学校という枠に収まり切れなかった個性、感受性がある。

学院長あいさつ

本校には、これまで「学校」という枠におさまりきれなかった“個性”や“感受性”を持った生徒たちが沢山入学してきます。
その“個性”や“感受性”が、ここで「音楽」と結びついたとき、まるで化学反応を起こしたかのような輝きを見せるのです。それは、常人がいくら努力を重ねても表現することは難しいと思われるほどの眩しさです。
もしかしたら、これまでの不登校やひきこもりの原因となったものは、音楽的“才能”だったのではないかと思うことがあります。
これまで多くの生徒がこの学校で、「音楽」で、自信を取り戻し別人のように変わっていきました。勉強が苦手でも、「学校」に行けなくても、誰もがその人にしかない特性を持っています。
梅には梅の、桜には桜の咲き方があり、咲くべき時と場所が違うように、ひとりひとりの生徒が、喜びの中で自分らしく咲くことができる「学校」を選んで欲しいと思います。

不登校経験から本校へ入学した生徒の保護者の声

今村 知恵 様

息子が中学二年の時に不登校になり、親子で苦しんでいる時に、毛利学院長の講演会を知り、参加しました。
そこでC&S音楽学院という高校卒業資格が取れ、音楽も勉強できる高校があると知りました。
その頃はもう高校には行けないのではないかと、まだ来てもいない未来を悲観し暗く辛い日々でしたが、
学院長のお話しを聞いた後、スッーと心が軽くなったことを今でも覚えています。
同じ頃、偶然にも息子はギターに興味を持ちはじめ、導かれるようにC&S音楽学院へ入学する事になりました。

高校生活では不安な事もあったようですが、勉強とギターを毎日できる喜びを感じていたようです。
時には挫折や悩む日々もありましたが、先生方や友人達に助けられて、一つひとつ乗り越えていけました。
C&S音楽学院は卒業後の進路も親身に考えていただけます。
大学という選択肢もあり、息子は大学の推薦を受けることができました。現在、息子は大学で映像の勉強をする傍ら、C&S音楽学院時代の友人達とバンド活動にも励んでいます。息子はC&S音楽学院の高校時代が一番楽しく、充実していたと話しています。

西川 喜美子 様

娘が不登校となり2年。夏休みが終わる頃にC&S音楽学院の生徒さんの歌を聞く機会がありました。
自分も不登校であった時の辛かった思いが素直に表現されているように感じました。
娘の不登校に向き合うことができない日々。どうして学校へ行かないのか…原因、答えばかりを探していました。
私自身も孤独になり、学校からの情報も入らず外出しても中学生の制服を見かけるだけで辛く感じました。
あることをきっかけに、不登校に関する講演会などに参加するようになりました。同じ経験を持つ方々に話を聞いていただくうち、私の気持ちにも変化が現れました。
私自身が楽になろう。そしてなにより大切な娘は生きている。娘がか弱く小さな産声で泣きながら生まれた日、私は「生まれて来てくれてありがとう」と確かにそう思ったこと。それだけで十分だ。私は、いつしか欲張りになってしまっていたのだと考えるようなりました。そのころ頃から少しずつ娘と向き合うことができるようになったような気がします。
そんな時に出会ったのがC&S音楽学院でした。その日の夜、もともと声優や音楽に関心がある娘に、音楽を専門に勉強できて高校卒業資格も取ることができる学校があることを伝えました。娘はすぐにC&S音楽学院のオープンキャンパスを自ら予約し自分一人で行くと言いました。帰宅後この学校に行きたいと自分の意思もはっきり伝えてくれたのです。
あの夏の日がきっかけとなり娘は毎日C&S音楽学院に通っています。
今年の秋、入学後初めての文化祭では歌や楽器・ダンスの練習にとても忙しく大変な様子でしたが、先生や先輩方に支えて頂き最後までやり遂げることができました。文化祭で生き生きとした娘の姿を観ることができて、感無量の一日でした。
私はこの日を忘れる事はないと思います。
最後に、自分で自分の居場所を探しながら一歩ずつ進み出した娘を見守って行きたいと考えています。

転入・編入生のメッセージ

転入生のメッセージ

平田 あすか

高校コース ヴォーカル&ソングライティングクラス平田 あすか

私は、高校2年生の6月から、C&S音楽学院に転校してきました。初めは友達ができるか、先輩方に受け入れてもらえるか不安でした。しかし、C&S音楽学院は毛利学院長をはじめ、優しい先生方と生徒さんばかりで、すぐに馴染むことができました。今では素敵な友達に恵まれ、楽しい学校生活を送っています!

編入生のメッセージ

鮎川 舞

高校コース ヴォーカル&声優クラス鮎川 舞

私は、小学校の高学年からほとんど学校へ行けず、高校も通信制の学校へ入学したものの、上手く馴染むことができず、不安と焦りの中で日々を過ごしていました。そんな時、知人にC&S音楽学院のオープンキャンパスを勧められ、明るく、フレンドリーな学生の皆さんと、親身になって話を聞いてくれる先生方の姿を見て、「ここに通いたい」と強く思い入学する事を決めました。今、私は初めて学校生活を心から楽しんでいます。

大好きな音楽とともに“新しい学校生活”をスタートしよう!

「歌うことが好き」「ダンスをしてみたい」「声優になりたい」C&S音楽学院には、いろんな想いを持った仲間たちがいます。あなたが今から始めようとしていることに共感して、理解してくれる仲間たち、先生たちがいます。

C&S音楽学院はあなたの自由な個性を存分に発揮できる場所です。一人ひとりを丁寧にサポートしていきますので、不安に感じることはありません。
C&S音楽学院で一緒に“新しい学校生活”をスタートしましょう。

前の高校の単位を引き継げるからこれまでのあなたの頑張りは無駄にならない!

C&S音楽学院では、「音楽」と一般教科目(国語、数学、社会等)を同時に学べる『高校コース』があります。好きな音楽を学びながら、“高等学校卒業資格”が取得できます。これまでに取得した単位もそのまま引き継げるので、頑張ってきたことが無駄にはなりません。しっかりとしたカリキュラムの中で、専任の講師、教師たちが卒業まであたなのことを完全にサポートします。好きな音楽を仲間たちと思いっきり楽しみましょう。

多彩なクラスの中からあなたのやりたいことを選択できます
  • ヴォーカル学科

    ヴォーカルクラス、ヴォーカルクラス&ダンスクラス ヴォーカル&ソングライティングクラス、 ヴォーカル&声優クラス

  • バンド学科

    ギター&ベースクラス、ドラムクラス

高校コース詳しくはこちら

未来の選択肢が無限大!

C&S音楽学院の卒業生たちは様々なフィールドで活躍しています。本校で音楽を学び、プロデビューという大きな夢を叶えた生徒、また高卒資格を取得したことで幅広い進路選択が可能となり、大学や専門学校への進学や専門分野への就職を果たした生徒も大勢います。
あなたらしい進路を見つけられるよう完全バックアップします。

各種コンテスト・メーカ依頼による学内オーディション

本校よりプロミュージシャンになった方の多くは、各種コンテストやオーディションをきっかけにメジャーデビューを果たしました! 各種コンテストは、メジャーレコード各社が主催するオーディションです。メーカー依頼による学内オーディションは、C&S音楽学院学内に数社を招いて、メジャーレーベル主催のプレゼンテーションが開催されます。 メーカー希望により、学内で頻繁にオーディションが開催されています。

進学

全国300以上の大学・短期大学に推薦枠があり、主に九州産業大学・九州情報大学・久留米大学・西南女学院大学・筑紫女学院大学・中村学園大学短期大学部・精華女子短期大学・福岡女子短期大学等があります。※年度により指定校の変動があります。

就職

本校で「進路ガイダンス」や「社会体験学習」を行い、卒業年次には就職に向けてのバックアップを行います。

卒業生の活躍

スクールソーシャルワーカーが常駐し一人一人を丁寧にサポートします

高口恵美

ソーシャルワーカー高口 恵美 先生

心も身体も大きく成長し、同時に不安や迷いに向き合う中で、時にはしんどくなる事もあると思います。そんな1人1人の思いに寄り添い、よりよい選択をアシストしていきます。まずは気軽に声かけてくださいね!

転入・編入の流れ

転入の場合の入学までの流れ

  1. 転入をご希望される生徒さんは、まず「C&S音楽学院」の入学検定試験を受けていただきます。(受付は随時)
  2. 入学選考は作文と面接です。その際受験検定料12,000円(税込)が必要です。
  3. 入学検定試験後、10日前後に合否が決定します。現在在籍している高校に転校の申し入れをしていただくと学校間にて転校手続きが進められます。

編入の場合の入学までの流れ

  1. 編入をご希望される生徒さんは、まず「C&S音楽学院」の入学検定試験を受けていただきます。
    (受付は随時ですが、入学時期は4月となりますので、それまでには入学手続きを終えておく必要があります。)
  2. 入学選考は作文と面接です。その際受験検定料12,000円(税込)が必要です。
  3.  入学検定試験後、10日前後に合否が決定します。前の高校に出向き、編入に必要な書類をそろえ「C&S音楽学院」に郵送していただきます。
C&S音楽学院のことをもっと知ってもらうためにお気軽にお問い合わせください。
  • オープンキャンパス申込
  • パンフレット資料請求
TOPへ