福岡県教育委員会指定技能教育施設
C&S音楽学院とは?

君の中には
世界にひとつしかない
「君らしく」=個性がある。

人は誰でも、自分にしかない個性を持っています。
自分には才能なんかないと思い込んでいる人にも 個性はあるのです。

本校のレッスンの目的は、 生徒の中にあるその個性を形にし、
輝かせていくことです。
それが私たちの仕事だと考えています。

これまでの学校は、技術や表現力を 学ぶ場でしかありませんでした。
しかし、これからは学びながら発信していく場であると 考えています。

今、時代が大きく変わり始めています。
他者と同じであることより、他者と異なることに 価値を見出す社会へ。
「君らしく」、もっと自分らしく、もっと自由に表現していい。
そんな世の中が始まろうとしています。

C&S音楽学院が、みなさんの新しい選択肢の 一つになれば
こんなにうれしいことはありません。

みなさんの個性に出会える日を楽しみにしています。

学院長挨拶

君の中には
君を輝かせる音楽がある。

本校では、生徒ひとり一人の自尊感情を高めることこそが最も優先されるべき教育の目的と考えています。”表現すること”は、自分の中にある感情を形にする行為です。それは心の開放をともない、そのまま自己肯定につながります。そうして芽生えた自信が、内なる活力を引き出し、やがて大きく次の可能性の扉を開いていくのです。プロになるも良し、ならなかったとしても、卒業生たちは社会で自分らしく自己表現を続けてくれています。あなたの中にある、本当のあなた自身と巡り合えるその日のために、まずはここから一緒にはじめてみませんか。

C&S音楽学院  学院長毛利 直之

1955年、福岡県生まれ。福岡大学卒。ミュージシャンとしての活動後、2001年に高校の卒業資格が取得できる音楽学校「C&S音楽学院」を開学、学院長に就任。教育に関する講演活動も積極的に行っており、著書には「音楽がボクらの学校だ。」や「自分らしく歌うがいい~不登校なんかで壊れるな『家族』~」(学びリンク出版)がある。

C&S音楽学院  副学院長松本 雅昭

1978年、福岡市中央区生まれ。専門学校を卒業後、2002年、「C&S音楽学院」入社。2019年、副学院長に就任。2020年、取締役に就任。入社以来、生徒一人ひとりの幸せの実現を目指し、誠心誠意、子どもたちと向き合ってきた。これからも、この精神が変わることはない。モットーは自分自身が日々成長、日々精進!

お問い
合わせ
資料
請求
個別
相談
オープン
キャンパス