福岡キャンパスの山下キャンパス長よりお祝いの言葉が贈られました。
続いて新入生を迎えるこの日のために学内の装飾や歓迎会の準備等進めてきた在校生を代表して高校コース・アーティスト学科3年の清崎梓さんがお祝いを述べたあと、ヴォーカル学科3年の岩本茂信くんがバンドメンバーと共に歓迎のLiveでしめてくれました。

11期生の皆さん、皆さんが入学してくるのを、在校生と共に楽しみにしていました。 これから一緒に、頑張っていきましょう!
ようこそC&S音楽学院へ!!!

TOPへ

平成22年度 卒業式

2011年3月11日更新

平成23年3月6日(日)に平成22年度卒業式が本校にて行われ、高校コース25名、音楽専攻週5日コース3名、合計28名の生徒がここを巣立っていきました。
学院長式辞、クラーク記念国際高等学校福岡キャンパスの山下キャンパス長の来賓祝辞のあと、毛利学院長より、卒業生一人ひとりに手書きのメッセージとともに、卒業証書が手渡されました。
入学時は、長い不登校経験から不安そうにしていた生徒や、突っ張って先生とぶつかっていた生徒たちが、驚くほど素直になり、また自信にあふれ、ステージから保護者に、講師の先生たちに、そして共に思い出を綴ったかけがえのない仲間たちへ感謝の言葉を涙ながらに述べていきました。
その成長した姿に保護者も講師も、卒業生も在校生も「こんな卒業式見たことない!」と、会場全体が涙するような感動の式典となりました。

「送辞」は高校コース・ヴォーカル学科2年の関真由子さんが、お世話になった先輩たちへ感謝の想いを込めた歌を贈り、「答辞」は、この3年間無遅刻・無欠席で過ごした高校コース・ギター&ベース学科の古賀創平くんが、後輩たちへの最後のメッセージ、そしてこれからの決意を、卒業生を代表して述べておりました。
その後、今年卒業する映像部の部長が、写真部と共作した映像が上映され、思い出のシーンがスクリーンに映し出されるたびに懐かしい笑いに会場は包まれました。 最後は高校コース・アーティスト学科の西川星斗くんのお母さんより謝辞をいただき、感動の式典が終了しました。

さて、卒業式の後は恒例の「卒業LIVE」。
こみ上げてくる感情を「音」に乗せて20組がC&S音楽学院での最後のステージを繰り広げました。保護者の方々・後輩たちも遅くまで残って一緒に別れを惜しんでくださいました。
卒業生の皆さん、保護者の皆さん、ご卒業誠におめでとうございました!
皆さまのこれからの更なるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

TOPへ

第10回 C&S音楽学院音楽祭 開催

2011年3月11日更新

平成23年2月26日(土)・27日(日)の二日間にわたり、第10回音楽祭がC&S音楽学院にて開催されました。今回の音楽祭から生徒たちによる実行委員会を中心に企画・運営を行うことにして準備を進めてまいりました。
実行委員長として久松沙希さん(高校コース・ヴォーカル学科2年)、副実行委員長としては羽野琴音さん(高校コース・ドラム学科3年)・石田夢さん(高校コース・アーティスト学科2年)の3名が中心となり、打ち合わせを重ね、さまざまな問題をクリアしながら音楽祭当日を迎えることが出来ました。
今回の出演数は61組(ソロ31組、バンド・ユニット30組)で、二日間、四部制での開催となりました。ソニーやビクターといったメジャーレーベルの方も駆けつけてくださり、生徒たちも心地よい緊張感の中で、楽しく自己表現が出来ていたように思います。  また今回は、部活紹介のコーナーを設け、ダンス部、アコースティック・ギター部、電波(アニソン)部、映像部、写真部などがそれぞれの活動紹介と併せて演奏や、ダンスを披露してくれ、音楽祭を大いに盛り上げてくれました。

遠くは九州外の石川県や兵庫県から足を運んで下さった保護者の方々や、友人・知人の皆様、有難うございました!
昨年から夜遅くまで練習や打合せをしてきて、素晴らしい音楽祭をつくり上げてくれた生徒のみんな、お疲れ様でした!
また、卒業生にとってはCS最後の学校行事であり、思い残すことのない充実した2日間になったようです。みんな、みんな、本当にお疲れ様でした!!

TOPへ

第10回 音楽祭 告知!!

2011年2月16日更新

生徒たちの一年間に渡るレッスンの成果を発表する場として、本校にて「第10回音楽祭」を二日間で開催致します!

もちろん入場無料、どんな方でも来場OK!!是非、遊びにきてくださいね!

詳細は以下、参照下さい。

日時:2月26日(土)、27日(日)
    OPEN 10:30 CLOSE 18:00(予定)
場所:C&S音楽学院 4Fホール

TOPへ

始業式

2011年1月11日更新

1月11日(火)に本年のスタートとなる始業式が行われ、生徒たちは久しぶりの再会を喜び、笑顔でいっぱいの始業式となりました。
卒業を間近に迎えた3年次は卒業式までの目標を、そして他の在校生は一年後の自分を想像しながら目標を決め、新しい決意で出発を切った一日となりました。

今年もみんなで最高の一年にしていこう!!

TOPへ

高校コース 後期試験

2010年12月22日更新

12月18日、19日の二日間で高校コース後期試験がクラーク記念国際高等学校薬院校で行われました。
前日、夜遅くまで勉強していたのか、みな眠たそうな顔で受験しておりました。
試験終了後は、「終わったー!!」との声とともに、達成感に満ち溢れた表情で会場を後にしていました。
みんな本当にお疲れ様でした!ゆっくり休んで下さい。

TOPへ

平成22年度 第二回保護者会

2010年12月14日更新

昨年に引き続き、保護者のご要望もあり、本年二回目となる保護者会を、10月3日に二年次、12月12日に一年次対象で開催しました。
二年次保護者会は卒業後の進路に向けての説明と今後のスケジュールの確認を主に行い、一年次保護者会は入学して8カ月が経った今、これまでの成長とこれからの課題をお一人お一人と、じっくりと話しをすることが出来ました。
日頃悩んでいたことは自分だけではなく、他のご家庭でも同じ悩みを持っていたことを知り、安心された表情を見せる保護者が多く、思春期の子どもを持ち、子育ての悩みを共有する者同士の連帯感さえ感じられる保護者会となりました。

以下終了後のアンケートになります。

・今日は沢山の保護者の方のご意見を聞くことができ、みなさん同じ気持ちなんだと感じ、私ももっと娘と一緒に頑張ろうと思いました。
・こどもが親に見せる姿と、学校で見せる姿がよく分かり、お話を聞けてとてもよかったです。
・最近「産んでくれてありがとう。お母さんもおばあちゃんから産まれてきてくれてありがとう」と言ってきました。こどもの成長が何より嬉しく感じます。
・こどもを心配する親の気持ちは、どのご家庭も同じで共感できる部分が多かったと感じます。

TOPへ

第10回 文化祭

2010年11月25日更新

第10回目となる文化祭、題して「CS祭」が11月7日(日)に本学院にて賑やかに開催されました!
今回の実行委員長はアーティスト学科3年生の西川星斗君、副実行委員長にはドラム学科3年生の羽野琴音さん、アーティスト学科2年生の石田夢さん達が務めました。実行委員会も13名で構成され、本年夏から企画の検討を進めてきました。

企画・制作・運営とすべて生徒が一から十まで作り上げる文化祭。途中何度も挫けそうになったようですが、皆で協力し合い、様々アイデアを出し合ってきました。生徒全員が同じ想いに立つためにと、実行委員は文化祭決起会を行ったり、予告DVDを作成したりと苦心しながら当日を迎えたのです。

この日は朝早くから多くのお客様が足を運んで下さり、10時にスタートしたメインライヴは19時までにソロありバンドありの65組が出演。エンディングには大変な盛り上がりを見せました。
また部活紹介もあり、「アコギ部」がアンサンブルを披露。「ダンス部」はオリジナルダンス。「映像部」は何カ月も前から制作した映画の上映。「電波部」が劇を披露しました。
その他、各部屋では様々なイベントが行われ、楽器の楽しさを体感できる「楽器体験の部屋」や、「コスプレ喫茶」、その他「フリーマーケット」「占い」「CS写真展示会」等がありました。ロビーの「飲食コーナー」では、焼きそばやフランクフルトが好評で、多くの方が「美味しい、美味しい」と賑わっていました。

すべて終了した後の「お疲れさん会」では、全員が文化祭の大成功を喜び、協力に感謝し、中には涙する生徒もいました。

生徒のみんな、本当におめでとう。そしてお疲れ様でした!また来年の文化祭も楽しみにしてるよ!!

TOPへ

ジャパン・ファイナル出場決定!

2010年11月1日更新

本校音楽専攻コースの井手賢志郎くんと前川加寿夫くんのユニット「M.I.K」が第4回 Music Revolution ジャパン・ファイナルに出場することが決定致しました!!
ジャパン・ファイナルは11月14日(日)に東京「HARAJUKU QUEST HALL」にて開催されます!
本校生徒としては4度目のファイナル出陣!!
初のファイナル・グランプリに向けて頑張ってほしいと思います!!

TOPへ

第10回 C&S文化祭予告DVD

2010年10月21日更新

いよいよ目前(2010年11月7日)に迫った、「第10回C&S文化祭」!!
先日行われた文化祭決起会の中で上映された、実行?委員会が制作した予告DVDです。

是非ご覧ください!!
http://www.youtube.com/user/CSmusicschool#p/u/5/WjNiDHZFXRQ

TOPへ

C&S音楽学院 開校10周年記念コンサート 開催

2010年9月1日更新

平成22年8月21日(土)、開校10周年を記念して「C&S Music School 10th Anniversary Live」が天神・岩田屋本館7階NTT夢天神ホールで開催された。
主催は高校コース第1期生の佐田麻美が中心となり、各卒業年度生たちと作った実行委員会である。
当日の会場はさながら同窓会。結婚して子どもと一緒に参加した生徒、CS生同士で結婚したカップルも。久々にお会いする保護者の方々も交え、皆が懐かしい思いにひとしきり浸ったところで開演となった。
ステージは、東京から駆けつけてくれた3期生の手嶌葵さんや4期生のNOBU!!!の他、卒業後も音楽活動を続けるメンバー、各学年代表の9組が歌ってくれた。そのクオリティの高さに今更ながら感心をしていたのだが、今期から本校講師として指導にあたっているヒミコ先生がお披露目と、オリジナル曲を披露。さすがのステージングを見せ付けた。
最後は、本校では唯一高校コース出身でヴォーカル講師となった佐田麻美が感謝の気持ちを歌に乗せてフィナーレを飾った。
これから新しい10年に向かってCSはスタートする!

TOPへ

井手賢志郎くんがMR「ヨシダ楽器イオン香椎浜店大会」でグランプリ獲得!

2010年8月18日更新

本校音楽専攻コースの井手賢志郎くんが、YAMAHA主催The 4th Music Revolutionの「ヨシダ楽器イオン香椎浜店大会」で、見事グランプリを獲得しました。
井手賢志郎くんは10月3日(日)DRUM LOGOS で開催される、「九州ファイナル」に出場することになります。

本校学内本選会でグランプリを獲得したRide Line(2010年7月27日更新ニュース参照)と共に頑張ってほしいと思います。

TOPへ

The 4th Music Revolution C&S音楽学院学内本選会

2010年7月27日更新

YAMAHA主催の「The 4th Music Revolution」が今年も始まりました。
23歳以下のアマチュアミュージシャンなら誰でも参加する事ができる「MR」。音楽ジャンル、演奏スタイルは自由で、昨年の「The 3rd Music Revolution」では全国約200会場で予選大会が開催され、総計5500組がエントリーをしました。
さて、今回もその予選会場の一つとなっているC&S音楽学院では、7月12日から学内大会を開催。予選が7月12・13・14の3日間で行われ、25組のエントリー。7月16日の学内本選は14組で競うことになりました。
そして見事グランプリを獲得したのは、和田俊介君(高校コース3年)が代表を務めるバンド「Ride Line」で、楽曲は彼が作詞作曲した「never forget」でした。
Ride Lineは10月3日(日)にDRUM LOGOS で開催される、「KYUSHU FINAL」に出場することになります。
当日はみんなで応援に行こう!行こう!行こう!

C&S音楽学院 学内本選会の結果は以下の通りです。
■グランプリ
Ride Line(関真由子Vo・和田俊介Gt・石川喜朗Gt・谷川祐輔Ba・木下亮介Dr)「never forget(オリジナル)」
■入 賞
あめだま(福田由那Vo・大野竜汰Ag)「Last Song」
竹本飛鳥「フレンズ‐君の記憶のなかの僕‐」

TOPへ

平成22年度 自然教室

2010年7月26日更新

「今年も暑い夏がやって来た!そう・・・暑い夏と言えば・・・自然教室!!」ということで、今年も7月21日、22日の一泊二日で自然教室がありました。
今年で3回目となる自然教室は、昨年もお世話になった綺麗な海が印象的な「海の中道青少年海の家」。雲一つない晴天の下、生徒23名、スタッフ5名の合計28名でスタート!

☆まずは薪割りから始まった「野外調理」。それぞれの役割を分担して、協力して作った「カレー」はいつもより美味しく感じました!ただ・・・手際が良かった事で早めの夕食となり、夜お腹が空く生徒が続出するのでは!?と心配しました。
☆早めの夕食後は、恒例の「キャンプファイアー」。・・・どこから現れたのかトーチに火を灯した「森の神?」が出て来て「キャンプファイアー」がスタート!みんなで炎を囲んで、楽しく面白く5班に分かれて出し物披露。弾き語り、手品、ダンス、お笑い等々、笑いが絶えない時間となりました。
その後は初日の汗を流し、ゆったりとした夜の時間。テンションが高くなり、はしゃいでいた生徒たちは、昨年同様、朝方まで寝付けない(寝ようとしない)のか!?と思いきや、はしゃぎ過ぎたのか、ほとんどの生徒が早い時間からスヤスヤと気持ちよさそうに寝ておりました。

☆二日目早朝、これまた恒例の「日の出」を観照。「出てきた」「うわぁー綺麗」その言葉通りの赤々とした真ん丸な太陽が顔を覗かせました。
☆眠たい目を擦りながら、午前中は「ペットボトルロケット大会」。各班で作ったペットボトルロケットを海岸で飛ばして、距離を競いました!
☆そして、最後は「スポーツ大会」。バドミントンとバレーを、チーム対抗戦で競い合い、悔しさあり、楽しさあり、笑顔あり、そして喜びに満ち溢れたスポーツ大会となりました。

こうして一泊二日の自然教室は無事終了。「楽しい思い出を作れた」「また来年来たい」と、生徒たちにとっても満足いった自然教室となったようです!

TOPへ

「C&S音楽学院 開校10周年記念コンサート」

2010年7月15日更新

2001年4月に荒江の地に開校した本校も今年で早10年目を迎えます。これまでさまざまな生徒が南は沖縄、北は青森からやって来ました。四国や北陸の子もいました。不登校だった子、やんちゃな子、そして夢を抱いて入学し、その夢を叶えた生徒もいました。今回10年というこの節目に、卒業生の有志が主催してアニバーサリーコンサートを開催してくれることになりました。当日はプロデビューしていった卒業生も東京から駆けつけて歌ってくれることになっています。
詳しくは以下のとおりです。興味のある方は是非ご参加ください。ご来場をお待ちしております。

                           記

1.日 時  平成22年8月21日(土)
        14時:開場  15時:開演

2.会 場  NTT夢天神ホール
        (天神・岩田屋本館7F)

3.入場料  1000円

4.主 催  C&S Music School 10th Anniversary実行委員会
        実行委員長 C&S音楽学院 一期生 佐田麻美

5.問い合わせ先 C&S音楽学院 ℡ 092-834-1200
                      E-mail info@cs-music.jp

TOPへ

学院長講演

2010年6月30日更新

平成22年6月17日、「福岡市養護教諭研究会全体研修会」が早良区の教育センターで開催され、福岡市の小・中学校の養護教諭(保健室の先生)約240名を前に、本校の毛利学院長が「子どもたちは私たちの未来だ」というタイトルで講演を行いました。
講演では今年10年目を迎えた「C&S音楽学院」で、これまで出会ってきた不登校経験者やさまざまな問題を抱えた生徒たちとの音楽を通した関わりを紹介しながら、「多くの場合問題は子どもたちにあるのではなく、我々大人の方にある。だから大人が変われば子どもは変わる」「問題は山積し、どこから手をつければいいのか誰もが迷っているが、『教育からはじめればいい』私はそう思うのです。なぜなら、私が日々接している15歳の子どもも、あと15年すれば30歳となり、日本の中核を担うのです。もし、目の前の子どもたちが周りの人にとって、社会にとって、より良い存在に育つことが出来るなら、たったの15年で日本は変わることが出来ると思うからです」と結んだ。
講演の中では、自身が受けた「いじめ」の体験を歌にし、全国で「いじめ74(なし)ツアー」を展開しているシンガーのルミカ(2009年エイベックスよりデビュー)がこの日のために東京から駆けつけてくれ、その歌は多くの参加者の感動の涙を誘った。

※学院長講演動画はこちらから
http://www.youtube.com/user/CSmusicschool#p/u/4/sOMKwl6Kdv4

<終了後のアンケート>(一部)
□子どもたちの可能性や今必要なことを再認識させてもらいました。
□自分自身の見方、考え方、子どもたちとの接し方、今日のお話を活かせるように意識していたいと思いました。
□子どもたちが表現していることではなく、子どもたちが背負っていることを話せるような関係を作ることからはじめようと思いました。
□ルミカさんのいじめのお話も本当に心が痛みました。生徒たちのことを考えて、これからも頑張りたいと思いました。
□今日午前中に保健室で関わってきた子どもと重なり胸があつくなり涙が止まりませんでした。企画してくださった役員の方々に感謝します。有難うございました。

TOPへ

平成22年 保護者会

2010年6月11日更新

5月30日(日)に2・3年次、6月6日(日)に新入生の保護者会を行いました。
2・3年次の保護者会では、2年生の保護者の発言に3年生の保護者が「昨年の今頃は私も同じ悩みを持っていました。しかし大丈夫です!一生懸命頑張っている子供たちを信じてあげてみてください。」など保護者同士の間で励ましの声が出て、参加された多くの方が「我が家だけが悩んでいた問題ではないんだ」と安心されたようです。
そして新入生の保護者会では、新しい環境を迎えての子供たちの成長、変化を話し合いました。中には小学校から不登校だった我が子が今では無遅刻、無欠席で明るく楽しく学校に行く様子を見るとき、毎日が“奇跡”であり毎日が“感動”の連続であると涙を流しながら語られるお母様もおられました。
人生で一番難しい仕事である子育てを、ご家庭と学校とが目標を共有し、一緒になって子育てをしていくということを、確認し合える有意義なひと時となったのではないでしょうか。
ご参加いただきました保護者の方々、ありがとうございました。

<終了後のアンケート>(一部)
■家での親子関係のモヤモヤを、この保護者会で晴らす事が出来ます。気持ちをリセットして帰り道、夕飯はあの子の好きな物にしよう! 早く帰ってあの子の笑顔が見たいなと思いました。
■2・3年合同で卒業を控えた保護者の方の想いを聞くことが出来とても良かったです。
■今日は又ひとつ胸のくもりが晴れたようです。参加できて良かったです。
■保護者の方々の思い、先生方のお話、とても良い勉強になりました。昨年の今頃は通学・友達のことなど不安な事が多く顔色も悪かったのですが今は友達の事を話す息子の顔はイキイキして生命力があふれてるように感じます。
■今日はとても良い時間を皆さん達と過ごせたと思っています。自分だけの悩みだと思っていた事がたくさん話しを聞かせて頂いて色々な事があるんだなと思い、うちの事なんか小さな事、明日から元気に学校に行ってくれるのを楽しみにして家でも本人とたくさん話しが出来たらなと思います。
■音楽の持つ偉大さを改めて感じる事が出来ました。

TOPへ

平成22年度 新入生歓迎会

2010年5月6日更新

平成22年4月30日(金)に今年度の新入生を歓迎し、親睦を深めることを目的として、福岡市動植物園にて「新入生歓迎会」を行いました。
今年は天候が不順だったので屋外のイベントは心配だったのですが、晴れわたった青空の下、萌えるような新緑の中で一日楽しく過ごすことが出来ました。
「クイズ」の答えを探しながら、新入生・在校生が一緒になって園内を駆け回り、あちこちで歓声が絶えることはありませんでした。
入学して約半月、ようやく新しい環境に慣れ始めた新入生たちの成長をわれわれスタッフも応援していきたいと思っています。

TOPへ

平成22年度 入学式

2010年4月20日更新

平成22年4月15日(木)13時より今年度前期生の入学式が行われました。
今年度は福岡・佐賀・長崎・熊本から17名の新入生が集い、新たなスタートを切りました。

式では学院長の毛利より「ここC&S音楽学院で音楽のトレーニングを通しながらどんな困難にも負けない自分を築いていこう」との祝辞があり、高校コース提携校のクラーク記念国際高等学校からは福岡キャンパス山下キャンパス長が「C&S音楽学院とも10年の歴史を共にしてきました。福岡で教育的提携を結んでいる唯一のサポート校であるC&S音楽学院で音楽とともに勉学も頑張って下さい」と、お祝いの言葉を贈ってくださいました。

在校生田中彩さん(音楽専攻週5日コース)からは歓迎の言葉、川嶋宗士君(音楽専攻週5日コース)・関真由子さん(高校コース)・久松沙希さん(高校コース)によるLIVEでにぎやかに入学式の幕を閉じました。

在校生、そして私たちスタッフも待っていた10期生の皆さん、これから一緒に音楽を通して頑張っていきましょう!!

TOPへ

公立高等学校の授業料無償化・高等学校等就学支援金制度がスタート!

2010年4月14日更新

高等学校等就学支援金は、家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生などが安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、国の費用により、授業料に充てるために私立学校等の生徒に支給されるものです。

C&S音楽学院・高校コースの生徒につきましては、通信制高校(クラーク記念国際高等学校)の授業料に対し、1単位あたり4,812円支給されます。

(例)25単位履修の場合4,812円×25単位=120,300円支給されます。また、保護者の市町村民税の所得割額の合算が18,900円(年収350万円未満程度)に該当する場合には就学支援金が加算され、通信制高校の授業料は無償となります。

TOPへ

平成21年度 卒業式

2010年3月15日更新

平成22年3月7日(日)に平成21年度卒業式が行われました。
高校コース18名、音楽専攻週5日コース3名、合計21名の卒業生が保護者と共に晴れの日を迎えました。
式では学院長の毛利より、一人一人に手書きのメッセージとともに卒業証書が手渡され、高校コースの卒業生に関しては提携校であるクラーク記念国際高等学校、福岡キャンパスの山下キャンパス長より高校卒業証書も同時に授与されました。
その後、卒業生が入学してきてからの「思い出DVD」が上映され、中には感情を抑えきれず涙する生徒もいました。
「送辞」は高校コース2年の南部智也くん、羽野琴音さんよりお世話になった先輩への感謝とこれからの活躍を祈る言葉が贈られ、「答辞」では高校コースの森ゆめなさんが、後輩たちの想いに答える誓いと、関わってくれたすべての人たちへの感謝の言葉を涙ながらに述べられました。
今回の卒業式で感じたこと・・・それは卒業生一人一人が親への感謝、そしてお世話になった方々への感謝を伝えたいとの、「ありがとう」が飛び交う、心温まる雰囲気であったということ。
卒業式の後、恒例の卒業LIVEが行われ、目一杯楽しみながらこれまでの学院生活を締めくくりました。

卒業生の皆さん、保護者の皆さん、ご卒業誠におめでとうございました。皆さまのこれからのご活躍、心よりお祈り申し上げます。また、いつでも学校に来てくださいね!!

TOPへ

第9回 C&S音楽学院音楽祭 開催

2010年3月1日更新

平成22年2月27日(土)、28日(日)の2日間に渡って、第9回「音楽祭」がC&S音楽学院にて開催されました。今回は出演者が73組(ソロ36組、バンド・ユニット36組、ダンス1組)と非常に多かったため、初の2日間に渡っての音楽祭となりました。
初日は15:30より1部、2日目は3部構成で11:00~19:00までと、延べ10時間近くに渡ってのLIVEです。
まず第一部は今年度入学生が中心となっての演奏でした。多くの観客を前に緊張した生徒も多かったようですが、家族や友人に日頃の練習の成果をなんとか披露できたのではないでしょうか。
2日目、三部の冒頭にはプロスキーヤーでもあり冒険家でもある本校高校コース提携校のクラーク記念国際高等学校校長、三浦雄一郎先生がご来校され、「私は世界初の70歳でのエベレスト登頂に挑戦するため、日々トレーニングに励んでいます。皆さんも夢をあきらめず、努力して、必ず実現してください」と生徒たちを激励してくださいました。
四部にはビクターエンタテインメント、ソニー・ミュージックアーティスツ、よしもとアール・アンド・シーといったメジャーレーベルのプロデューサーが「オーディションではなく、普段の生徒さんの演奏を聞きたい」と東京から駆けつけてくださいました。
卒業生にとってはCS最後の学校行事であり、思い残すことのない充実した2日間となったようです。「お疲れさん、また一緒に演りましょう!」

TOPへ

Music Revolution Song Contest C&S音楽学院学内大会

2010年2月12日更新

これまで夏に開催されてきた「Music Revolution」は、前身が「TEENS' MUSIC FESTIVAL」であり、名前のとおり10代限定のフェスティバルでしたが、今回は「Song Contest」、つまり楽曲メインのコンテストであり年齢制限が取り払われたことから、本校の卒業生もエントリーできることになりました。
かねがね「卒業後もライヴハウス等で精力的に活動を続けるメンバーに、何かきっかけとなる場を提供したい」との思いもあり、この機会に呼びかけたところ、2月5日(金)29組、38名がC&S音楽学院に集合、学内大会が行われることとなりました。
主催者のヤマハさんからは、「これだけの質をもってこれだけの数がそろう学校ってそうそうないですね」とお褒めの言葉もいただき、日頃のトレーニングの成果を競い合いました。
そのつわものたちの中から見事グランプリを射止めたのは、平成20年卒業生、中嶌円香さんの「水玉枕」でした。中嶌さんは3月28日(日)にDRUM LOGOS で開催される、「FUKUOKA FINAL」に出場することになります。
学校の代表として頑張ってきてください!
その他、入賞は以下のとおりとなりました。

■入 賞
  Justy「My Friend」
  山本愛佳 「追憶」
  三登真由加 「小さな願い」
  森山峻宏バンド「フォルム」
  (森山峻宏Vo、岩本拓洋Gt、川越拓摩Ba、吉田棟磨Dr)

TOPへ

平成21年度 第二回保護者会

2009年12月1日更新

本年5月、6月に行われた保護者会にて、保護者の方から「年度内にもう一度、開催してほしい」とのご要望を受け、11月22日(日)に2年次、11月29日(日)に1年次の保護者会を開催いたしました。
2年次の保護者会では学校から主に「進路」についての説明を行い、卒業までのスケジュールを確認、1年次の保護者会では「高校学習」の状況報告と併せ学校・家庭での生徒の様子等の情報交換を行いました。
我が子の成長を喜ぶ声や、なかなか思うようにいかない子育てに悩む声等々、お一人お一人じっくりとお話を伺いましたが、悩みを打ち明けるお母さんに、「大丈夫ですよ!私の子も以前はそうでした。でも大丈夫!絶対に乗り越えることができます!」と他のお母さんから、もらい泣きしながら励ましの言葉がかけられるといった場面もあり、思春期の子どもを持ち、子育ての悩みを共有する者同士の連帯感さえ感じられる暖かい時間を過ごすことが出来ました。

以下ご紹介するアンケートのとおり、皆さんは安心した表情で学校をあとにされました。

<アンケート>(一部)
・子どもも親も色々な段階にあり状況も様々ですが音楽という共通の目的が、つながりの安心感になっていると思います。
・初めての保護者会に参加させて頂き、どこのご家族も同じ様な想いで子供を育て、同じ様に悩まれてきたことがわかり、子供を想う親の気持ちは同じなのだと改めて感じました。有意義な保護者会だったと思います。
・入学して8ヶ月が過ぎ、昨年の嵐の様な毎日がうその様に今はずいぶん穏やかな日々を過ごして、これも先生方やお友達のお陰と本当に感謝しています。その中でもちょっときになる事もあったのですが、今日の保護者会で先生方やお母さん方の話を聞いてホッとしています。
・子供をまるごと受け止めてくださっている場所がここにも存在している事を改めて気付かせて頂きました。本当に仕合わせな子です。

TOPへ

第9回 文化祭

2009年11月16日更新

平成21年11月8日(日)に第9回目となる文化祭が本校にて開催されました。
本年4月から実行委員会を立ち上げ、高校コース3年の森ゆめなさん(アーティスト学科)が今回の実行委員長として準備を開始致しました。
はじめは、なかなかまとまりがなく実行委員たちも悩みの連続で、行き詰っていたようですが、時期が近くなるとだんだんと皆の中で団結が芽生えてきたようです。同じ目標に向かう仲間たちと日々遅くまで打ち合わせや準備等を行い、当日を迎えることができました。

当日は様々なイベントがあり、一日をとおして4階ホールで行われるメインLIVEや、フリーマーケット、お化け喫茶店、楽器体験ワールドなど一年で一番賑やかな一日となりました。
保護者をはじめ、生徒の友人、本校卒業生など約200名の方々が足を運んでくださり、帰り際には自分の子供の成長を喜ばれるお母さん、ステージで演奏する生徒の姿はこれまで観たことがないと感動している友人と、本当に来ていただいたお客さんに喜んでいただける文化祭となったと思います。
企画から準備、裏方の運営まですべて生徒の手によるものです。頑張っている姿を母親にほめられ、「はじめてお母さんに認めてもらえた」と号泣する生徒もいました。
朝10時からスタートした文化祭は夜7時まで行われ、最後の生徒総括会も生徒同士が歓喜・感動し、達成感に包まれていました。
この半年間、私たちスタッフも生徒が成長していく様を見せてもらいました。若さと喜びに満ちた素晴らしい文化祭だったと思います。
「生徒のみんな、本当にお疲れさま!大成功の文化祭おめでとう!!」
また、お忙しい中、来校してくださった皆様、本当にありがとうございました。
次は明年2月28日に音楽祭があります。是非またのご来校を心よりお待ちしております。

TOPへ

平成21年度 夏の自然教室

2009年7月25日更新

去年は山でしたが、今年は7月21日、22日に、東区の海のそばにある「海の中道青少年海の家」にて「一泊二日、夏の自然教室」が行われました。
『自然と接することで、音楽を奏でるために必要な〝感受性〟や〝情緒〟に刺激を与えられれば』との想いでの開催です。
ですから当然、現地でのイベントはほとんどが屋外型、しかも二日目には46年ぶりという「皆既日食」もあり、非常にお天気が心配されました。
そして迎えた当日の朝は、なんと土砂降りの雨。現地に向かいながら「なんとか晴れてくれないものか!」と皆、祈るような気持ちでした。
到着した頃には雨は時折ぱらつく程度になっていましたが、その曇り空の下、21年度の自然教室はスタートしたのです。
参加者は生徒25名、スタッフ5名の合計30名。まずは薪割りから始まった野外調理です、メニューはキャンプ定番の「カレー」。みんなで作って、みんなで食べたカレーの美味しかったこと!(ただ難を言えば、育ち盛りの若者にしては量が少ない・・・これでは夜が心配だ。おなかがすいて眠れない生徒が続出するのではないか)そんな不安を抱きつつ、夕食後はキャンプファイヤー。5つの班に分かれて、約一ヵ月前から考えた「出し物」をそれぞれ披露。炎を囲んで笑いが絶えない楽しいひと時を過ごしました。
その後は初日の汗を皆で流し、就寝しました・・・のは一部の生徒で、中には深夜遅くというより朝方まで寝付けない(寝ようとしない)生徒もいたようで、私たちもほとんど眠ることが出来ませんでした…(汗)

翌日の二日目は昨年同様、「日の出を見よう!」と朝5時に海岸に集まりました。が、あいにくの曇り空、諦めて帰ろうとした瞬間、雲と雲の隙間からなんと太陽が顔を出したのです。やっぱり太陽には力があります、潮風と太陽のエネルギーを胸いっぱいに吸い込みました。
そして朝食後は「カッター教室」。15人ずつ、ふたつの船に乗り込み、皆で力を合わせてオールを漕ぎました。ちょうどこの日は世界でも話題になった、あの「皆既日食」です。「青少年海の家」のスタッフが用意してくれた「日食グラス」を取り出して、薄い雲間に見え隠れしながら、心細そうに欠けていく太陽を、船の上から眺めることが出来ました。
洋上から観る「皆既日食」、きっと忘れられない思い出になったことと思います。
そして午後からはプレイホールで「スポーツ大会」を開催。バドミントンやソフトバレーをチーム別トーナメント戦で競い合い、大変な盛り上がりのうちに、すべてのメニューが終了しました。

こうしてなんとか天候にも見守られ、「この二日間はとても楽しかった」「かけがえのない思い出が作れた」と、生徒たちはとても満ち足りた顔をして「海の中道青少年海の家」を後にしました。お疲れ!!

TOPへ

The 3rd Music Revolution C&S音楽学院学内本選会

2009年7月9日更新

YAMAHA主催の「The 3rd Music Revolution」が今年もいよいよ始まりました!
こうした全国規模のコンテストが今はとても少なくなってしまいました。もちろん、それぞれの音楽に順位はつけられません。でもやっぱり競い合い、トップを目指すことは、とても励みになりますし、貴重な経験にもなるはずです。
本校生徒は、過去3年連続で九州代表として全国大会に出場するなど、この大会でも実績を残してきました。今回もトップ目指して頑張ってほしいと思います。

さて今回、6月1日の学内予選、7月6日の学内本選を勝ち抜き、見事C&S音楽学院大会グランプリを獲得したのは、高校コースを08年に卒業し、現在、音楽専攻コースに通う大迫千尋さんです。
大迫さんは9月に開催される「FUKUOKA FINAL」でもその実力をいかんなく発揮し、全国大会を狙って欲しいと願っています。当日はみんなで応援に行きましょう!

C&S音楽学院 学内本選会の結果は以下の通りです。

■グランプリ
  大迫千尋「color(オリジナル)」
(大迫千尋Vo・井手賢志郎cho.sax・前川加寿夫cho.key)
※9/13(SUN) DRUM LOGOSにて行われる「FUKUOKA FINAL」出場
■入 賞
  吉木佑理衣「without you」
  森山峻宏 「スィートホーム(オリジナル)」
  山本愛佳 「Love」

TOPへ

平成21年度 保護者会

2009年6月10日更新

平成21年5月31日(日)に在校生、6月7日(日)に新入生の保護者会が行われました。毎年、「ご家庭と学校とが力を合わせ、生徒にとって一番いい環境を創っていくための情報交換・相互理解の場」として行われています。

在校生保護者会は17名、新入生保護者会は21名のご参加でした。保護者の皆様からは生徒のご家庭での様子や、これまでの様々な悩み等を聞かせて頂き、学校からは学校生活の様子や高校の勉強、音楽の進み具合などをご報告し、懇談的に話しを進めていきました。
入学して二か月が経つ新入生の保護者からは、新しい環境に変わり、見違えるように頑張っているわが子の成長を涙ながらに喜ぶ方、同じ年頃の子供を持つ悩みを分かち合い、気持ちを新たにされた方など、とても有意義な保護者会となりました。
また在校生の保護者とは、進学や就職といった次のステップに進むにあたり「何が今必要なのか」、「何を教育していくべきなのか」等々、一人一人具体的にこれからの過ごし方を話し合い、ご家庭と学校の役割を確認いたしました。

以下ご紹介するアンケートのとおり、皆さん安心された表情で学校をあとにされました。

<アンケート>(一部)
・学校と保護者の方々とが、ここまで密に話し合うところに驚き、とても有意義な時間でした。
・子供と接していく上で、ヒントと勇気をいただいた保護者会でした。
・自分の子、自分だけが苦しかったのではない事が分かりました。子供の学校での様子を先 生に聞かせていただき、今はホッとしています。
・このような場で他の生徒さんの親御さんの話しを聞くと、又自分を振り返ることができます。

TOPへ

平成21年度 前期生入学式・「手嶌葵」さんがお祝いに!

2009年4月20日更新

平成21年4月15日(水)に今年度前期生の入学式が行われ、29名の生徒がC&S音楽学院第9期生として新たに入学してきました。
式では学院長の「一人一人の無限なる可能性を本校で開花してほしい!」との式辞のあと、高校コースの提携校「クラーク記念国際高等学校」福岡キャンパスの山下幸宏キャンパス長から祝辞をいただきました。

新入生代表の挨拶ではアーティスト学科の清崎梓さんが入学するにあたっての決意を述べ、そして恒例の在校生による歓迎ライブと続き、最後にサプライズゲストで、手嶌葵さんが「歌」で新入生を歓迎してくれました。司会から彼女が紹介されると場内は「おお!」という驚きと喜びとが混ざったざわめきが起こり、新入生たちも先輩達が奏でる歌や演奏に目を輝かせて聴き入っていました。

そして、新入生歓迎会は5月1日(金)に福岡市動植物園にて行われました。新入生の晴れやかな門出を祝うかのような青空の元、「クイズ大会」等を通し、在校生との親睦を深める一日となりました。

TOPへ

平成20年度 卒業式

2009年3月6日更新

平成21年3月1日(日)に平成20年度 卒業式が行われました。
高校コース20名・音楽専攻コース週5日コース6名、合計26名の卒業生が保護者の方と共に晴れの日を迎えました。

式では毛利学院長より一人一人に手書きのメッセージとともに卒業証書が授与された後、日々お世話になった講師の先生方からの挨拶、提携校であるクラーク記念国際高等学校の山下キャンパス長からもお祝いの言葉を頂戴しました。
送辞は、アーティスト学科の森ゆめなさんから歌とともに贈られ、卒業生代表の安本彩さん・井上結架子さんは歌で答え、互いに涙・涙の式典となりました。
最後には、サプライズ・プレゼントとして卒業生から講師やスタッフひとりひとりに感謝の言葉が贈られ、私たちスタッフも大変感激いたしました。

式典終了後には恒例の「卒業ライブ」が行われ、在校生と卒業生が別れを惜しみながら、笑顔あり、涙ありのライブとなりました。

卒業生の皆様、保護者の皆様ご卒業誠におめでとうございました。皆様方のこれからのご活躍をスタッフ一同心より祈っております!
これからも頑張ってください!!
また会おう!!

TOPへ

第8回 音楽祭

2009年2月27日更新

平成21年2月22日(日)、第8回目「音楽祭」がC&S音楽学院にて行われました。

当日はあいにくの冬時雨が降る中での開催となりましたが、会場は開始早々から熱気に包まれていました。午前11時から午後6時まで、三部構成での7時間LIVE。出演は、ソロ35組、バンド9組、楽器系アンサンブル3組、ヴォーカル系アンサンブル1組、ダンスチーム1組、合計49組です。午前の第一部から会場を埋め尽くすほど集まってくださった保護者や、友人たちの前で、これまでの練習の成果を披露する生徒たちの姿は、日頃よりひとまわりもふたまわりも大きく見え、とても頼もしく感じました。
音楽祭の成否を決める、裏方の役員たちもすべて生徒たちで構成され、きびきびとした働きで最後までスムーズな進行が出来ました。こうした、陰で頑張ってくれる人達にささえられてステージが成り立つことを身近に感じることが出来るのも、こうしたイベントならではの貴重な体験です。
こうして卒業年次生にとっては本校におけるすべてのステージが終わり、来週の日曜日はいよいよ最後のイベントとなった卒業式です。
なごりおしそうに帰っていく生徒の中には、思い出深い一日に涙する生徒も見かけました。

TOPへ

第8回 文化祭

2008年11月20日更新

平成20年11月16日(日)に第8回目となるC&S音楽学院「文化祭」が開催されました。

生徒が主体となった文化祭作りは、今年の4月から実行委員会を立ち上げ、約半年間かけて準備をしてきました。内容としては、音楽学校ですからやっぱりLive!メインLiveをはじめ、ミニLive、校内のあちこちではストリートミュージシャンの歌声が響いてる・・・といった音楽空間の中に、フードコーナー、ゲームコーナー、フリーマーケット、そして生徒制作の映画上映など様々なイベントが行われました。

当日は約150名の保護者の方々やお友達の方々が来られ、一日中賑やかな雰囲気に包まれた大成功の文化祭となりました。

長かった準備から本番まで、数多くの生徒が今回の文化祭を通して成長してくれたなあと感じています。私たちスタッフも普段見せない生徒の新たな一面を発見し、とてもうれしい気持ちになることも多々ありました。

お忙しい中、本校文化祭に足を運んでくださいました皆様に心より感謝申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

TOPへ

ヤマハミュージックレボリューション FUKUOKA FINAL

2008年11月5日更新

10月26日(日)にヤマハが主催する「The 2st Music Revolution FUKUOKA FINAL」がZepp Fukuokaにて開催されました。

TEEN'S MUSIC FESTIVALに引き続き昨年から始まったMusic Revolutionは、音楽好きな23歳以下の人であれば、どんなスタイルでもジャンルでもコピー曲でもオリジナル曲でも自由に参加できる、全国最大規模の音楽コンテスト。本校からは学内大会を勝ち抜いた音楽専攻コースの前川加寿夫君がエントリー。
今回から九州だけでなく、沖縄・中国地方までの代表24組がZepp Fukuokaに集い、全国への切符を争いました。

その中に今年の春、本校音楽専攻コースを卒業し、現在は福岡女学院に通う中嶌円香さんを見つけました。元気に頑張っていましたよ。

残念ながら本校生徒の4年連続全国大会出場はなりませんでしたが、生徒たちはまた来年に向け、新たなスタートを切りました!!

TOPへ

平成20年度 夏の自然教室

2008年7月31日更新

平成20年7月24日、25日の一泊二日で本校開校以来、初の「自然教室」が行われました。場所は福岡市にある「油山青年の家」で、辺りは森に囲まれ自然豊かな所でした。
近年、子供たちの〝生きる力〟が弱くなったと言われ、自然と触れ合う機会が少なくなったことが、その要因のひとつとも言われています。『音楽を奏でるために必要な〝感受性〟や〝情緒〟に刺激を与えられれば』との思いで今回の自然教室が企画されました。

参加者は生徒23名、スタッフ5名の合計28名でした。午後に現地入りしてからはさっそく夕食の準備、薪割から始めて火をおこし、大騒ぎしながらのカレー作りです。みんなで作って、みんなで食べたカレーの美味しかったこと。
夕食後はおきまり、キャンプファイアー。歌ったり、一発芸に笑ったりしながら初日の夜は更けていきました。
(就寝時間は11時、消灯時間が過ぎても興奮して寝付けない部屋もありましたが・・・無事、初日は終了)

翌、二日目は5時起きで日の出を見に行きました。皆、あまり寝ていない様子、眠そうな目をこすりながら日の出を待ちました。その瞬間を初めて見たという生徒はとても感動していました。
朝食後はチームに分かれてペットボトルロケット工作をし飛距離を競いました。ロケットは完成したものの、本当に飛ぶか飛ばないかは誰もが半信半疑だったのですが・・・なんと最長200m近く飛ばしたチームもあり、興奮の体験となりました。
午後からはスポーツ大会を開催。バドミントンやバレー、卓球をチームトーナメント戦で競いました。

みんなの楽しそうな様子に「音楽学校にレクレーションはいらない」と言っていた学院長も、どうやら考えを変えた様子。
参加した生徒からは「本当に楽しい二日間でした。卒業を前にすごく新鮮で、いい思い出が出来ました。本当に有難う!」とのメールをもらい、大成功の自然教室となりました。

TOPへ

ヤマハミュージックレボリューション C&S音楽学院学内本選会

2008年7月14日更新

YAMAHAが主催する「MR(Music Revolution)」が今年も開催されます。

C&S音楽学院では6月2日に学内予選を行い、43組のエントリーの中から21組が本選出場権を獲得、7月7日に学内本選が行われました。

今年度から沖縄・山口・広島のエリアが加わることになり、学内グランプリ受賞者は9月7日に行われる九州北ブロック大会に出場、その後FUKUOKA FINALを経て、全国大会出場を目指すことになります。

「MR(Music Revolution)」では、これまでに本校生徒が3年連続で九州代表となっていることから、今年は4連覇を賭けての挑戦となります。

皆の代表に選ばれた前川君の健闘を祈りたいと思います!

結果は以下の通りです。
■グランプリ
  前川 加寿夫「DOG(オリジナル)」
  ※9/7(SUN) DRUM LOGOSにて行われる「九州北ブロック大会」出場
■入 賞
  おとといきやがれ〔森山 峻宏(Vo&Gt)/日下 敬介(Gt)〕「はるかかなた(オリジナル)」
  池田 明翔〔サポート:内丸 美汐(Pf)〕「Sunset」

TOPへ

平成20年度 新入生保護者会

2008年6月12日更新

平成20年度新入生保護者会が6月8日(日)昼に本校にて行われました。
40名の新入生に対して今回の保護者会は約半分の保護者様が参加してくださいました。
入学して二ヶ月というこの時期に保護者会を開催するのは、「音楽学校」という全く新しい環境に身を置いたときに感じるであろう疑問やとまどい、不安をなるべく早い時期に解消し、ご家庭と学校とが力を合わせ、生徒にとって一番いい環境を創っていくための情報交換・相互理解の場として開催されます。
保護者様からは家庭での様々な問題・悩みを一人一人言っていただき、生徒達の学校での様子などを懇談的に話していきました。
涙ながらにわが子の成長を喜ぶお母様、同じ年頃の子供を持つ悩みを分かち合い気持ちを新たにされた保護者様など、とても有意義な保護者会となりました。

<終了後のアンケート>(一部)
・親として子供を思う気持ちは同じだと思いますが、これまでの苦労された話しや気持ちをお聞きすると胸が熱くなりました。また、先生方の生徒達を見つめる温かな思いをお聞きしてとても安心できたと同時に嬉しく思いました。
・家で学校の話しは聞くものの一方的なことで全体的なことがわからなかったのですが、皆様の話しを聞けていろんな悩みの上に子供達も学校に通っていることがわかりました。これからもこのような機会を大切にさせていただきます。
・懇談的な場であり、親同志の勉強・成長する場、学ぶ場となり本当に良かったです。

TOPへ

平成20年度 前期生入学式・歓迎イベント

2008年4月24日更新

平成20年4月15日に今年度前期生の入学式が行われ、高校コース33名、音楽専攻週5日コース7名の計40名の生徒が新たに入学してきました。
他県から入学し、本校提携寮に入った生徒もいますが、朝4時に起きて通学してくる生徒もいます。今年も個性にあふれた生徒たちが、この「C&S音楽学院」に集いました。彼ら、彼女らが、これからどんな“音楽”を聴かせてくれるのか、本当に楽しみです。
また、式には「クラーク記念国際高等学校」の手嶋護室長もお祝いにかけつけてくれ、新入生たちは、大きな夢と少しの不安を胸に、この日、新たなスタートを切ることが出来ました。

入学式翌日には在校生が主体となっての「新入生歓迎イベント」が開催されました。ライブやチーム対抗クイズ等、新たな仲間を迎えるために一ヶ月前から準備を行って来た在校生たちは、新入生たちと一緒に楽しい時間を過ごしていました。

TOPへ

第7回 音楽祭

2008年3月28日更新

平成20年3月23日(日)、C&S音楽学院で第7回目となる「音楽祭」が開催されました。

これまでは、市内のライヴハウスやホールを使って開催してきましたが、今年からは本校4階のイベントホールを使って、午前11時から午後8時まで、なんと約15時間、51組が出場しての「音楽祭」となりました。生徒達は、この日に向けて製作してきたオリジナル曲や、何回も練習を重ねてきた歌などを、会場を埋めたご家族や、お友達の前で次々に披露。

そしてサプライズ・ゲストとして、本校卒業生の手嶌葵さんが飛び入りで出演してくれた時は会場の興奮はピークに・・・盛大な「音楽祭」となりました。

また常々、音楽業界の関係者から「是非、学内行事に参加させてほしい」との要望もあっていたことから、プロを目指す生徒達にとっては、プレゼンテーションの場となるよう、今年から関係者にも参加していただきました。

裏方スタッフとして、長丁場を乗り切った生徒たちは、終了後、達成感に包まれ、本校スタッフと一緒に作り上げた音楽祭は、生徒一人ひとりにも大切な思い出となったようです。

TOPへ

平成19年度 前期生卒業式

2008年3月5日更新

平成20年3月2日(日)に高校コース・音楽専攻週5日コースの卒業式が行われました。卒業生22名中、21名は高校コースの生徒で、全員が卒業と同時に高校卒業資格も取得し、晴れやかにこの日を迎えることが出来ました。

式では、毛利学院長から卒業生一人一人にメッセージが贈られ、レッスンを担当してきた各講師や、提携校であるクラーク記念国際高等学校の見田勝美先生からもお祝いの言葉を頂戴いたしました。保護者謝辞はドラム学科の吉田くんのお母さん。ミュージシャンとして活動されている吉田よしこさんは、この日横浜から飛行機で来福、わずか15分後には埼玉でのライブのため学校を後にするという強行軍で駆けつけてくれ、深い深い親の思いを感じさせてくれました。卒業生はそれぞれ学院での生活を振り返り、涙ながらに感謝の気持ちを言葉にし、感動的な式典となりました。式終了後には恒例の卒業ライブが行われ、これも涙・涙のライブとなりました。

お忙しい中、他県から来られた保護者様をはじめ、式、そしてライブに参加していただいた方々にスタッフ一同感謝申し上げます。卒業生の皆さんがひとりもくじけることなく、新たな道を自分らしく進んで行かれることを願い、いつまでも応援していきたいと思います。

TOPへ

手嶌葵さんが「ミュージックステーション」4回目の出演決定

2008年2月28日更新

毎週金夜8時から生放送のANB「ミュージックステーション」に手嶌葵さんが4回目の出演決定しました!! NEWアルバム「The Rose ~I Love Cinemas~」(3/8発売)の中の「The Rose」を歌います。 是非、お見逃し無く。

ANB「ミュージックステーション」HP
http://www.tv-asahi.co.jp/music/

TOPへ

Sonyオーディション

2007年12月17日更新

平成19年11月16日(金)にC&S音楽学院にて、「Sony Music SDグループ]によるオーディションが開催されました。
「最近のC&Sさんはいろんなオーディションで結果を残されているから、すごく楽しみにしてました!」と、東京から審査員の方が来校されての開催です。
学内オーディションを勝ち抜いた、バンドや弾き語りなどの計16組の生徒達が日頃からのトレーニングの成果を披露しました。

TOPへ

第7回 文化祭

2007年11月20日更新

平成19年11月11日(日)に新校舎で初めての「文化祭」が行われました。
4Fホールでのメインライブを中心に、フリーマーケットやミニライブ、フードコーナー等々、各教室では生徒たちが知恵を出し合った様々なイベントが行われ、保護者の方々や友人達も参加されて、歓声に包まれた賑やかな1日となりました。

文化祭終了後、この日を目指して頑張ってきた生徒の涙ながらの御礼の言葉は、周囲を感動で包みました。生徒たちが手作りで作った文化祭、私たちスタッフも数々のことを生徒たちに学んだ1日となりました。

TOPへ

新校舎・オープニングセレモニー

2007年10月13日更新

10月1日(月)にいよいよ新校舎がオープン!

こけら落しの記念のライヴを、保護者の方々や関係者をお招きして行いました。出演は本校講師の先生方。
生徒たちは、レッスンを受けていても普段なかなか聴ける機会が少ない講師の先生方の質の高い歌や演奏を、釘付けになって聴いていました。
また、サプライズゲストとして本学院卒業生の手嶌葵さんもお祝いに駆けつけてくれました。いよいよC&S音楽学院の第二章の始まりです。これから生徒たちと一緒に、また新たな歴史を綴っていきたいと思っています!

TOPへ

ヤマハミュージックレボリューション アコースティック・ヴォーカルステージファイナル

2007年10月12日更新

『YAMAHA Music Revolution』のアコースティックステージのファイナルが9/22(土)に、ヴォーカルステージのファイナルが9/23 (日)にGate’s7で開催されました。
C&S音楽学院の生 徒で出場したのは、9月21日更新の「ニュース」で紹介した6組です。
そして、ヴォーカルステージ「DIVA2007」にて龍智子さん(音楽専攻週5日コース:ヴォーカル学科)が見事グランプリを獲得しました!
この「DIVA」は手嶌葵さんのデビューのきっかけとなったコンテストです。
また、アコースティックステージでは、ぽゑむ(井東秀・塩田享平、音楽専攻週5日コース:アーティスト学科)が、入賞を果たしました。
この模様は9月25日付けの西日本新聞朝刊で紹介されました。
これで10月21日にZepp Fukuokaで開催される『YAMAHA Music Revolution 九州ファイナル』へはC&S音楽学院より3組が出場決定!
過去、「C&S音楽学院」の代表が連続して全国大会出場を果たしています。
今年も強力メンバーで3連覇を狙います!

【Zepp Fukuoka九州ファイナル出場者】
■Rosequartz (C&S音楽学院大会ライヴステージ・グランプリ)
■龍智子(ヴォーカルステージ「DIVA2007」グランプリ)
■入佐伸男 (YAMAHA推薦)

TOPへ

ヤマハミュージックレボリューション C&S音楽学院本選会

2007年9月21日更新

YAMAHA主催の『TEENS' MUSIC FESTIVAL』がリニューアルし、今年から『Music Revolution』としてスタート。

<C&S音楽学院大会>は、8月20日にアコースティックステージ、27日にヴォーカルステージ、29日ライヴステージの三つのステージにわけて開催。

結果は以下のとおり。
■アコースティックステージ
グランプリ:深草あゆみ(9/22 Gate’s7・アコースティックステージファイナル出場)
入賞:末並弘史(9/22 Gate’s7・アコースティックステージファイナル出場)
    三登真由加(9/22 Gate’s7・アコースティックステージファイナル出場)
■ヴォーカルステージ
グランプリ:龍智子(9/23 Gate’s7・ウ゛ォーカルステージファイナル出場)
入賞:井上結架子
■ライヴステージ
グランプリ:Rosequartz(10/21 Zepp Fukuoka九州ファイナル出場)
入賞:柿本裕子
    入佐伸男

その他の大会でもC&S音楽学院の生徒が活躍しました。
<HI Gain大会>
■アコースティックステージ
グランプリ:ぽゑむ(9/22 Gate’s7・アコースティックステージファイナル出場)
■デモテープステージ
入賞:安本彩(9/23 Gate’s7・ウ゛ォーカルステージファイナル出場

TOPへ

校舎移転のお知らせ

2007年9月21日更新

2001年4月に「C&S音楽学院」として開校してより6年5ヶ月、慣れ親しんだ校舎をこのたび移転することとなりました。新校舎は4階建てのビルで、約30坪のライブスペースも備えています。
後期(10月1日)から新校舎にて授業を開始、ここから、また新しい歴史を刻んでゆきたいと思います。

【新住所】
〒814-0021
福岡県福岡市早良区荒江2丁目17番1号
※電話番号・FAX番号の変更はありません

TOPへ

平成19年度 新入生保護者会

2007年6月15日更新

平成19年6月2日(土)に今年度高校コース新入生の保護者様を対象とした、「保護者会」を実施いたしました。入学して一ヶ月半が過ぎ、生徒たちは学校生活にもなれてきたこの時期に、家庭と学校との情報交換を行ない、それぞれの役割を確認し合う場として例年開催しています。

ひとりひとり、保護者様からのご質問をお受けし、学校での様子等をご報告させて頂きました。終了後のアンケートのとおり安心された表情で学校をあとにされました。

<終了後のアンケート>(一部)
「子供とは別居のため、学校の様子が全くと言っていいほどわかりませんでした。今回の会に参加したことで、学校での様子のみならず、他のお子さんや親(家庭)の考えがわかり、安心しました。今後も学校行事には参加したいと思います。」

「毎日を楽しみに生活するようになった息子の姿に親として熱い想いを感じます。人生早くに自分のやりたい事に向き合える子供は幸せだなぁと日々思っています。」

「子供たちの本来の輝きに気づけるように、自分自身を愛せるように、みんなが元気に幸を感じられるようにこれからも先生方と協力し進んでいきたいと思います。」

TOPへ

平成19年度 前期生入学式

2007年4月26日更新

平成19年4月16日(月)に今年度のC&S音楽学院前期生入学式が行われました。高校コース26名、音楽専攻コース9名の合計35名の生徒が、九州一円そして中国・関西地方から入学してきました。毛利学院長から「自らの音楽を全うせよ」との祝辞があり、クラーク記念国際高等学校九州分室分室長の手嶋護さんもお祝いにかけつけていただきました。式終了後には恒例の在校生による歓迎ライブがあり、先輩達が奏でる演奏・歌に目を輝かせて聴き入っていました。

我々スタッフもC&S音楽学院の「音楽を通して自らを磨き、社会に貢献する人材を育成する」という目的に向かって新入生の皆様を、心を込めて応援・サポートしていきます。共々に頑張っていきましょう。ご入学誠におめでとうございました。

TOPへ

第6回 音楽祭

2007年3月29日更新

今年で第6回目となる音楽祭が、天神のソウルバード(旧ブルーノート)で開催されました。

この春の卒業生を中心に16組が熱演。弾き語り、バンド演奏、渾身のオリジナル曲、映画の音楽にでも使えそうな壮大な作品と、20数曲が披露されました。アンサンブル演奏では、大合唱「カントリーロード」「レットイットビー」「ユーガッタフレンド」・・・生徒全員がピッカピカに輝いた一日でした。

彼らは好きな音楽の為に、この学校に入って、もう一度自分を探し出し、見詰め直さなくてはなりませんでした。それは、いちばん見たくないものだったかも知れません。
でも、彼らは徐々に奥に仕舞いこんだ“無垢な自分”を見つけ出し、引っぱり出し、音楽に乗せ始めました。そして、何よりここC&S音楽学院は、“無垢な自分”にとって、とびっきり安全な環境だったのでしょう。

学校の講師はじめ、スタッフは苦悩する生徒たちを支えようと、これまで自らも苦悩してきました。「ここには、自分を脅かす者は誰もいない」それは、生徒たちとって一番大切なことだったに違いないと思います。

終了後、保護者様より、「うちの子が、あんなふうに人の前に出て、堂々と自分を表現している姿にびっくりしました。本当に感動しました!」等々の声が寄せられ、我々スタッフも胸が熱くなりました。

来年の音楽祭に向けて、さらなる前進を誓い、新しいスタートを切っていきたいと思います。

TOPへ

平成18年度 前期生卒業式

2007年3月14日更新

平成19年3月4日(日)に平成18年度 C&S音楽学院高校コース・音楽専攻週5日コースの卒業式が行われました。
卒業生は24名、保護者様と共に晴れの日を向かえました。式では卒業証書授与をはじめ、各挨拶があり、答辞では平成17年のT.M.F全国大会出場をしたPOGO→STiCKの入佐伸男君(Vo,Dr)から、この3年を振り返り、涙ながらに感謝の気持ちが述べられ、感極まる式となりました。また、プロとして活動している卒業生のSurpriseライブもあり皆様に見守られての卒業式となりました。
卒業生はこれから、それぞれの道を進んで行く事に期待と不安を抱えながら、希望の瞳を輝かせておりました。
卒業生の皆様、保護者の皆様ご卒業誠におめでとうございました。皆様方のこれからのご多幸を、本校スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

TOPへ

平成18年度 保護者会

2007年1月9日更新

文化祭翌日、今年度2回目の保護者会が行われました。
今回の保護者会は、午前の部と午後の部に分け、午前の部では今年度卒業生の保護者様を対象とし今後の生徒たちの進路に関する懇談を行い、午後の部では1、2年次の保護者様を対象とした説明会と懇談会を行いました。話し合いでは学校での役割や家での役割を明確にしていくとともに、保護者様の悩み等々を皆様で考え、生徒のために「今何が必要なのか」「どう教育していくべきなのか」を話し合っていきました。また、最近増えてきているインターネットによる事件についても資料をもとに、子供たちを守るためには何が出来るかを学んでいきました。

<終了後のアンケート>
「色々なお話を聞けて、自分だけが悩んでいるんじゃないと感じました。C&Sに入学して初めての保護者会で、先生方が本当に子供一人一人を見ていてくれてるなと感じました。だからこそ子供もすばらしい仲間に出会うことができ、元気になっているのだと安心しました。」
「昨日の文化祭は本人もすごく楽しみで、頑張っていたようです。毎日が楽しそうで本当によかったです。眠っている時に笑ったことがありました。何年ぶりかなと思った瞬間でした。」

TOPへ

第6回 文化祭

2006年12月15日更新

平成18年12月3日(日)にC&S音楽学院文化祭が開催されました。
ぶっとおしライブをはじめ、展示や募金活動等のイベントがあり、生徒たちはこの日に向けて2ヶ月前から準備を開始し、CS生みんなで作り上げた文化祭となりました。
当日は生徒たちの保護者様をはじめ、友人、近隣の方々が来て下さいました。お忙しい中、文化祭に来てくださった方々にはスタッフ、生徒一同、心より御礼申し上げます。

TOPへ

平成18年度 新入生保護者会

2006年6月10日更新

平成18年6月3日(土)に家庭と学校との情報交換及び役割分担、同じ年代の子供を持つ親同士の意見交換を目的として新入生保護者会が行われた。
「今までと変わった環境に戸惑いを感じる」、「親も驚くほど毎日頑張っている」等々様々な意見が出され、学校と家庭とが生徒にとって最も良い環境を協力して創っていくための役割を確認し合った。

<終了後のアンケート>
「友人関係で悩んでいる時もあるけど子供と真剣に向き合ってくれているお友達に感謝している。」
「今は6時に起きて2時間かけて通学している。みんなが優しく、友達と話すことが楽しくて仕方ない。通学の電車で人と並んで座れる。そんな当たり前の事が出来ている自分が嬉しい。自分が出来る事をすればいいんだ。と言っている。」
「遅刻している様だけど学校は楽しいと言っている。人と接して成長している。学校には信頼の一言。タッグを組んでやっていきたい。」

TOPへ

平成17年度 卒業式

2006年4月11日更新

平成17年3月5日(日)C&S音楽学院にて、高校コース3期生の卒業式が行われた。 高校卒業資格を手にした27名の中には、昨年ヤマハ・ティーンズ・ミュージックフェスティバル九州大会で大賞を受賞し、全国大会まで駒を進めたPOGO→Stickのヴォーカル&ベース入佐隆志君や今年メジャーデビューした手嶌葵さんも卒業。 式のあと卒業ライブが行われ、涙、涙の卒業式が終了した。

TOPへ

「音楽が、ボクらの学校だ。」(完結版)天神紀伊国屋にて発売

2006年1月23日更新

C&S音楽学院の生徒達が”音楽”をとおして自分と向き合い、いきいきと輝きを取り戻す様子を綴った拙著「音楽が、僕らの学校だ。-輝きを取り戻した生徒たち」(…それでも第23回新風舎出版賞・ノンフィクション部門・優秀賞受賞)に、このたび一期生が卒業していくまでを加筆して、ひとまず完結版としましたところ、3ヶ月という期間限定ではございますが、天神コア6階、紀伊國屋の「郷土の本」というコーナーに置いて頂けることになりました。
もし、ついでがございましたら是非お立ちより頂きたく、ご案内申し上げる次第です。
なお、お気遣いはご無用でございますが、売れ行きが良いと、本を置いて頂く期間の延長もあるそうです。(笑)

C&S音楽学院 学院長 毛利直之

TOPへ